【DIY】ニトリの組み立てウッドシェル(棚)をリメイクして男前なオシャレ収納を作ろう

DIY

引っ越し先の賃貸物件は収納スペースが少ないので、ニトリのウッドシェルフ(棚)を設置して、使い勝手のいい部屋にしようと思います。

ニトリの商品は安くて利便性の高いものが多いのですが、デザイン的には少しシンプル過ぎて、そのまま使うにはちょっと味気ないなと思う事も多いです。

今回のウッドシェルフも少し物足りなさを感じた(木の質感とか、ナチュラルで温かい感じは好きです)ので、塗装をしてアレンジしようと思います。

アイアンフレーム風の色合いにして、オシャレでカッコよくなればいいなと思います。男前インテリアなんて言葉もよく聞きますし、うまく作っていきたいです。

DIYについては初心者レベルですが、やってみて上手くいったことや掴んだコツなどは紹介するつもりです。やり方の参考になればいいなと思います。

リメイクに使う材料と道具

思いっきりぶつけた様な穴が空いていますが、これしか在庫がなかったので、、そのまま購入しました。中身に問題はないはずです。

帰ってから確認したのですが、このウッドシェルフはニトリネット(公式通販)でのレビューが星2.5という絶妙な感じでした。評価の件数自体が少ないので、そんなに気にする必要はないかと思いますが参考までに。

組立がしんどい
とにかく組立が大変だった。ネジの締めにくいこと締めにくいこと。説明書も説明書になっていないのでは?価格が安いので相応の品なのかもしれない。3倍の値段でも組立やすい棚にすればよかったかも。

木くずの始末が大変
値段は手ごろでいいかなと思い購入しました。組み立ては労しましたが、ただいくら安いといっても木くずが出ないように処理を施してほしいものです。この細かい木くずは拭いてもあとからあとから出てきて吸い込んだら健康被害になります。ここはきちんとしてほしかった。

組み立ての工程が大変という意見が多いです。3段タイプでも6.9kgの重さがあるので(4段は9.0kg、5段は11.7kg)、その部分ですかね。これは実際に組み立て作業を行うときに、検証してみたいと思います。

細かな商品の仕様はこちらです。

つなげて使える!ウッドシェルフ(奥行きたっぷりタイプ)

サイズ:幅90×奥行40×高さ93cm
色:ナチュラル
主な素材: パイン
重量: 約6.9kg
耐荷重:棚板1枚あたり 10kg
組立時間目安: 20分

この大きさで3,695円(税別)です。安いですよね。同じタイプのウッドシェルフを買い足せば、連結もできて拡張性も高いです。すでに「お、ねだん以上。」な気がしています。

棚板部分に使うのはワトコオイルです。カラーはダークォルナットの200ml。DIYのブログやYouTube動画を見ていると、使っている人も多いですよね。木目も綺麗に際立つし、塗りやすくムラもできにくいと評価の高い塗料です。カインズホームで購入したものですが、店員さんもオススメしてくれました。初使用なのでどんな仕上がりになるか楽しみです。

フレーム(支柱部分)に使うのはターナーミルクペイントのインクブラックです。容器から使い込まれている感が出ているかと思います。そう、汚いです。100均DIYをする時によく使っていて、黒以外にも4色ほど持っています。

[ターナー公式]ミルクペイント アンティークメディウム

森永乳業のミルク原料を使用した安全性の高い水性塗料で、伸びが良くてとても塗りやすいです。乾燥後はマットな質感で可愛い仕上がりになるんですよね。気に入っています。

これらの材料を使って作っていきます。サンドペーパーや刷毛などは、一つ一つ紹介する必要はないかなと思って飛ばしてしまいました。

ウッドシェルフのリメイク方法

工程自体はシンプルで「塗装→組み立て」だけです。時間はかかると思いますが、簡単な作業なのでさっそく取り掛かっていきましょう。

塗装の下地処理

段ボールから取り出すと、木材が少し粉っぽいようなザラザラした感触だったので、軽く乾拭きをしました。

ちなみにこの後、全体をサンドペーパーで磨いていくので、この乾拭きはほとんど意味のない作業だったことに気づきます。それぞれのパーツのサイズが大きいから結構大変だったんですけどね・・・。

さて、サンドペーパーでの研磨は#240を使います。木目にそって何往復もする感じで、つるつると手触りが良くなるまで磨きました。

「下地処理を丁寧にすると、仕上がりの美しさに繋がる」という話を聞いたことがあるので、いつもこの工程は手を抜かずにやっています。ただ、結構な肉体労働ですよね。普段使わない筋肉を動かすためか腕が痛くなります。

さいごに表面に残った木の粉を拭き取ってから、塗装のコーナーに移ります。

塗装

缶を逆さまにしてよく振ってから、塗りやすいように予め買っておいた容器に移します。これはカインズホームの「麦どんぶり」という商品なのですが、耐水性の素材ではなく、ほとんどの塗料が容器に吸収されました。失敗・・・。他に手頃な容器がなかったので、紙コップに移してから塗装開始です。

棚板の上半分だけ塗ってみました。ダークウォルナットという事なので、もう少し濃い色味を想像していましたが、思っていたより薄い感じですね。2度塗りをすると変わってくるのかな。

ただ、この色も綺麗でいい味が出ているので、1度塗りで終わらせてしまってもいいかもしれません。全てを塗り終わってから考えてみましょうかね。

一枚塗り終わりました。掛った時間は15分ぐらいです。未塗装の棚板(写真手前側)と比べてみると、しっかり色が付いています。

3枚全て塗り終わりました。写真だとサイズ感がわかりにくいかと思いますが、幅90cm奥行40cm用の棚板なので、塗布面積が広くて意外と大変でした。

DIY|ワトコオイルの塗り方~テーブルの天板に塗ろう!~ RESTA

今回ワトコオイル初使用だったので、塗り方を色々調べていたのですが、こちらの動画がわかりやすくて参考になりました。RESTAというDIYショップが運営しているYouTubeチャンネルです。

簡単な手順説明

  • 紙やすりで木目に沿って研磨(素地調整)
  • オイルを木目に沿って塗る
  • 表面に残った塗料をウエス拭き取る
  • 1時間ほど乾燥
  • 二度塗り(一度目より薄く)
  • 耐水やすりで木目に沿って研磨
  • 表面に残った塗料をウエス拭き取る
  • 1時間後再度拭き取る

それと、個人的にワトコオイルを使ってみた感想を

  • サラサラとした液体なので塗りやすくムラができない
  • 思っていたより匂いが少ない(個人差があると思います)
  • 発色がきれい
  • 馴染んだ後は手触りもいい

他の塗装剤と比べると少し値段は高いのですが、レビューの高さは納得です。ワトコオイルすごいですね。これからPCデスクの天板や、キッチン用の棚、押し入れ収納なども作る予定があるので、それらにも使っていこうと思います。今回の200mlだけじゃ足りそうにないので、買い足さないと。

カラーは、ホワイト、ナチュラル、ドリフトウッド、マホガニーエボニー、チェリー、ミディアムウォルナット、ダークウォルナットと、全部で8色発売されているので、色々試してみたいですね。

続いてフレームの塗装です。

こちらは使い慣れている塗料ですし一気に塗ってしまいました。ブログ的には塗りかけ状態の比較画像があった方が良かったかもしれませんね。

これは一度塗りの状態で、ハケ跡や色ムラが少し気になるので、しばらく乾燥させてから二度塗りをします。ひと手間かかってしまいますが、美しい仕上がりには効果的ですよね。

そうそう、ネジ穴の部分は塗っていません。横から見るとナチュラルのカラーが目立ちそうですが、全てを塗るのは大変そうなので、こっちは妥協しようかな。組み立てた後、あまりにも違和感があったり、雰囲気が壊れていたら修正したいと思います。

乾燥中です。ワトコオイルは結局一度塗りで終わりにしました。この色も綺麗ですし、フレームの黒色とも合いそうです。それに、もう少し濃い色にしたいと思ったら、いつでも塗り直しができますからね。自分で好きな色に調整できるのも、DIYの楽しい部分ですよね。

塗布から2時間ほど経過していますが、手で触っても汚れたりベタついたりはしません。ただ、完全乾燥には24時間以上かかるとの事なので、このまま明日まで放っておきましょう。

ウッドシェルフの組み立て

パーツを固定するためのネジはこんな感じです。全部で12本入っていました。フレームのナチュラルカラー(塗装してしましましたが)に合うように、少し金に近い色味になってるんですかね。よくある銀色のネジだと、少し浮いてしまいそうですからね。

工具は付属されていないので、自分で用意する必要があります。今回組み立てるニトリのウッドシェルフの場合は、プラスドライバーが必要です。

棚板の裏に空いているネジ穴に、受けネジをはめ込みます。カチっと固定されるわけではないので、穴の中に落としておくという感じです。

続いて、フレームの外側からネジを通します。

組み合わせます。

裏側からみるとこんな感じになっています。「後はネジ締めるだけ」のはずだったんですが、上手くドライバーが回りません。

「ネジが締めにくい」というレビューを上で紹介しましたが、これだったんですね。

とにかく、ネジと受けネジが中々噛み合いません。たぶん、ネジ穴の位置がそれぞれ微妙にズレているのが原因だと思います。

位置を少しずつ調整しながらドライバーを回していくのですが、棚板もフレームもそれなりの重量があるので、作業が進めずらいです。

一人で組み立てると結構苦戦するかと思います。

ミシミシっという嫌な音を何回か聞きましたが、とりあえず力技で一段目を取り付けました。上に向けたり、横に向けたり、色々試しながら進めましたが、床に棚板をペタっと置いて作業をするのが一番楽でした。

2つ目の棚板も装着です。コツを掴んで簡単に取り付けることができた、というわけではなく、1つ目と同様に力技で乗り切りました。もう一枚を取り付けたら完成です。

全体をサンドペーパーで磨いている時に「この作業大変だな」と思っていましたが、組み立て工程の方が圧倒的に大変です・・・。

ウッドシェルフのリメイク完了

中々いい感じではないでしょうか。黒とウォルナットの組み合わせは、鉄板のカラーですね。大人っぽくて落ち着いた印象もありますし、オシャレでカッコイイです。気に入りました。

正面から見るとこんな感じです。フレームに使われているのが細身の木材なので、全体的にスタイリッシュな感じがします。それに、扉のないオープンラックなので、狭い箇所に置いても圧迫感は少ないんじゃないかと思います。

心配だったネジ穴のナチュラルカラーは、横からみてもそんなに目立ちません。手を加えなくてもよさそうです。

色を塗り直すとなると、一回バラしてから、また面倒な組み立て作業をしないといけないので、本当に良かった。

ちょっと失敗したなと思うのはここ。棚板の接続に接着剤が使われているみたいで、接着剤がはみ出している部分には、ワトコオイルが上手く乗りませんでした。この部分以外にも何ヵ所かあって、ムラが出来ているように見えます。ただ、それほど酷いわけでもないし、安い商品なのでいいでしょう。

ディスプレイはどうする?

まだ新居に荷物を運びきれていないので、収納する物や飾る物がほとんどありません。とりあえず、この前無印良品で買った「重なるバクバク角型バスケット」と「トタンボックス」を置いてみました。色と高さも揃ってますし、これはこれでいいのかなと思います。

一応、見せる収納というのに挑戦してみたいので、雑誌やネットで実例を勉強しながら、リメイクしたウッドシェルフを有効活用していきたいと思います。

  • 色を統一する
  • サイズをまとめる
  • 素材を揃える
  • 余白(スペース)をつくる
  • シンメトリー(左右対称)を意識する

などなど、オシャレに見える効果的なルールが色々あるみたいです。

さいごに

手間をかけてDIYしたものは、失敗した部分や少し雑な箇所があっても、不思議と可愛く見えてきますし愛着が湧きますね。丁寧に使っていこうと思います。

最後にウッドシェルフのリメイクに掛かった費用です。

ウッドシェルフ 4,000円
塗料 1,000円
サンドペーパーと刷毛 200円

合計5,200円(ざっくりとした金額です)です。もう少し高価なものに見えますよね。見えません?