セリアの「リモコンカバー」を全部試してみます。ドライヤーラップタイプも【2種類】

100均

100円均一セリアの「リモコンカバー」を買ってみます。リモコンを覆ってキズやヨゴレからガードするアイテムです。水濡れ防止などの効果もあります。ロングサイズ、シリコーン製、ドライヤー密着、ラップタイプなど、発売されている種類を全て揃えるつもりです。サイズや使い勝手をまとめてみようと思います。セリアのリモコンカバーが気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

セリアのリモコンカバー売り場

モバイルのコーナーです。電池ケース、イヤホン、タッチペン、電球などが並んでいます。

少し前に紹介した「【セリア】ケーブル(コード)をまとめる「配線整理グッズ」をたくさん買ってみました」や「セリアの「スマホスタンド」を全種類買ってみます【卓上】」もこの売り場にあります。

お目当てのリモコンカバーがありました。「セリアの「マウスパッド」を買ってみます。ゲーミングやショートカットキー、リストレストなど【6種類】」の隣です。

手に取ってみました。リモコンカバー ロングタイプです。シリコーン製で伸びる!ということみたいです。着脱がやりやすそう。便利に使えそうな感じがあります。

他のリモコンカバーにも簡単に目を通しましたが、なかなか雰囲気もよく期待できそうな感じでした。全種類を1つずつ買っていきます。

買い物カゴに詰め込みました。レジでお会計を済ませたら帰ります。

スポンサーリンク

セリアリモコンカバーの種類

2種類のアイテムを買ってきました。一覧です。

  • リモコンカバー ロングタイプ
  • リモコンラップ ロングタイプ

カバーを装着するリモコンは、東芝のテレビ用リモコン CT-90494です。サイズは、約24×5.3×高さ1.7cm。よく見かけるベーシックな大きさだと思います。

リモコンカバー ロングタイプ

基本情報は以下です。

  • 商品名:リモコンカバー ロングタイプ
  • 使用できるリモコンの大きさ:長さ(約)210~250mm×幅(約)50~60mm
  • サイズ:長さ(約)211mm×幅(約)51mm×厚み(約)19.5mm
  • 原料樹脂:シリコーンゴム
  • 特徴:シリコーン製で伸びる!色々なテレビ・DVDレコーダーなど形状に対応!

裏です。使い方、使用できるリモコンの大きさ、使用上のご注意、サイズ、発売元などの記載があります。

ぐにゃっと柔らかいです。滑らかでぺたっと吸い付くような手触りになっています。厚みが1mmほどあるので、ちょっとしたクッション性も期待できるかもしれません。カラーは半透明です。白っぽく濁った感じがあります。

リモコンと並べてみました。一回りほど小さい感じです。パっと見の感覚だと入らなそうな気もするのですが、伸縮性が高いので問題ないのだとか。

使ってみます。パッケージにある使用方法に倣ってセットします。

  • 本品の真ん中の開口部からリモコンを裏返しにした状態で差し込みます。
  • 表向きにして本品を被せた上からリモコンをしっかり持ち、下部を引っ張り、リモコン全体に被せます。※無理に引っ張ると本品が破れる恐れがあるためご注意ください。
  • リモコンの角に本品の角をあわせるように全体の位置を調整します。※本品を装着した際に、ボタンに圧力がかかることでリモコンが作動してしまっていないか確認してください。

という内容です。

リモコンを裏返しにして差し込みます。

ひっくり返してカバーを被せます。

角を伸ばして合わせます。

終わりです。掛かった時間は10秒程でした。

表面はすっぽりと覆われています。専用のカバーではないので、所々浮き上がっているいる部分はあるのですが、ホコリや汚れからの保護は問題なくできそうです。真ん中あたりがガバガバしているので、ちょっと握りずらい感じはあります。カバーが半透明なので、文字や数字はボヤっとしてしまいますが、使い慣れたリモコンなら場所を覚えていますし、あまり関係ないのかもしれません。

上の部分です。どんなに調整をしても、リモコンの角とカバーの角はピッタリとは合いませんでした。上を合わせると下がズレますし、下を合わせると上がズレます。この辺りは、メーカー純正品でもないので、しかたがないのかもしれません。

真ん中の部分です。カバーが少し余り気味です。

下の部分です。

横からです。

裏です。大きく開いています。

センサーです。

電池カバーの部分です。

ボタンを押してみます。ポチっポチっ。押し心地はそれほど変わりません。押し込んだボタンもスムーズに戻ってきます。操作性に問題はなしです。

水滴を垂らしてみました。水は弾く素材なので、リモコンまでは浸透しません。リビングに置いてあるテレビリモコンというのは、コーヒーやジュースを被りがちですが(?)、シリコーンカバーを取り付けておけばダメージはゼロです。

角を外せば簡単に剥がれます。

リモコンラップ ロングタイプ

基本情報は以下です。

  • 商品名:リモコンラップ ロングタイプ
  • 使用できるリモコンの大きさ:幅(約)60mm×長さ240mm
  • 材質:PET
  • 特徴:リモコンにつく手あか・ホコリ等の汚れ・水濡れから守る!

裏です。発売元、使用方法、使用上の注意、品質表示などがあります。

中身を取り出しました。3枚セットの商品です。

さらっとしたビニールです。滑らかな手触りになっています。「100均ダイソー「ブックカバー」を全部買ってみます【文庫、漫画(コミック)、教科書】クリアタイプなど」や「セリアの「ブックカバー」を全部買ってみます【文庫、漫画(コミック)、教科書】クリアタイプ」にも近いです。カラーは透明です。キレイに透けて見えます。

リモコンと並べてみました。一回りほど大きい感じです。ドライヤーの温風を当てると、熱に反応して収縮するみたいです。

使ってみます。パッケージにある使用方法に倣ってセットします。

  • フィルムの繋ぎ目側がリモコンの裏面になるようにリモコンを入れてください。
  • リモコン裏面を上にして、フィルム下部の開口部を手で押さえながら、先端から順にドライヤーの温風をあてていきます。フィルムが熱により収縮し始め、リモコンのサイズに合わせてシワがより始めます。収縮しにくい時は、ドライヤーを近づけてください。
  • 裏面のシワになった状態の部分にドライヤーを当て続けると、フィルムがピント張った状態になっていきます。
  • リモコン下部のフィルムを閉じるようにつまみ、温風をあててください。フィルムをキャンディー状にねじると簡単です。余ったフィルムはカッターナイフ、又はハサミで切り取ってください。
  • 仕上げに表裏全体にドライヤーをかけ、ぴったりとフィットすれば完成です。切った箇所はテープなどで留めるとホコリやゴミが入りにくくなります。

という感じです。

リモコンにフィルムを被せます。

ひっくり返してドライヤーをあてます。

シワシワシワっと縮んでいきます。楽しい。

開口部の処理などを済ませ、さいごの仕上げです。

終わりです。この時初めて気が付いたのですが、フィルムの裏と表が反対になっていました。つなぎ目を裏面に持ってくるはずが、表面に持ってきてしまいました。失敗です。ゴメンナサイ。おそらく、仕上がりにそれほどの違いは出ないハズなので、このまま見ていくことにします。

リモコン全体がすっぽり覆われています。ホコリや水濡れからの保護性能は高いです。フィルムはピタっと吸い付くような格好になっているので、リモコンを手に取っても違和感などは感じません。自然です。フィルムはキレイな透明なので、数字や文字の視認性は高いままです。嬉しいメリットに思います。

上の部分です。

真ん中の部分です。

下の部分です。

横からです。

裏です。電池カバー周辺に大きな凹凸があり、その部分は雑な仕上がりになってしまいました。ドライヤーのあて方などを工夫すれば、もう少し対応できたのかもしれません。

センサーです。

ボタンを押してみます。ポチっ。押し心地はそれほど変わりません。押し込んだボタンもスムーズに戻ってきます。操作性に問題はなしです。

水滴を垂らしてみました。水は弾く素材なので、リモコンまでは浸透しません。防御力は高そうです。

スポンサーリンク

さいごに

100円均一セリアの「リモコンカバー」を買ってみました。

セリアで気になるリモコンカバーを見つけたら、また購入してレビューをしようと思います。この記事に追記していきます。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。