キャンドゥの「コインケース(硬貨ケース)」を全部買ってみます【7種類】

100均

100円均一キャンドゥの「コインケース(硬貨ケース)」を買ってみます。売り場にあるデザインを全て揃えて、サイズや使い勝手をレビューしてみようと思います。キャンドゥのコインケース(硬貨ケース)が気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事>>>100均ダイソーの「コインケース(硬貨ケース)」を全部買ってみます【9種類】

スポンサーリンク

キャンドゥのコインケース売り場

事務用品のコーナーです。付箋、インデックス、電卓、パスワード管理ノートなどが並んでいます。近くの売り場には「キャンドゥの「ブックカバー」を全部買ってみます【漫画(コミック)、教科書、雑誌】透明タイプ」や「キャンドゥの「ブックスタンド(ブックエンド)」を全部買ってみます【本立て】」などがありました。

お目当てのコインケースがありました。

手に取ってみました。セパレートコインケースです。内部のトレーは取り外しができるのだとか。良さそうです。他のコインケースにも簡単に目を通しましたが、なかなか雰囲気もよく期待できそうな感じでした。全種類を1つずつ買っていきます。

買い物カゴに詰め込みました。レジでお会計を済ませたら帰ります。

スポンサーリンク

キャンドゥコインケースの種類

7種類のアイテムを買ってきました。

  • 角型コインケース3P(1円硬貨)
  • 角型コインケース3P(5円硬貨)
  • 角型コインケース3P(10円硬貨)
  • 角型コインケース3P(50円硬貨)
  • 角型コインケース3P(100円硬貨)
  • 角型コインケース3P(500円硬貨)
  • NEWセパレートコインケース

全て100円です。詳しく見ていきます。

角型コインケース3P(1円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(1円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1214

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーはピンクの半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポーチなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 1円硬貨×50枚

合計金額は50円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると150円分の1円硬貨を収納することができます。

硬貨の収納スペースです。10枚並びになるように仕切りが設置されています。計算が楽です。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。

1円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。枚数の把握がしやすいです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心です。

角型コインケース3P(5円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(5円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1215

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーは黄色の半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポケットなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 5円硬貨×50枚

合計金額は250円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると750円分の5円硬貨を収納することができます。

硬貨の収納スペースです。10枚並びになるように仕切りが設置されています。視覚的に何枚あるかを把握しやすいです。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。仕切りのカーブ部分に、いくつかバリが残っていました。ちょっとしたものですが、注意が必要かもしれません。

5円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。枚数の把握がしやすいです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心です。

角型コインケース3P(10円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(10円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1216

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーは赤の半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポーチなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 10円硬貨×50枚

合計金額は500円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると1,500円分の10円硬貨を収納することができます。

硬貨の収納スペースです。10枚並びになるように仕切りが設置されています。小銭のカウントが簡単です。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。

10円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。枚数の把握がしやすいです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心です。

角型コインケース3P(50円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(50円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1217

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーは薄いグリーンの半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポーチなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 50円硬貨×50枚

合計金額は2,500円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると7,500円分の50円硬貨を収納することができます。

硬貨の収納スペースです。10枚並びになるように仕切りが設置されています。計算が楽です。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。

50円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心。

角型コインケース3P(100円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(100円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1218

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーは水色の半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポーチなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 100円硬貨×50枚

合計金額は5,000円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると15,000円分の100円硬貨を収納することができます。

硬貨の収納スペースです。10枚並びになるように仕切りが設置されています。計算が楽です。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。

100円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心です。

角型コインケース3P(500円硬貨)

基本情報は以下です。

  • 商品名:角型コインケース3P(500円硬貨)
  • 本体材質:ポリプロピレン
  • 商品番号:CDN1219

裏です。使用上の注意、品質表示などの記載があります。

シンプルな縦長のコインケースです。角ばったフォルムになっています。カラーは黒の半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。手のひらサイズなのでコンパクトです。鞄やポーチなどにも忍ばせやすいと思います。

留め具でロックできる構造です。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 500円硬貨×50枚

合計金額は25,000円となっています。3つセットの商品なので、すべてを活用すると75,00円分の500円硬貨を収納することができます。全部埋めればオカネモチ。

500円玉を収納してみました。

大きく写しました。

上からです。

手に持ってみました。揺らすとがちゃがっちゃっと音が鳴ります。それほど大きな音量ではありません。ケースを動かしてもコインが内部で散らばることはないです。持ち運びも安心です。

NEWセパレートコインケース

基本情報は以下です。

  • 商品名:NEWセパレートコインケース
  • サイズ:約118×76×33mm
  • 材質:ポリプロピレン
  • 特徴:硬貨の携帯や仕分けに便利!
  • 発売元:和泉化成株式會社

セリアにも同じものが置いてありました。「セリアの「コインケース(硬貨ケース)」を全部買ってみます【5種類】」で紹介しています。

裏です。品質表示や発売元などの記載があります。

アタッシュケースのような形状です。角ばったフォルムで、がっしりした印象になっています。カラーは半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。

留め具でロックできる設計です。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、閉め忘れなどは起こらないと思います。

フタの四隅には丸い窪みがあります。底面の同じ位置には突起があるので、積み重ねて使うことを想定したデザインなんだと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な硬貨の枚数は以下です。

  • 1円硬貨×20枚
  • 5円硬貨×10枚
  • 10円硬貨×30枚
  • 50円硬貨×15枚
  • 100円硬貨×25枚
  • 500円硬貨×10枚

合計金額は8,620円となっています。使用頻度の高い10円硬貨と100円硬貨は多めに収納できる設計になっています。

硬貨の収納スペースです。5枚並びになるように仕切りが設置されています。小銭のカウントが簡単です。仕切りの中央にある窪みは、硬貨を抜き取りやすくするための工夫だと思います。ホルダー部分には、対応硬貨の記述があります。わかりやすいです。

コイントレーを取り外しました。下のスペースには、領収書やお札などをしまうことができます。使い勝手はよさそうです。整理整頓が捗りそう。

硬貨を収納してみました。

大きく撮りました。

上からです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。枚数の把握がしやすいです。いい具合の目隠しにもなっています。

手に持ってみました。揺らすと若干がちゃがっちゃっと音が鳴ります。

フタ側を手前にしてみました。

スポンサーリンク

さいごに

100円均一キャンドゥの「コインケース(硬貨ケース)」をたくさん買ってみました。

キャンドゥで新しいコインケースを見つけたら、また購入してレビューをしようと思います(お小遣いと相談しながらなので、沢山は買えませんが・・・)。この記事に追記していきます。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。