【100均DIY】おしゃれな木製「カフェトレイ」を手作りしよう!すのこを分解して材料にするよ【作り方】

DIY

木製の「カフェトレイ」を手作りします。シンプルな形で使いやすく、オシャレなデザインで見た目もよく、を目指したいと思います。

材料はすのこをバラ(解体)して確保します。セリアの商品を使用しますが、普通に木材を買ってDIYするより、制作費が安くなるようです。

解体の方法(結構簡単にできるみたい?)は事前に調べてありますが、初挑戦なので上手くできるかはわかりません。まぁ失敗しても100円ですからね・・・。

掴んだコツやテクニックは紹介していきたいと思います。それではスタートです。

用意した材料

2セット買いました。セリアにはサイズ違いの「すのこ」が、3種類置いてあります。その中でも、これは1番大きいサイズです。

同じ値段なら大きい方がお得、というわけではなくて、カフェトレイの横幅は、38~45cmに設定されているものが多かったので、一番近いサイズを購入しました。

すのこ(サイズ40×25×1.6cm)押し入れや流し台下など、湿気が気になる場所に最適です。

材質は桐の木です。DIYで何度か使ったことのある木材ですが、とても軽くて柔らかいです。初心者でも加工し易いという印象があります。

ビニールから取り出しました。作りとしては、ざっくりな感じですね。板が毛羽立っていたり、全体が軽く歪んでいたりしますが、100円均一の商品ですし、十分過ぎる出来だと思います。

裏側はこんな作りになっています。

  • 木製角材 3P(45×1.2×1.2cm)
  • 木製角材2P(45×3.8×0.7cm)
  • 木製丸棒2P(45×1.5(直径)cm)

材質は天然木(桐)です。こちらは、カフェトレイの縁を作るのに使用する木材です。

どんな形(デザイン)にするかを、何となくしか決めていないので、もしかしたら使わない物もあるかもしれません。全てセリアの商品です。

木製のカフェトレイを作ろう(作り方)

「すのこ解体→切り分け→塗装→組み立て」という流れでいきます。複雑な作業はないので、それほど時間はかからない予定です。

すのこを解体する

用意した工具はペンチ、マイナスドライバー、ハンマーです。すのこの解体方法をネットで調べたら、これぐらいの装備で十分みたいです。

外し方の方法には何パターンかありますが、一番わかりやすいやり方でやってみましょう。

ハンマーで叩きます。下駄と呼ばれている裏側の細い板を叩いていくと、簡単に外せるみたいです。

「トントントン」

ビクともしません。力が弱い?

「パチーンパチーン」

叩き方が悪いのか、叩く場所が悪いのかはわかりませんが、外れる気配がありません。一応、昼間に作業していますが、打撃音が大き過ぎて近所迷惑になりそうです。別の方法を試してみます。

ペンチで挟んで引っ張ります。なかなか外れません。もう少し力を入れてみます。

ミシミシ鳴りながら木が潰れてしまいました。みんな簡単に分解してるみたいなんですけどね。コツがあるのかな・・・。

マイナスドライバーを使います。左右にズラしながら少しずつ押し込んでいきます。それなりに力は必要です。

「パキッ」という音と共に下駄が外れました。思っていたよりずいぶん時間はかかりましたが、なんとか1カ所終了です。

1本外し終わりました。この部分は、針と接着剤で固定してあるようです。慎重に作業を進めても、接続部分の表面が剥がれてしまいます。「パキッ」というのは、この表面が剥がれる音みたいです。

下駄の方はこんな感じです。綺麗に剥がせれば、素材として再利用する事もできます。ただ、今回のクオリティでは難しいですよね・・・。

この辺りが上手くなってくると、制作費も安くすませる事が出来るようになってきますし、100均DIYの幅も広がりそうです。

一番やりやすかったのは、マイナスドライバーを差し込んで、ハンマーで叩くというやり方です。直接板を叩くより音も小さいですし、近所迷惑にもなりにくいと思います。

分解したすのこから、3本の木材を再利用します。

こっちはゴミ箱いきです。一番上の太い板は使いたかったのですが、失敗してヒビが入ってしまいました。端材ボックスに入れておいても、使わないだろうなと思ったので捨ててしまいます。

そうそう、家庭ごみ(木材)の出し方は地域によってルールが異なるみたいです。自分の住んでいる場所では、長さ・幅が40cm以下。厚さ1.5cm以下。であれば、一般ごみとして破棄することが出来ます。

それを超えるサイズは、粗大ごみに分別されるのですが、ノコギリで切り刻んでしまえばいいですよね。跡片付けなどで手間はかかってしまいますが、粗大ごみ処理券代を浮かせる事ができます。

下駄には針が刺さったままの状態です。このままだと危ないので、ペンチで引っこ抜いてから処分します。

垂直に力を入れると簡単に抜くことが出来ました。

切り分け

木製角材・丸材を必要な長さにカットします。カフェトレイの縁に使うパーツですね。まずは曲尺と鉛筆で薄っすら印を付けます。

こちらにも。回転させながら少しずつ線を引きますが、安定感がないので書き込みにくいですね。

「それで大丈夫なの?」という程曲がっている線もありますが、大丈夫だと思います・・・。

端材(ワンバイフォー)を下に敷いて、段差を作っています。こうすると、足で固定しながらカットできるので、作業がはかどります。

切断面が少しめくれてしまいましたが、これぐらいなら紙やすりで修正できそうです。

丸棒です。体重を乗せて押さえつけても、イマイチ安定感がないので、切り進めづらいです。

ちょっと歪んでしまいましたね。縁に使うパーツなので、真っすぐに切り分けないと、接続面がピタっと嵌らない可能性があるのですが、紙やすりで削ってなんとか平にしてみます。

研磨

サンドペーパー(番手は240です)を使って磨いていきます。カフェトレイは肌に直接触れる機会が多いので、ツルツルになるまで研磨します。

毛羽立っている部分。

紙やすりを3往復するだけで滑らかになりました。手触りもだいぶ良くなっています。こんな感じで全てを終わらせてしまいましょう。

終了です。20分程かかりました。この工程が一番疲れますね。普段使わない筋肉を動かすせいなのか、腕が痛くなったりします。ここ最近は、筋トレだと思って作業しています。

硬く絞った布で削った粉も綺麗に拭き取りました。作業部屋もクイックルワイパーで簡単に掃除をしてから、塗装のコーナーに移りたいと思います。

塗装

ワトコオイルのミディアムウォルナットを使って色を付けます。

いつもは100円ぐらいの安い刷毛を使っているのですが、「食器洗い用のスポンジでも代用できる」という事なので、試してみようと思います。

上手く塗ることが出来れば、コストが5分の1以下になります。お財布に優しいです。

ネットタイプのスポンジをハサミで分解してから使います。ザクザク切り刻む感触が結構好きです。

小さめの面積をスポンジで塗ってみました。意外と塗りやすいし、問題なく使えそうです。

YoutubeのDIY動画でやっているのを見つけて、マネしてみたアイデアなのですが、経済的ですし中々いいテクニックですね。

塗り終わりました。木目が薄っすら浮かび上がって雰囲気がいいです。暖かい感じがします。写真だと濃い目の茶色に映っていますが、実際はもう少し柔らかい色味ですよ。

完全乾燥までは24時間かかるので、明日までこの状態で乾かしておきます。

丸棒は色を変えます。使うのはターナーミルクペイントのインクブラックです。

この塗料は、まだ1回しか使っていません。その割に容器がキタナイですよね。前回のスパイスラック作りで、盛大にこぼしてしまったんですよ。周りは汚れるし、中身も半分ぐらい無駄にしてしまいました。

未塗装の木材と比べると、だいぶ雰囲気が変わりますね。1度塗りだけでは、薄っすら下の木が透けてしまっているので、時間を置いてから2度塗りをします。

軍手をはめて作業をしていますが、いつの間にか肌に付いていたりってありませんか。水性塗料なので、すぐに水で洗えば落とすことができますが、気づかず周りの物をベタベタ触っていたら、その後の片付けがもう大変で・・・。

全ての塗装が終わりました。新居に引っ越しをしてから、大きめの家具や小さな小物をDIYで作っているのですが、いつもこの配色ですね。

ワトコオイル(ミディアム・ダークウォルナット)とミルクペイント(インクブラック)の組み合わせは、カッコよくてお洒落に仕上がります。男前な感じも出せますね。

ただ、いつも同じというのも飽きてしまいますし、少し遊び心的なものも出してみたいとは思っているのですが、部屋のコーディネートなんかを考えると、挑戦するのに勇気がいります。

あまり奇抜な色を持ってきても、変に浮いてしまうし、全体のまとまりがなくなってしまいそうです。

暇なときにルームクリップでも見て(最近ハマっています)勉強しようかな。お洒落な部屋の参考画像がたくさんありますよね。

とりあえず、しばらくの間は「茶色+黒」の無難な配色が多めになりそうです。

組み立て

必要なパーツが揃ったので、あとは組み立てるだけです。

「木・革・布・紙同士+塩ビ・金属にも」という多用途接着剤を「何でも張り付けられて便利そう」なんて初心者らしい考えで買ってみましたが、結局木材の固定にしか使ってません・・・。

下駄の部分にボンドを塗ります。

分解した「すのこ」の板を、隙間に張り付けていきます。セリア(サイズ40×25×1.6cm)のすのこであれば、いい具合に収まりますよ。

適当なものがなかったので、塗料缶や電動ドライバーのケースなどを重しにして、しばらくの間放置します。

続いて、縁になるパーツの接着です。片面にだけボンドを塗ってから、木材同士を貼り合わせます。ぐっと力を入れて押し込んだ後に、はみ出したボンドを布で拭き取ります。さっきもこのやり方をしました。

クランプは持っていないので、マスキングテープで留めて固定します。縁の部分には強度が欲しいので、ズレることがないようキツめに張り付けておきます。

速乾タイプは通常の木工ボンドと比べると、半分の時間で固まるといわれています。1時間ほど乾燥させてから、次の作業に移ります。

黒く塗った丸棒を固定します。これを取り付ければ終了です。塗料と木工ボンドの乾燥待ちが長かったので、ずいぶん長い間カフェトレイを作り続けている気がします。実際の作業時間は短いんですけどね・・・。

下穴を開けましょう。ドリルビットは木ねじより少し細い2.0mmです。

ZENKEというメーカーの激安電動ドライバーセットを使っていますが、コスパ◎で初心者でも扱い易いです。

amazonランキング上位、レビューもよかったので購入してみたのですが、最近のDIYではよく活躍してくれますし、いい買い物だったと思います。

ビットを交換して木ねじを締めます。

取付完了です。丸棒の直径が狭かったので、横からねじが飛び出してしまわないか心配でしたが、うまくできました。底に対して水平になっていますし、位置(高さ)もバッチリだと思います。

同じ手順で逆サイドも完了です。

ねじ頭が少しだけ出っ張っている状態ですが、これ以上奥まで打ち込むと、板が割れてしまいそうです。

指で撫でてみても「若干」引っかかるぐらいなので、「初心者の手作りだし、こんなものでしょう」と納得することにしました。

こんな時に隠し釘があるといいんですかね。この前ダイソーで売っているのを見かけたんですよ。今度調達してみようかな。

手作りした木製カフェトレイの完成

「紅茶とクッキーでも添えて写真を撮れば、インスタ映えするのかな」なんて思いつつも、そんな用意はないので、カフェトレイ単体で撮影しました。

塗装のコーナーでも書きましたが、ウォルナットとブラックの組み合わせはいいですね。全て100均の木材を使っていますが、ちょっとした高級感を感じます。マットな質感がいいのかな。

材質は桐なので軽いです。片手で楽々持ち運びができます。

40×25cmのサイズで作っているので、大きな食器を乗せてもまだ余裕があります。ご飯を食べるときの雰囲気が変わりそう(普段より美味しく感じられそう)なので、使ってみるのが楽しみです。

上から見るとこんな感じです。板の隙間が均等でないのは、土台となっている「すのこ」に歪みがあったからです。それほど目立ちませんし、面は平らになっているので、あんまり気にしていません。

横からのアングルです。黒く塗った丸棒を、アイアンの取っ手に変えてもカッコよくなりそうです。そうすると、全体的にスタイリッシュなイメージになるのかな?追加でもう1つ作るときは挑戦してみようと思います。

さいごに

手作りカフェトレイに掛かかった費用です。

  • 木材(すのこ×2+角材+丸棒) 400円
  • 塗料と細々したもの 200円

合計600円でした。時間はかかってしまいましたが、材料費も安く抑えることが出来たし、デザインは自分好みだし、なかなかいいDIYだったと思います。

「強度は大丈夫かな」という若干の不安があるので、しばらくは丁寧に使いながら、様子を見ていこうと思います。料理を乗せたままガシャーンというのは、絶対に避けたい所ですよね。

それでは、さいごまでありがとうございました。