【DIY】セリア「黒板塗料」を買ってみたよ!木枠付きの黒板(メッセージボード)を手作りしよう【作り方】

DIY

セリアで「黒板塗料」を見つけました。ホームセンターでは何度か見かけた事はありますが、100円均一にも売っているんですね。DIYグッズの売り場は、定期的に覗いているのに気づきませんでした。

「いつか使いたい」と思っていた塗料なので、とりあえず買ってみましたよ。安いのでお試しには丁度いいです。

さて、せっかくなので何か作りたいのですが、「黒板塗料を使ってDIY・・・」となると、やっぱり黒板になってしまいますかね。

板に塗装しただけの黒板では味気ないので、ちょっとしたオシャレ感を意識して木枠でも取り付けてみようと思います。玄関に置いてメッセージボードにする予定です。

初挑戦なので上手く出来るかはわかりません(主に塗装)が、掴んだコツや塗り方のテクニックは、紹介していこうと思います。それでは、スタートです。

木枠付き黒板作りに使う材料

セリアで購入しました。土台と枠に使う木材です。

  • 合板(45×30cm)
  • 木製角材2P(45×3.8cm)

どちらも材質は天然木(桐)です。黒板塗料もそうですが、100円ショップに行けば何でも手に入りますね。日曜大工の強い味方です。

ただ、「安いからコレも買っておこう」と、必要のない物までカゴに入れてしまって、無駄にお会計が高くなるのが難点ですが・・・。

ベニヤ板をビニールから取り出しました。厚さは3mmほどですね。

何度もリピートしている商品ですが、反っていたり歪んでいたりする事もあるので、購入する時はいつも注意しています。

縦から見たり、横から見たり、「周りのお客さんの目を多少気にしながら」自分なりに厳選しています。

角材です。厚さは7mmほど。こちらもよくリピートしている商品ですが、ベニヤ板に比べると、反りや歪みなどのトラブルは少ない気がします。

今日の主役です。「塗るだけで黒板に!黒板ペイント(BOARD PAINT)水性60ml」。

セリアでは黒と緑、2種類のカラーが販売されていました。緑は小学校の黒板に使われているような色味で、自宅のインテリアとマッチさせる自信がなかったので、無難な黒を選びましたよ。

今回は木材(ベニヤ板)にペイントしますが、他に、紙、陶器、ガラス、金属などにも使用できるようです。アイデア次第で色んな楽しみ方ができそうですね。

「黒板には磁石が張り付く」というイメージがあると思いますが、この塗料だけでは磁石を使用することはできません。もし使いたい場合は、マグネットペイントという専用の塗料が必要になります。

黒板DIYで使う主な材料は以上です。金具や刷毛などの細々した物は、使いながらまとめて紹介していきますね。

木枠付き黒板DIY(作り方)

「切り分け→研磨→塗装→組み立て」という手順です。初挑戦の黒板塗装さえ上手くできれば、他に難しい作業はないので、時間はそれほど掛からないと思います。

切り分け

差し金とシャーペンを使って、切り分けるポイントに印を付けます。そうそう、以前の記事でこんな事を書いていました。

この曲尺はセリアで買ったものですが、捻じれてしまって扱いにくいです。使うたびに「買い換えよう」と思うのですが、結局忘れてしまいます・・・。

新しいのをゲットしてきたんですよ。

セリアの曲尺(約15×7.5cm)です。

今まで使っていた物と並べてみます。同じメーカーの商品だと思いますが、少しモデルチェンジしたみたいですね。全体的に色が薄くなって、目盛りも見易くなっている気がします。

書き込みが全て終わりました。といっても2カ所だけですが・・・。

ワンバイエイトの端材で段差を作ってから切り分けます。丁度いい高さのテーブルやスタンドがあればいいのですが、しっくりくる物がないので、いつもこんな感じで作業しています。

鋸はライフソーを使います。最近購入したものですが、切れ味もいいし、軽くて扱い易いです。初心者にはオススメの1本だと思います。

切り始めの部分が苦手で、ガタガタになったりヨレたりする事が多いです。まずは、丁寧に溝を作ってから、慎重に鋸を挽いていきます。

中々いい感じにできました。

切り分けの完了です。2カ所だけなので、準備を含めて5分ほどで終わりました。

研磨

紙やすりで切り口を滑らかにします。トゲやささくれ状態のままだと、ケガに繋がるかもしれませんよね。

角が割れていました。鋸で切り分けた側ではないので、元からみたいです。ちょっとガッカリしてしまいますね。

ベニヤ板は入念にチェックしていたのですが、角材はチラ見程度でレジに持って行ってしまったので見落としました。失敗です。

一応、ラベル「ご使用上の注意」の欄に、

天然木のため、ゆがみ・割れなどがある場合があります。また、フシささくれやトゲがある場合があります。ご了承の上、お買い求めください。

とありますし、しかたがないですね。今度からは気を付けます。

いつもならおが屑や切れ端が散乱していますが、今回は扱う木材も少なかったので、比較的(?)綺麗な状態です。簡単に片付けをしてから、次の工程に移りたいと思います。

塗装

黒板塗料の塗り方は、パッケージ横の「ご使用方法」に記載があります。初めて使うので、目を通しておきます。

  • 塗る面のゴミ、油分等を取ってください。
  • 棒などでよくかき混ぜます。※よく混ざっていないと、きれいにつきません。
  • ペイントを絵具皿などに出して筆で塗ってください。※重ね塗りをする場合は、30分ほどおいて、表面が乾いたことを確かめてから塗ってください。
  • 塗り終わったら、まる一日おいて乾燥させてください。チョークのみご使用ください。※マーカーやクレヨンは使用できません。

特別な事をする必要はないみたいですね。普段使っている水性塗料と同じ感覚で使えるようです。やってみましょう。

容器のフタを開けてみたら、アルミ箔で密封されていました。厳重ですね。

中身はこんな感じです。アルミ箔のフタがなかなか剥がれず苦労しました。

若干ですが、油性塗料のような臭気があります。ただ本当に若干なので、これぐらいなら部屋の中で作業しても、まったく問題ないと思います。

そうそう、開ける時に勢いよく塗料が飛び出してきました。すぐに洗ったのですが、水だけだと落ちにくかったです。

塗装用のビニール手袋を用意していたので、装着してから開封すればよかった・・・。黒板塗料を使用する予定のある方は、注意してくださいね。

割り箸を使って液体をかき混ぜます。もう少しトロっとした粘り気のある感じを想像していましたが、サラサラして柔らかいです。サラダ油ぐらいの硬さだと思います。

透明なプラスチックの容器に移します。まとめ売りされていた安いやつです。刷毛を使って塗布していきましょう。

伸びが良くて塗りやすいです。

一通りペイントしてみました。角の部分は木枠を嵌めると隠れるので、無塗装のままです。

どれぐらいの厚みを出せばいいか悩みましたが「薄く塗りすぎるとチョークで書き込みにくそう」だと思ったので、少し厚めに塗ってみました。

30分程で表面は乾き切りました。乾燥までの時間は早いですね。厚めに塗ったつもりですが、下地が透けている箇所があるので、2度塗りをしてみます。

2度目が終了です。さっきよりも薄めに塗ってみました。

黒板塗料の塗り面積(目安)は、約0.5m2(A4用紙9枚程度/2回塗り)との記載があります。

今は、45×30cmのベニヤ板に2回塗りをして、ピッタリ半分の塗料を使った感じです。消費量が少し多いですね。

この辺は、塗り方によっても変わってくるのでしょう。それに、ベニヤ板は水分を吸収しやすい木材だと言われているので、目安よりは使用料が多くなりそうです。

続いて、木枠の塗装です。ワトコオイル(ダークウォルナット)を使って色を付けます。黒と茶は相性バッチリのカラーなので、オシャレ感が出せるんじゃないかと思います。

食器洗い用のスポンジを刷毛代わりに使います。ハサミでネットごと切り分けて、使いやすいサイズに調整です。

これは最近知ったテクニックなのですが、刷毛を使って塗装するよりも、掛かるコストが5分の1以下になるので、お財布に優しくなります。

スポンジの角に液体を染み込ませて塗布していきます。

木枠の塗装完了です。色の濃さは好みの感じにできたので、2度塗りとウエット研磨はやらない予定です。

完全乾燥には24時間かかかるので、翌日までこの状態で置いておきましょう。ワトコオイルには少し臭気があります。天気もいいし、部屋の窓は開けっぱなしにしておきましょうかね。

組み立て

塗料も乾いたので組み立てをします。ビスや工具は使用せずに、木工ボンドのみで完成させますよ。

このボンドは、速乾の多用途タイプで「木・革・布・紙同士+塩ビ・金属」などにも使用できますが、ほぼ木材の接着にしか使っていません。

「いろいろ張り付けられて便利そう」という理由で買ったのですが、ノーマルタイプでよかったかもしれません。ちなみに、セリアで買いましたよ。

木枠を貼り付ける部分にボンドを垂らします。なんとなく波線で塗りました。強度が必要な箇所ではないので、こんな感じで大丈夫でしょう。

木枠を貼り付けました。クランプは持っていないので、端材を重石にしています。

何かの衝撃でズレないように、角をマスキングテープで簡単に留めてありますよ。あとは乾燥を待つだけですね。

手作り木枠付き黒板の完成

良い感じに仕上がったと思います。黒板の黒色と、木枠の茶色は、相性バッチリですね。男前な感じもあるし、オシャレな感じも出ているのではないかと思います。好きなデザインです。

手作りして愛着が湧いているので、自己評価は若干高めです。

横からのアングルです。ベニヤ板の側面に色を塗り忘れました・・・。

正面から見ると問題ないのですが、サイドから覗き込んで見るとカッコ悪いですね。ちょっと気になります。

ワトコオイルは、普通の水性塗料と比べると「空いた時間に少しだけ」という作業に、若干不向きな気がしています。片付けの手間などがありますし。

この部分は、今度時間がある時に修正しておこうと思います。

木枠は隙間もなくピッタリサイズで作ることができました。縁が綺麗に揃っているだけで、完成度が高く見えます。

木材は全て桐を使っているので軽いです。頻繁に持ち運ぶような物でもありませんが、片手で楽々持ち上がるのは、個人的に嬉しいポイントかなと思っています。

チョークを使って黒板に書いてみる

せっかく作った黒板なので、文字(イラスト)でも書いてみようと、ポケットタイプ「チョーク」という商品(セリア)を買ってみました。安全基準に適合した原料(焼せっこう)を使用しているらしいです。

中身はこんな感じです。カラフルなセットかと思ったら、色付きのチョークは3本だけでした。ちょっとガッカリです。ただ、使用頻度は白が高いですからね。バランスとしてはいいのかな。

書いてみましょう。

表面がツルツルしているので、チョークが滑るように進みます。書き心地はいいです。

筆圧が弱くてもしっかり色が付きます。「100円の塗料なのにクオリティが高いな」という印象です。

書いた文字を消してみます。ティッシュで拭けばいいみたいです。

軽く擦るだけで消すことが出来ました。ただ、薄っすらと白い跡は残っています。完全に落とすには水拭きが有効みたいです。やってみましょう。

キッチンペーパーを濡らして拭いてみました。白い跡は綺麗に落ちています。あまり力を入れ過ぎると、表面の塗料も一緒に剥がれてしまうので、少し注意が必要です。

さいごに

木枠付きの黒板(メッセージボード)DIYに掛かった金額です。

  • 木材 300円
  • 塗料 100円
  • 刷毛やちょっとした物 300円

合計700円でした。値段の割には作りも丁寧で、オシャレな物が出来たんじゃないかと思います。少し前にも書きましたが、手作りして愛着が湧いているので、自己評価は若干高めです・・・。

さて、久しぶりにチョークを握ったら、なんだか楽しくなって無駄に書いたり消したりしています。消すたびに塗装が剥がれてしまうので、黒板の使用回数に制限はありそうですが、今のところ(10回ぐらい)は問題ありません。

しばらく使ってみて、耐久面の性能がわかってきたら、この記事に追記していこうと思います。

それでは、さいごまでありがとうございました。