【100均DIY】木枠(フレーム)付きのオシャレな鏡を作ろう!壁掛けに改造もするよ【作り方】

DIY

100円均一(セリア)の商品を使って、木枠付きのオシャレな鏡をDIYします。トイレか玄関に飾ろうと思っているので、裏に金具を取り付けて「壁掛けタイプ」に改造もしますよ。

電動工具などは使わない簡単な工作です。作業時間は短く済むと思います。

制作中に掴んだコツやテクニックは紹介していくつもりです。リメイクの参考にしていただければ嬉しいです。

用意した材料

100円均一セリアで購入しました。使う木材は2種類です。

  • 合板(45×30×0.3cm)
  • 木製角材2P(45×3.8×0.7cm)

材質は天然木(桐)です。最近の100均はなんでも手に入りますね。この木材は何度も使っていますが、手頃な値段で加工もしやすいです。簡単なDIYをする時に重宝しています。

ただ少し注意点もあって、反っていたり捻じれていたり、状態のよくないものも若干数あります。仕上がりの出来に影響しそうなものは、出来るだけ省いてから、レジに持っていってますよ。

こちらもセリアの商品です。

  • バニティミラー(寸法:本体サイズ/24×17.7cm 鏡面サイズ/22.5×17cm)

材質はガラス・ポリプロピレン。スタンド式の卓上ミラーです。一回りサイズの大きい「ビッグミラー」という商品もありましたが、さり気なく飾られているような、存在感のない感じにしたかったので、小さなサイズを選びました。

簡単にしか確認していませんが、どちらも作り自体は似ていたので、「もう一回り大きな鏡が欲しい」と思った時は活用できそうです。

裏面はこんな感じです。使用上の注意など記載があります。

木枠付きの鏡を作る(作り方)

大まかな手順は「鏡のカバーを外す→木材のカット→塗装→組み立て」というものです。難しい工程もありませんし、サクッと作り上げる予定です。

鏡をカバーから外す

可動式のスタンドは作業の邪魔になるので、先に外してしまいましょう。

左右から内側に押し込むと、簡単に外すことが出来ました。ネジやボルトで固定されているわけではありませんし、柔らかい素材でできているので、力は必要ありません。

フレームの外枠を、カッターでカットします。柔らかい素材でできていますし、力を入れすぎると下の鏡までキズが付いてしまうので注意しないといけませんね。

少しずつ切り込みを入れる感じで作業しました。もしかしたら、小さいハサミの方がやり易いかもしれません。

さて、切り口の下に薄っすら縦線があるのわかりますかね。写真では確認が難しいかもしれませんが、カッターの歯で傷つけてしまいました。

「注意しないといけませんね」なんて書いておきながら・・・。

ただ、あまり目立つ傷でもありませんし、気にせず反対側のフレームもカットします。

左右の同じ高さを2カ所カットしました。力を入れれば、このまま本体とフレームを分離できそうではありますが、無理をすると鏡が割れてしまいそうなので、もう少し手を入れます。

網状になっている細いビニールの部分をカットします。ここもカッターを使いましたよ。

最終的にはこんな感じです。ここまでやる必要はありませんが、ビニールをカットする時のスパっという感触が楽しくて、ついつい切りすぎてしまいました。

若干の傷は付いてしまったものの、鏡本体は綺麗な状態で取り出すことができています。フレームの部分は使う予定がないので廃棄です。

ここまでの作業時間は10分ほど。中々いいペースで進んでいる気がします。

外した鏡の角や側面は、滑らかに加工されているわけではありません。うっかり触ってしまうと、ケガをしてしまう事もあると思うので、取り扱いには注意が必要ですね。

切り分け

木枠(フレーム)に必要な長さを調べます。まずは土台となるべニア板から。定規を使って丁寧に測るわけではなく、「なんとなく板を当てて、これぐらいかな」という、非常にザックリとした手順です。

大きな家具を作るときは、事前に手描きの設計図を作ったりもするのですが、今回はちょっとした小物のDIYなので、アバウトな感じで進みます。

シャーペンで印をつけます。

縦横の長さを書き終えました。なんだか、鏡に指紋が付いてるのが目立ちます。カバーから外す工程でベタベタ触ってしまったからですね。拭いておけばよかった・・・。

角材の方にも印を付けます。額になるパーツですね。

線を引くために曲尺(セリア)を使うのですが、歪んでいて平面に置いてもグラグラするんですよ。

少し前にやったスパイスラック作りの時に気づいて、「買いなおさないと不便だな」と思っていたのですが、忘れてしまって結局そのままです。

家から近い距離にあるので、セリアには定期的に通ってるんですけどね。

準備が終わりました。バツ印が付いているのは、「ここは使いませんよ」という自分に向けたマークです。長さがだいぶ違うので、間違えることはないと思いますが、念のために書き込みました。

切り分けていきましょう。使うのはカインズホームで買った120mmのノコギリです。折り畳み式なので、仕舞う時はコンパクトでスペースを取りません。メーカーのロゴが本体にないので、どこの製品化はわかりませんが、MADE IN JAPANみたいです。

ワンバイフォーの端材を2段重ねにして、段差を作ってカットします。足で体重を掛けながら作業できるのでやり易いです。

端っこがめくれてしまいましたが、これぐらいなら紙やすりで綺麗にできそうです。

ノコギリは刃と刃の間隔(ピッチ)が小さいほど、切断面が綺麗になると言われています。

今使っている物は、ピッチが大きいからか、切断面が粗くなってしまう事が多いです(ただ下手なだけかもしれません)。

木材がめくれたり、ささくれになったりする事が減れば、仕上がりも良くなりますし、研磨に使う時間も減って時短になります。今度新しいノコギリを見に行ってこようかな。その時は、曲尺も忘れないように買わないと。

続いて、ベニヤ板のカットです。切る距離が長いから、真っすぐに切り分けるのが難しいですよね。苦手です。

チラっと映っているガムテープは、ノコギリで引っ掛けて穴が開いてしまった部分です。

強めに当ててしまったので、「引っ越したばかりなのに、床までいっていたら・・・。」と思いましたが、ゴミ袋とブルーシートの2重構造にしていたので無傷でした。

見るからに切断面が歪んでいるような気がしますが、すべて切り終わってから確認してみます。

それほど酷いわけではありませんが、やっぱり歪んでしまいましたね。ただ、ここは土台となる部分なので、枠の板を貼り付けたら全て隠れてしまいます。

「見えない部分だしいいかな」という事で、気にせず進めていきましょう(2回目)。

長さのチェックをするため、一度完成形に並べてみました。写真には写していませんが、中央の窪みに鏡を設置します。

木枠がピッタリ繋がればよかったのですが、切断面に歪みがあったりするので、どうしても隙間が空いてしまいます。

この後、サンドペーパーを使って研磨していくので、少しでも修正していきたい所です。

研磨

磨いていきましょう。壁掛けの鏡なので、直接触れる機会は少ないのですが、手触りは良くしておきたいので丁寧に研磨します。

サンドペーパーは破れないよう2重にして使っています。力を抜いて何往復もする感じで磨いていますよ。角はできるだけ丸くならないように作業しました。

終了です。SPF材なんかを使ってDIYすると、この工程だけでかなりの時間と体力(最近は筋トレだと思ってます)を消耗しますが、今回は量も少なかったので、10分程で終わらせることが出来ました。

片付けをします。ゴミ袋を丸めて捨てた後、クイックルワイパーで掃除です。木材を削った後の粉って、意外と飛び散ってたりしますよね。小まめにやっておかないと後々苦労しそうなので、研磨の後は毎回綺麗にしてますよ。

塗装

ワトコオイルで色を付けます。縦の木枠にダークウォルナット、横の木枠にミディアムウォルナットを使います。

全てを単色で塗装すれば無難に仕上がりそうですが、「ちょっとした遊び心を出してみよう」という思い付きで、2色使ってみることにしました。

完成形がどうなるかは、イマイチわかっていません。失敗だったときは、黒の水性塗料で上から塗りつぶして、なかった事にしようと思います・・・。

以前までは安い刷毛を使っていましたが、最近はキッチン用のスポンジを使っています。網タイプをハサミで切り分けていますよ。こっちの方が安く済むので、お財布に優しいです。

普段は塗料カップに移してから作業していますが、今回は塗布面積が小さいので、容器から直接オイルを補充しました。

こんな感じで塗っていきます。

ミディアムウォルナットで色を付けた板です。木目が薄っすらと浮かび上がって、柔らかい印象になりますね。塗った直後なので、乾けばもう少し薄い色味になるかと思います。

色を変えて別の板です。

上の2枚がミディアムウォルナット、下の2枚がダークウォルナットです。

デザインに遊び心を求めて、2色のオイルを使ってみましたが、木目の濃さに違いがある程度で、全体の印象としてはそこまで変わっていない気がします。

もちろん、ダークウォルナットの方が濃いと言えば濃いのですが、考えていたイメージとはだいぶ違う感じに・・・。組み立てた時どうなるのでしょうか。

「塗装に失敗してムラになった木枠」みたいな感じにならないといいのですが・・・。

べニア板は側面だけ塗っておきました。完全乾燥まで24時間かかるので、明日までこの状態で放置しておきましょう。

ボンドで組み立て

24時間後です。「まだ乾ききってないかな」という部分があります。それと、臭気がかなり残っています。

本来はもう少し待つべきなのでしょうが、「完成間近だし、早く仕上げたい」という気持ちが強いので、接着剤で固定してしまいます。

「木・革・布・紙同士+塩ビ・金属にも」という表記を見て、「何でも張り付けられて便利そう」という、初心者らしい考えで購入した、速乾タイプの木工用ボンドを使います。

ちょっと適当に塗りすぎたかもしれませんが、強度が必要な部分でもないので大丈夫でしょう。張り付いてくれればオーケーです。

木材同士を貼り合わせたら、ぐっと力を入れて、余分なボンドが出るまで押し込見ます。はみ出してきた液を、雑巾で綺麗に拭き取ったら終了です。

文庫本を重石の代わりにして乾燥を待ちます。

鏡の部分は木枠が張り付いた後に、両面テープを使って固定しました。粘着力の高いタイプなので、逆さまにしても土台から外れることはありません。写真を載せられたらよかったのですが、撮り忘れてしまいました・・・。

壁掛け用の金具を付ける

セリアの商品です。この金具は人気があるみたいで、売り切れている事もよくあります。DIYで使う機会も多いので、いつも新品をストックしてありますよ。

  • 三角吊金具 6P 古色仕上げ

材質はカーボンスチール(銅メッキ)です。MADE IN TAIWAN。

中身はこんな感じです。金具4つ、ネジ6本が入っています。ネジは小さくて紛失しやすいから、スペアとして多めに入っているんですかね。優しさですね。

使い方は簡単で、付属のネジを穴に通してドライバーで締めるだけです。

金具に裏表があるので、間違った方向で取り付けてしまうと、壁にピッタリ張り付かなくなります。付け直すのは結構面倒です(体験談)。

キリなどを使って、浅めの下穴を作ると取り付けやすいです。あまり深くしてしまうと、ネジが抜けやすくなって強度に不安がでてしまいます。注意が必要です。

木材によっては中々ネジが嵌らずイライラすることもあるのですが、今回のべニア板はスムーズに取り付けが完了しました。

古びた色味に雰囲気があって、アンティーク感を感じます。重い物を吊ることはできませんが、手軽に壁掛けアレンジが出来るようになるので、いいアイテムだと思います。

木枠(フレーム)付き鏡の完成

木枠のを色を、縦(ダークウォルナット)、横(ミディアムウォルナット)で変えてみましたが、あまりよくわかりませんね。

遊び心を求めてこの配色(2色使い)にしたわけですが、やるならもう少し色味の異なる塗料を使うべきでした。

一応、実物をよく見ると「ちょっと違うな」ぐらいの感覚はあるんですよ。写真だとイマイチ伝わらないかもしれませんが・・・。もっと大胆に行くべきでしたね。

まぁ雰囲気が壊れているわけでもないし、おかしくならなかっただけ良しとしましょう。

横からのアングルです。木枠の繋ぎ目がちょっとズレてしまいました。1mmぐらいですかね。それほど目立たないので、気にしないでおきます。

鏡と木枠はピッタリです。四隅全てが綺麗に張り付いています。この部分は上手くできました。

全体の仕上がりとしては雑な部分もありますが、手作りしたものには愛着も湧きますし、そんな箇所も「ハンドメイド感」という事で可愛く見えたりします。

なんだかネガティブ寄りの感想が多かったかもしれませんが、完成した鏡は気に入っています。木材の温かみがあって、柔らかい感じが好きです。大切に使っていこうと思います。

さいごに

今回のDIYにかかった費用です。

  • 木材 300円
  • 鏡 100円
  • 金具、塗料など 200円

合計600円でした。時間と手間はかかってしまいましたが、壁掛け鏡としては安くできたのかなと思います。

さて、「壁に掛けて飾ってみよう」と思ったら画鋲がありませんでした。引っ越しの時に捨ててしまったのか、どこかに埋もれているのか・・・。セリアで買ってくればよかったですね。しばらくは、玄関の靴入れに立てかけて飾っておこうと思います。

それでは、さいごまでありがとうございました。