【DIY】木製スパイスラック(調味料棚)を手作りしよう!簡単おしゃれにキッチン収納【作り方】

DIY

端材(はざい)ボックスを探っていたら、良さそうな木材を2本見つけました。前々から「キッチン棚の上に、オシャレなスパイスラック(調味料棚)が欲しい」と思っていたので、この端材を有効活用してDIYしてみようと思います。

サイズは、キッチン棚の上にチョコんと乗る感じで小さめの物。デザインは、シンプルでオシャレを意識した物にする予定です。

複雑な作業はなく、簡単にできる工作物ですが、写真を乗せながら掴んだコツなどを紹介するつもりです。作り方の参考にしていただければと思います。

今の調味料収納

現在は、100円均一(セリア)で買ったステンレスのトレーに調味料を乗せています。万能トレーという名前だったと思います。天ぷらや揚げ物の受けに使う商品です。

コンパクトにまとまっていますし、液体や粉をこぼしても掃除が楽なので、利便性は高い状態ですが、できればもう少しオシャレに飾りたいです。

塩、コショウ、一味、味の素など、背の低い調味料は、今回作るスパイスラックにまとめて、油、醤油など、背の高い調味料は別の場所に収納しようと思います。

木製スパイスラックのサイズ

サイズを決めます。画像にのっているような、小さな容器の調味料は、だいたい8~11cmの高さです。

ギリギリに作っても取り出すときに不便そうだし、余裕を持たせてスペースを作ってもカッコ悪くなりそうなので、今回は12cmで作成しようと思います。

なんとなくで決めていますが、既製品のスパイスラックも、このぐらいの高さを採用している物があるので、おそらく大丈夫でしょう・・・。

余っていた端材(材料)

SPFの1×4(ワンバイフォー)材です。ローテーブル作りの時に余ったものだと思います。若干の反りはありますが木材の状態はいいです。

ザラザラしていて手触りがよくない部分があるので、あとでサンドペーパーでツルツルになるまで磨きます。

長さは61cm、幅は9cm、厚みは2cmです。同じサイズが2本あります。小型のスパイスラックを作るので、木材はこれだけあれば十分ですね。

木製スパイスラック作り

いつもは簡単(すごく適当)な設計図を書いてからスタートするのですが、今回はシンプルな作りなので省略しました。2段ラックにしたかったけど、木材の長さ的に1段ラックしか作れなそうです。

切り分け

端から12cmの部分に鉛筆で線を引きます。これが支柱になって、残りの部分が棚板と底板になります。

そうそう、この曲尺はセリアで買ったんですよ。「平面に当てると、妙にグラつくな」と思っていたら、盛大に反っていました。こういった物でも歪んできたりするんですね。

ノコギリはカインズホームで買った120mmのものです。これは、人生で初めて買ったノコギリなのですが、購入した理由は、「折り畳み式で便利そう。MADE IN JAPAN。」という、どうしょうもない理由です。

ただ、使う機会も多いし、中々便利に使えているので、いい買い物だったかなと思っています。

SPF材は柔らかいので、簡単に切り進める事ができますね。「加工が容易で日曜大工やDIYにオススメの木材」というのをよく目にしますが納得です。

ただ、加工が容易と言っても、腕が未熟なので切り口はガタガタです。真っすぐに切り分けるって難しいですね。

物作り系のYouTube動画を見ていると、ソーガイド(ノコギリの補助道具)を使っている人も多いので、今度見に行ってこようかな。

サンドペーパーで切断面を滑らかにします。ささくれになっている箇所もあって、直接触るとトゲが刺さったり危険です。ツルツルになるまで磨いていきますよ。

終わりました。研磨した時にでる粉も、硬く絞った雑巾で拭き取っています。ここまでかかった時間は30分ほどです。

塗装

支柱はターナーミルクペイントのインクブラックで塗装します。安心安全がウリの水性塗料です。匂いもほとんどなく、室内の作業に向いています。塗りやすくて、乾くとマットな質感が可愛いんですよ。初心者にも扱い易い塗料だと思います。

1度塗りが終わりました。刷毛跡の目立つ部分や、木材の色が透けて見える箇所があるので、少し時間を置いてから2度塗りをします。

棚板はワトコオイルのミディアムウォルナットで塗装します。本棚をDIYした時の余りものです。

灯油のようなサラサラした液体で、ミルクペイントとは違った塗りやすさがあります。木材に染み込ませて色を付けるタイプなのでムラになりにくいです。

終わりました。完全乾燥まで24時間かかります。明日まで乾かしておきましょう。

1日乾燥させたものがこちらです。手で触れてもオイルが付着することはありませんが、匂いはまだ残っています。換気の出来る部屋や風通りのいい場所が、作業(乾燥)スペースに向いていますね。

アップで写しました。「木の温もりと味わいを引き出す、植物油ベースのオイルフィニッシュ」という紹介が公式サイトにあるのですが、木目に薄っすらと色がついて、柔らかい仕上がりになっています。

ミディアム・ダークウォルナットしか使ったことはありませんが、評価、レビューも高いので、他のカラーも近いうちに使ってみたいなと思います。ただ、若干高いんですよね。

組み立て

電動ドライバーを使って組み立てていきます。ZENKEというメーカーのドリルを使いますよ。このセットで2,500円です。安いですよね。初心者向けのスターターターパック(エントリーモデル?)なんだと思います。

まずは底板からです。普通に木ねじで固定すると、設置箇所とねじの頭部がぶつかって、キズがついてしまいます。ねじ頭部ががちょうど隠れるぐらいの窪み(ザグリ穴)を作って、出っ張りを隠してしまいしょう。

文章で説明すると、ちょっとややこしいのですが、下の写真を何枚か見るとすぐにわかると思います。

とりあえず、穴を開けるポイントに、鉛筆で薄っすら印を付けました。

「木工用フォスナービット サイズ径10mm」というビットを使用します。中央部分がコンパスの針のようになっているので、鉛筆で付けた印に先端を当てます。

スイッチを入れるとガリガリ削れて行きます。

細かい木の屑を払ってから写真を取ればよかったですね。木ねじの頭部が隠れればいいので、深さは2mmほどです。めくれてしまった部分や、ささくれになっている箇所があるので、研磨して滑らかにします。

サンドペーパーをザグリ穴のサイズに丸めてグリグリ磨きます。正しいやり方かはわかりませんが意外とやりやすいです。ここは裏側に当たる面なので、見える部分ではないですし、ほどほどに磨いたら次の作業に移ります。

下穴を空けます。ZENKEの電動ドライバーセットには、サイズの違うドリルビットが3種類入っています。初心者には嬉しいです。今回はφ2mmを使っていますよ。

木ねじはカインズホームで購入したスリムビス線形3.3×長さ30mmです。約325本入りで200円というお手頃価格です。今ぐらいの頻度でDIYを続けても、3年ぐらいは買い足さなくてよさそうです。

プラスビットに付け替えて、木ねじを締めていきます。下穴を開けていると、曲がることもなくスムーズに入っていきますね。木材が割れる心配も少ないです。

4カ所留めました。力を入れてみても、グラついたり抜けてしまいそうな感じはありません。強度は良さそうです。ひっくり返してもう一枚の棚板も取り付けてしまいましょう。

と、その前に・・・。取り付けた支柱が、3mm程斜めにズレていました。曲尺を置いている位置が、本来の正しい取り付け箇所です。内側に食い込んでしまった形ですね。

たかだか3mmのズレですが、正面から確認すると意外と目立ちます。

複雑な作業ではないですし、やろうと思えばすぐに修正できますが、「この歪みも手作りの良さ」というポジティブな解釈をして、このまま突き進むことにします。

直すのがめんどうだっただけです。

もう1枚の棚板も付け終わりました。木ねじは、見せているのではなく、見えているだけです。これをダボ埋めで隠せたら、ワンランクアップですよね。

ダボ埋めの方法、やり方を載せているブログやYouTube動画を見ると、工具さえ揃えれば自分でもできそうな気がするので、今度カインズホームで必要なアイテムを揃えてみようと思います。

今回は、木ねじの色とワトコオイルで塗装した木材の色が似ているので、浮いている感じや変に目立っている感じはありません。このままでもアリなのかなと思います。

手作りスパイスラックの完成?

キッチン棚の上に設置してみました。可もなく不可もなくという感じで、普通の調味料棚ですね。一応、オシャレを目指して作ってみたのですが、どうなんでしょうか。

棚板はウォルナット、支柱はブラック。2色を使って、色の組み合わせ的には上手くいっていると思うのですが、ちょっと寂しい感じと言いますか、アクセントになる様な(遊び心みたいな?)ものがあると、もっと良くなりそうな気がします。

ツイッター、インスタグラム、ルームクリップなどを見回して、参考になりそうなデザインはないかなと見つけたのが、「オシャレな背板をつける」というテクニックです。

他力本願なスタイルですが、初めはマネする事からといいます(?)し、さっそく取り掛かっていきましょう。

スパイスラックに背板を付ける

端材(はざい)ボックスをひっくり返して、使えそうな木材を探します。大きめのベニヤ板なんかがあれば良かったんですけどね。持っていないので、短い板を繋いで背板に加工しようと思います。

セリアで購入した木板(45×15cm)の残りたど思います。桐なので、とても軽くて初心者でも扱い易いです。この2枚を繋ぎましょう。

高さはぴったりなので、横のサイズを揃えるために少しだけノコギリでカットします。

鉛筆で印を付けてから切り分けの作業です。端から2cmの長さです。

これでもかと言う程ガタガタになりました。似たような事を、SPF材の切り分けでも書きましたが、長い距離をノコギリで切るって難しいです。基本的な使い方は合っていると思うので、あとはコツを掴むまで練習あるのみですね。

切断面を紙やすりで軽く研磨したら、切り分けの作業は終わりです。

横幅ピッタリになりました。正面から見てもはみ出していません。

塗装しましょう。2枚の板を別々の色で塗って、ツートンカラーにしてみます。おしゃれ雑貨でよく見る色使いですね。

手持ちで使えそうな塗料が、ターナーミルクペイントのインクブラック、トリトンブルー、ピスタチオグリーンと3種類あるので、色の組み合わせを決めます。

とりあえず塗料と板を並べて、睨めっこしながら考えるわけですが、まったくイメージできません。想像だけで色合いを考えるって難しいですね。

何か参考になりそうな物はないかなと「ツートンカラー イメージ」でグーグル検索すると、外壁塗装のサイトが沢山出てきました。たしかに家の外観ってツートンカラーが多い気がする・・・。

と、そんな事は置いておきまして、「結局、やってみないとわからないよね」ということで、余っていた端材に塗ってみることにします。

塗りたてなので少し光沢が出ていますが、インクブラックとピスタチオグリーンの組み合わせです。中々いい感じだと思います。

続いて、インクブラックとトリトンブルーの組み合わせです。こちらもいいですね。まとまっている感はこっちの方が上かな、という気がするので、この組み合わせを採用しましょう。

さて、塗ろうと思ったら、盛大にこぼしました。写真だとわかりにくいかもしれませんが、ほとんど使っていない容器(200ml)の半分がこぼれています。値段にすると400円分ぐらいかな・・・。

「床に付いたら大変、早く掃除しないと」じゃなくて、「ブログ用に写真撮らないと」。真っ先にカメラに手が伸びたのが、なんだか悲しかったです。

トラブルとかハプニングはブログのネタになったりしますが、心待ちにしていたわけじゃないんですけどね・・・。

ビニール袋、ブルーシートの2重防壁だったので、床はバッチリ保護できていました。新築ではないのですが、引っ越したばかりですし、綺麗に使っていきたいですね。

塗装完了です。2時間ほど待てば、触っても手に付くことはありませんが、完全乾燥は24時間が目安なので、このまま放置して続きは明日やりましょう。

と思ったのですが、板の接続に木工ボンドを使うので、ここまでやる事にしました。一応、2時間は乾燥させているので、触れても手に付くことはありませんし、作業を進めても大丈夫だと思います。

ボンドを片面にだけ塗って、張り付ける木材同士を押し当てます。グッと力を入れて、はみ出したボンドをティッシュで拭き取れば完了です。

マスキングテープで固定しました。接続面のボンドが薄っすら見えている箇所がありますが、乾けば透明になるので大丈夫です。乾燥を待たなくてはいけないので、続きは明日やりましょう。

翌日です。ボンドも乾ききったので、次の作業に取り掛かります。

いつか使ってみようと買っておいた、ステンシルシート(セリア)を発見したので、アルファベットをスタンプしてみます。「小洒落た感じがでる予定」ですが、初挑戦なので上手くできるかはわかりません。

厚みのある太字フォントです。デザイン書体みたいな感じですかね。材質はポリプロピレンで、綺麗に保存しておけば、再利用ができるみたいです。

「ステンシルシート 使い方」で調べたら、スポンジを使ってスタンプしている人が多かったので、真似してみることにします。家には網付きのスポンジしかなかったので、ハサミで分解してから使います。

トリトンブルーで塗装した板に、インクブラックのカラーでスタンプします。強く擦る感じじゃなくて、何度もトントンと叩く感じがいいんですね。

このタイプのステンシルシートは、「文字をスタンプする→乾くまで待つ」という作業の繰り返しになるので、思っていたより時間がかかりそうです。

完成しました。キッチン用のスパイスラックなので、料理に関連する単語がいいなと考えた結果「HUNGRY!?」になりました。あんまり深い意味はないです。

はみ出してしまった部分や、擦って色が移ってしまった部分など、イマイチなクオリティですが、離れてみたらそれほど目立たないので、あまり気にしないでおきます。

背板をビスで取り付けます。使う工具は、支柱と棚板を繋げた時に使ったものと一緒です。

マスキングテープで固定してから下穴を開けます。背板の裏面が雑な仕上がりなのは、壁にくっつけて設置するので、「見えない部分になるしいいかな」という手抜きな発想です。

ビスで留め終わりました。思い付きで背板を作り出したので、想定より製作時間がかかってしまいましたが、ようやく完成です。

木製スパイスラックの完成

オシャレを目指して手作りしたスパイスラックですが、意外と上手く出来たのかなと思います。

背板を付けることで個性的になりましたし、オシャレ感も少しは出せているはず(そう思いたい)です。ツートンカラーの色選びは上手くいきましたね。インクブラックとトリトンブルーの組み合わせは、中々いい感じです。

ステンシルシートを使った「HUNGRY!?」については、もう少し下にスタンプするべきだったかと思います。調味料をしまったら文字が隠れてしまいそうですが、その方が全体のバランスがよく見えそうです。

ステンシルシートは、100均の材料だけで簡単に作ることが出来るみたいです。数字や模様、イラストなんかを駆使したオリジナルシートを、いつか作ってみたいです。

少し失敗したなと思うのはこの部分です。上からスパイスラックを見ると、背板が目立ちます。厚みのある木材を使ってしまったのが原因ですね。

端材の有効活用もできたし、これぐらいなら良いかなとも思いますが、少し気になっているポイントです。

調味料入れもオシャレにしたい

せっかくスパイスラックを作ったので、調味料入れもオシャレな容器に変更しようと思います。購入したのは100円均一キャンドゥの「ステンレス調味料入れ」です。

材質は、ステンレス、ガラス。容量は65ml。高さは8.5cmなので、今回作った調味料棚にもスッポリ収まります。

ルームクリップでこの容器を見つけてから、ずっと欲しいなと思っていたんですよね。100円には見えませんよね?

蓋を回すと、大・中・小の穴が開いていて、スパイスの出てくる量を調整することができます。デザインも素敵ですし、使い勝手もよさそうです。

フタは回せば外れます。5つ購入したのですが、中には滑りの悪い物もあって、回すと途中で引っかかったりしてしまいます。力を入れて回せば締まりますが、購入する時はフタの開けやすさをチェックした方がいいかもしれません。

飾ってみました。ステンレス(シルバー)の容器はカッコいいですね。調味料を入れたら、小窓の部分から中身が見えるので、また雰囲気が変わってきそうです。

初めからこの容器を使うと決めていたら、スパイスラックの高さをもう少し低く設計したんですけどね。今より収まりがよくなりそうです。でも、しかたないですね。

さいごに

塗料をこぼしたり、ステンレスシートのスタンプがイマイチだったり、背板の厚みがありすぎたりと、ミスは多数ありましたが、完成したスパイスラックは気に入っています。

ブログを書いている時点で制作から1週間ほどたっていますが、多少雑な部分があっても、手作りしたものには愛着が湧きますし、なんかいいなと思いながら眺めています。

調味料が増えてきたら、収納するスペースが足りなくなりそうなのですが、その時は似たようなタイプのスパイスラックを作って、上にスタッキングする形で増設しようと思います。

そうそう、キッチンにはあまり光が入らないんですよ。全体的に、写真が暗くなってしまいました。実物と写真で色味が少し違っている物もあるので、これからブログを更新するにあたって、上手く対処していきたいなと思っています。

さて、これで木製スパイスラック作りは終了です。さいごまでありがとうございました。