【DIY】おしゃれなローテーブルを簡単シンプルに1×4(ワンバイフォー)材で作ってみよう【作り方】

DIY

新居に引っ越してから、リビングで使うテーブルはどんな物にしようか悩んでいました。

色々なサイト(主に、RoomClip)を見ながら、出来るだけ場所を取らず、シンプルでおしゃれな物をと探していたのですが、丁度ソファも買った事だし「ローテーブルがいいんじゃない?」と思い付き、今回DIYで作ってみることにします。

せっかく自作するのだから、自分好みな「オシャレで男前なデザイン」を意識して手作りしてみようと思います。

ローテーブル作りは初挑戦、DIY自体も初心者レベルなので、シンプルな作りで簡単にできる物にする予定です。一つ一つの工程を写真付きで紹介するので、作り方の参考にして貰えたら嬉しいです。では、さっそく取り掛かりましょう。

材料を買いに行こう

必要な木材と工具を揃えるために、カインズホームに向かいます。ここは大型の店舗で、日用品、家電、野菜、ペット、園芸、工具など、なんでも置いてあります。DIYの相談コーナーなんかも設けられていますし、頼もしいホームセンターです。

車で15分弱の距離なので、最近はよく利用しています。ネット通販もいいですが、実物を見て商品を選ぶって安心感もあるし、なにより楽しいですよね。

後で紹介する電動ドリルはAmazonで買ってしまいましたが。

資材館のコーナー、外売り場です。ずらっと木材が並んでいます。こんな感じのラックが10列以上あるんですよ。一般用というよりは、建築現場などで使うプロ用な気がします。このエリアだけ朝の7時から営業を開始しているみたいです。

お目当ての木材はこちら、SPF 1×4 6F(19×89×1820mm)です。事前に調べていた値段より安いです。1本318円。

※SPF材とは、Spruce(スプルース、トウヒ)Pine(パイン、松)Fir(ファー、モミ)の頭文字を組み合わせたもので、建築やDIYで使われることの多い木材です。

外売り場に置いてあるせいなのか、反っていたり、割れていたり、ねじれていたりと、状態が良くない物もいくつかありました。それらを除いて、節の少ない物や木目の綺麗なものを素人なりに厳選してみたのが上の写真です。

  • SPF 1×4 6F(4本)
  • SPF 1×4 3F(1本)

1×4 6Fが4本あれば十分なのですが、失敗した時の保険として1×4 3Fを1本余分に購入します。お店が近い距離にあるとはいえ、木材1本のために車で移動はちょっと面倒ですもんね。

ただ、200円の木ねじを買いに、また後で来ることになるわけですが・・・。

お会計を済ませたらカインズホームの木材カットサービスを利用します。自宅に鋸の装備はありますが、木材の量も多いですし、おがくずの片付けも大変なので、全てお願いしてしまいます。

必要な長さを口頭で伝えるだけで、1カット30円で切り分けて貰えます。中々お得なサービスだと思いますよ。

店員さんが作業を開始してから、5分ほどで全ての切り分けが終わりました。早いです。自分でやっていたら、この工程だけで1時間以上は掛かったと思います。片付けいらずなのも嬉しい。今回は4カットで120円です。

直線カットのみしかできません(円形、波型、斜め、くり抜きなどは無理です)が、複雑な形状の物を作る予定もないですし、次回からもこのサービスを利用しようと思います。

持ち帰りました。サランラップみたいな透明のビニールで固定してありますが、端の板がボロボロ崩れて持ちにくいし、全部で7kg近くあるので、意外と大変でした。

  • 80cm 5本
  • 43cm 4本
  • 38cm 4本

これがローテーブル作りに使う材料で、残りは予備の木材です。ちなみに、家に帰ってからスケールを使って木材の長さを図ってみたら、1mmの狂いもなくジャストサイズでした。

いや、カインズホームを信用していないというわけではなく、念のための確認ですよ・・・。あまりにも切り分けが速かったものですから・・・。

他にも木ねじやサンドペーパー(紙やすり)、電動ドリルのアタッチメントを購入しましたが、それらは作業途中で紹介しようと思います。

ローテーブルの作り方

材料の買い出しコーナーが長くなってしまいましたが、ここからが本番です。といっても、「研磨→塗装→組み立て」という工程だけなので、それほど複雑なわけでもないし、のんびり進めていこうと思います。

サンドペーパーで磨く

カインズで切ってもらった木材は、切り口が派手にささくれていたりするので、サンドペーパーで研磨して滑らかにします。トゲとか刺さったら危ないですからね。

続いて、角を落としてから表面を磨いていきます。テーブルは肌と触れることも多いですし、手触りのよさを意識して、できるだけツルツルにしたいと思います。

使うのはカインズホームで買った#240のサンドペーパー(一枚30円)です。端材に挟んでヤスリがけをします。

量が多いのでめんどうと言えばめんどうですが、後に行う塗装の下地処理にもなっているので、木目にそって何往復もする感じで、無心で磨いていこうと思います。30分ぐらいで終わらせたいな。

終わりました。結局1時間ぐらいかかってしまいました。横着して#240しか用意していなかったので、もう少し粗い番手を用意してから望むべきだったかもしれません。

もっと角を丸めた方がよさそうかな、と思う物もありますが、やりすぎると木材を張り合わせた時に隙間があいてカッコ悪くなりそうなので、あとで様子をみながら調整したいと思います。

さいごに、どれがどのパーツか分かりやすくするために、鉛筆で薄っすらと数字を振ってから、塗装の作業に移ります。

天板の塗装

使う塗料は2種類です。天板にワトコオイルのダークウォルナット、脚にターナーミルクペイントのインクブラック。この組み合わせは何度か試していますが、カラーの相性ばっちりです。おしゃれでカッコよくて男前な感じに仕上がります。

専用のプラスチック容器(60円ぐらい)にオイルを移してから作業開始です。

これ、ワトコオイルの「あるある」なんじゃないかと思うのですが、容器に移す時こぼれませんか?絶対どこかに付いてしまいます。缶から勢いよくだせば多少はましになるのですが、それだと必要以上に出し過ぎてしまったり。みなさんどうしてるのでしょうか。

使う刷毛はホビーペイント(100円ぐらい)です。使い捨ててしまうので、出来るだけ安い商品を選んでいます。この刷毛、ちょっと抜け毛が多い気がしますが、まぁ安価な物ですしいいでしょう・・・。

右側の1×4材2本に塗ってみました。未塗装の木材と比べると、しっかり色がついています。木目が綺麗に浮かび上がっていて、良い感じだと思います。

天板部分に使う、5本全て塗り終わりました。ダークウォルナットのカラー1度塗りで、薄っすら茶色といった具合です。

これぐらいの色味が好きなので、大体いつも1度塗りだけで終わらせています。薄めに仕上げて置けば、もう少し濃い色の方が部屋のインテリアとマッチしそう、と思ったときに、調整ができますしね。

まぁ、今まで塗り直したことはないのですが・・・。

ワトコオイルの拭き取りに使ったウエス(布)は、十分に水に浸してから捨てます。製品そのものが常温で発火することはありませんが、オイルを含んだウエスを積み重ねて放置すると、自然発火する恐れがあるみたいです。

公式サイトの注意書きを見てから、塗装後の後片付けはすぐ行うようにしています。忘れて放置してしまったら怖いですもんね。

さて、完全乾燥まで24時間かかるので、この子達は翌日まで寝かせて置きます。

ローテーブルの脚を作る

脚のパーツは全て組み立ててから色を塗ろうと思います。さて、今回ローテーブル作りのために用意したのはこちら。

「ZENKE 電動ドライバーセット 充電式 正逆転可能 照明機能 12本ビット 3本ツイストドリル 1本延長棒 コードレス」

どれを買おうか探していたら、Amazonでベストセラー1位、カスタマーレビュー数158件で星4つという商品を見つけて、これを選びました。価格は2,780円という驚きの値段。激安です。

下穴を空けていきましょう。ツイストドリルのサイズは、木ねじより少し細い2.0mmを使います。それと、深く穴を空け過ぎないように、マスキングテープで目印を付けています。

体重をかけて、木材が動かないように押さえつけながら作業をしますが、少し不安定でガタつきます。L型のクランプで締め付けながら作業をすると捗りそうですが、持っていないので、人力で上手く固定しながら、垂直にまっすぐ穴が空くようにドリルを入れていきます。

できました。何度か端材で練習しましたが、本番はちょっと緊張しますね。失敗しても酷いことになる様な部分じゃないから、別にいいと言えばいいのですが・・・。

電動ドリルのアタッチメントを、50mmプラスビットph1に付け替えます。

使う木ねじは「CAINZ スリムビス 線形3.3×30mm クロメートめっき」というやつです。325本入りで200円でした。

下穴を空けておいたので、スムーズに木ねじが入っていきました。木材も割れていませんし、垂直に入っています。中々上手くいっているのではないでしょうか。とりあえず2箇所を留めてから持ち上げてみると、

「あれ、なんだか頼りない?」

不安定という事はないのですが、ちょっと力を入れると抜けてしまいそうな感じがします。

木ねじ30mmじゃ長さが足りない?

調べてみると、ビスの適切な長さ選びという記事があって

コーススレッドなど【ビスの長さの選び方】

ビスといえば、安くてサイズが豊富なコーススレッドが定番になりつつありますが、豊富なだけにサイズ選びに迷った事はありませんか?

太さは何となく同じような感じですが、長さの選定ってどうしたらいいのでしょうか。

今回、下記のようにまとめてみました。

・ビスの長さの基準なかなか難しいビスの長さの選択基準。

長さを選ぶ時は下の式を基本に考えてみてください。

ビスの長さ=取付物厚さ+20mm以上

この計算式によると、ワンバイフォーは厚みが19mmあるので、だいたい40mm以上のビスが必要みたいです。手元に木工ボンドがあるので、張り付けてしまうという手もありますが、なんとなく初めの計画通りに進めたいです。

という事で、車で往復30分掛けてカインズホームに行ってきました・・・。

購入したのはこちらです。「軸細コーススレッド 3.3×40mm 木材用」9本入りで200円でした。さっき使っていたカインズの木ねじは325本入りで200円なので、かなり高価な気がします。

左が40mm、右が30mm。これならさすがに大丈夫でしょう。一度埋め込んだ木ねじを抜くのはめんどうだったので、新しく買ってきた物を補強する形で、追加で埋め込みました。強度はバッチリです。

ローテーブルの底面は、木ねじの頭が飛び出していると、床と当たってキズが付いてしまうので、座ぐり穴を空けて平坦になるように加工します。使うのは

「木工用フォスナービット サイズ径10mm」

沢山あってよくわからなかったので、「止まり穴加工ができる!美しい仕上がり!」というキャッチコピーを見て、この商品を選びました。700円ぐらいだった(レシートをなくしてしまいました・・・。)と思います。

思ったよりパワフルです。上から少し力を入れるだけで、ガリガリ削れて行きます。音が結構うるさいので、昼間しかできませんね。

フォスナービットの中央部分(センター)には、コンパスの様な針(?)が付いています。そこを支点に刃が回転していくので、途中で位置がズレることもなく、綺麗に穴を空けることが出来ました。初めて使ったのですが、よくできてますね。

「安い物は摩擦熱ですぐに切れ味が落ちる」なんてレビューもありましたが、直接指先で触れてみても熱を持っている感じはしないので、しばらくは大丈夫なのかな。

木ねじの頭が隠れればいいので、深さは2mmほどです。

必要な8箇所全てに穴を空けました。作業時間は5分ほどです。毛羽立っていたり、ささくれてしまった部分があるので、やすりがけをしてから次の工程に移ります。いやぁ、意外と簡単にできてよかったです。

ここからはさっきと同じ作業です。下穴を空けてから

木ねじをいれます。

ねじ頭はしっかり埋まっていますし、床とぶつかる心配はなさそうです。「下穴→木ねじ」という作業にも慣れてきたので、残りの箇所も一気に終わらせてしまいましょう。

ローテーブルの脚が組み終わりました。「40mmの木ねじを買いにカインズホームに戻る」という事を除けば、大きなトラブルもなくスムーズに進みました。

接続面はピッタリくっついています。ゆがみもなく、角も垂直にあたっているので、強度は問題なさそうです。

脚の塗装

インクブラックで色を付けていきます。容器が汚れているのは・・・。初めは新品のノートを使うように、塗料を別の容器に移して丁寧に使っていたんですけどね。時間が経つとどうでもよくなって、直接刷毛を入れて使うようになり、その結果、という感じです。

15分ほどで片方の脚を塗り切りました。一気に塗料を付け過ぎるとムラになったりしてしまうので、薄く延ばしながら塗っていくのが綺麗に仕上げるコツだと思います。

これは1度塗りの状態ですが、下が透けて見えたり、刷毛跡が残っていたり、大きくムラになっていたりする箇所はないので、2度塗りはせずにこれで終わりにしようかと思います。

もう片方も塗ってしましましょう。

完成です。光沢のあるものよりは、艶消しのマットな感じが好きなので、この塗料は気に入っています。他にも何種類かカラーを持っていて、どの塗料も可愛い仕上がりになるので、いつかブログで紹介したいと思います。

ドライヤーを使った乾燥の時短テクニックもありますが、天板のワトコオイルも明日まで乾かさないといけないので、段ボールの上に置いて翌日まで放っておきます。

天板と脚を合体させる

最後の工程ですね。天板と脚の角をピッタリ揃えてもよかったのですが、少しスペースを作った方がデザイン的にオシャレに見えるかなと思って、6cmの幅を取りました。この6cmは特に何かを計算したわけではなく、なんとなくです。

さて、マスキングテープで天板と脚を固定してから、下穴を空けて木ねじで留めていきます。

裏側は見えない部分なので、結構ざっくり行きます。3か所ずつです。

パッと見るとバランスが悪くて気持ち悪いですね。しっかり計算して均等に木ねじを打っていけばよかったかもしれません。まぁ、ひっくり返したら見えなくなるしいいでしょう・・・。

反対側もこんな感じで固定したら完成です。

ローテーブルの完成

中々いい出来ではないでしょうか。全てにワンバイフォーを使っているので、木材の幅が均一でバランスがよく見えます。

色合いは定番のウォルナット+ブラックでかっこよくてオシャレなイメージ。男前感も少し出ているかと思います。

シンプルなデザインなので長年使っても(強度的に使えるかな?)飽きがこないじゃないでしょうか。研磨をしっかりしたので、手触りがいいです。これはワトコオイルのおかげでもありますね。上品な感じです。

さて、手作りして愛着が湧いているという事もあります。だいぶ甘目の自己採点です・・・。

サイズの紹介です。これは結構大事ですよね。

  • 幅80cm
  • 奥行45cm
  • 高さ44cm

2人掛けのソファを購入済み(配送はまだ先です)なので、そのサイズと上手くバランスが取れるように設計しました。一応、細かな(おしゃれに見える?)決まり事があるみたいなので、ルールに倣って作ってみましたよ。

ソファの色はグレーを選んでいるので、このローテーブルの色とマッチするはずです。実際にセットしてみないと分かりませんが、ダメそうだったら、クッションやらカバーやらを使って誤魔化す予定です。

角度を変えるとこんな感じです。脚の部分にリモコンや雑誌を置くスペースを増設すると、便利に使えそうですね。

最近流行りの有孔ボードなんかを、はめ込んでしまってもいいかもしれません。SNSやブログでも話題になっていますし、一度使ってみたいです。あれってボードさえ固定してしまえば、後はフックを穴に差し込むだけですよね?アイデア収納の実例も沢山公開されているし、楽しそうです。

ただ、次に作りたいものは決まっている(壁にピッタリはまる本棚です)ので、やるとしてもだいぶ先になってしまいますが、いずれ挑戦してみたいです。

一番心配だったのは、組み上がった時に「ガタつきがないか」という事だったんですが、まったくありません。安定感抜群です。

自作ですし、だいたいの事には目を瞑れるけど、机のガタつきだけは使い勝手も悪くなるし嫌だったんですよね。本当によかった。

作りながら、脚の裏には滑り止めのシートを張ろうかなと思っていたのですが、ローテーブル本体に重量があって、滑って位置がズレる様な事はなさそうです。やらなくてもいいですね。

失敗したのはここです。写真でわかりますかね?天板に使った木材に反りがあって、まっ平らにはなっていません。素人なりに木材を厳選したつもりでしたが、ダメだったようです。飲み物を置く時には注意しないといけませんね。

テーブルクロスを使えば段差が誤魔化せそうですが、素材(木材)の良さが隠れてしまいますよね。

透明のビニールマットなら、ありなのかな?キズや汚れの防止にもなるし、お手入れも簡単になります。書き物なんかも出来るようになりそうです。しばらく使ってみてから、検討してみようと思います。

さいごに

今回掛った費用です。

  • 木材 2,000円
  • 塗料 1,000円
  • 電動ドリル 3,000円
  • フォスナービット 700円
  • 細々した物(ねじ、紙やすりなど) 700円

合計7,400円で作ることができました。必要な工具さえ揃っていれば、4000円かからない感じですね。似たようなサイズ、色の既製品を買うよりは、安く作れたんじゃないかと思います。

制作期間は2日間です。ほとんどが塗料の乾燥待ちだったので、実際に作業したのは4時間ぐらいです。慣れない電動工具を使った割には、早く完成したんじゃないかと思います。

出来栄えに関しては、大満足です。愛着も湧いていますし、手作りっていいですね。

家具作りはしばらく続けていく予定です。ブログでも記事にするので、よかったらまた遊びに来てくださいね。ありがとうございました。