キャンドゥの【電池収納ケース】を全部買ってみます

100均

100円均一キャンドゥの「電池ケース」を買ってみます。売り場にあるデザインを全て揃えて、サイズや使い勝手をレビューしてみようと思います。キャンドゥの電池収納ケースが気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事>>>100均ダイソーの「電池ケース」を全部買ってみます【3種類】代用品アリ

スポンサーリンク

キャンドゥの電池ケース売り場

電池売り場のコーナーです。単2、単3、単4など、さまざまな種類の電池が並んでいます。バッテリーチェッカーなんて商品も置いてあります。

お目当ての電池ケースがありました。

試しに手に取ってみました。スリム乾電池ケース(単3)です。ガチャガチャ揺れない、という特徴があるみたいです。仕舞える本数も多いし便利そうです。他の電池ケースにも簡単に目を通しましたが、なかなか雰囲気もよく期待できそうな感じでした。全種類を1つずつ買っていきます。

買い物カゴに詰め込みました。「キャンドゥの「ブックスタンド(ブックエンド)」を全部買ってみます【本立て】」なども入っているので嵩張ります。レジでお会計を済ませたら帰ります。

スポンサーリンク

キャンドゥ電池ケースの種類

3種類の電池ケースを買ってきました。一覧です。

  • スリム乾電池ケース(単4)
  • スリム乾電池ケース(単3)
  • 乾電池救急箱

詳しく見ていきます。

スリム乾電池ケース(単4)

基本情報は以下です。

  • 商品名:スリム乾電池ケース(単4)
  • 材質:ポリプロピレン
  • 特徴:ぴったり構造だから、ガチャガチャしない!使用状況がひと目でわかるシールつき!

裏です。電池の保管・携帯に、シールの使い方、取扱い上の注意、品質表示などの記載があります。イラスト付きで丁寧に解説されている印象です。

2つセットの商品です。

薄く横長のデザインです。丸みを持った部分が多く、柔らかい印象があります。カラーは半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。

フタは留め具でロックできる仕組みです。左右の2箇所にあります。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、締め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な電池サイズと本数は以下です。

  • 単4×10本

となっています。

底面は波状になっています。電池がしっかりホールドされる仕組みです。

電池を収納してみました。力を加えてパチっとはめ込む必要がありました。

上からです。一切の隙間は無くピッタリのサイズ感になっています。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。

手に持ってみました。振ってみても中で電池が動く感じはありません。ガチャガチャ音が鳴らないので、持ち運びにも使いやすいと思います。

横からです。

付属のシールです。日付などが書き込めるようになっています。

スリム乾電池ケース(単3)

基本情報は以下です。

  • 商品名:スリム乾電池ケース(単3)
  • 材質:ポリプロピレン
  • 特徴:ぴったり構造だから、ガチャガチャしない!使用状況がひと目でわかるシールつき!

裏です。電池の保管・携帯に、シールの使い方、取扱い上の注意、品質表示などの記載があります。イラスト付きで丁寧に解説されている印象です。

2つセットの商品です。

薄く横長のデザインです。丸みを持った部分が多く、柔らかい印象があります。カラーは半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。基本的なデザインは、一つ前に紹介した、スリム乾電池ケース(単4)と同じです。

フタは留め具でロックできる仕組みです。左右の2箇所にあります。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、締め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な電池サイズと本数は以下です。

  • 単3×10本

となっています。

底面は波状になっています。電池がしっかりホールドされる仕組みです。

電池を収納してみました。ただ置くだけではなく、力を加えてパチっとはめ込む必要がありました。

上からです。隙間はありません。ジャストフィットです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。

手に持ってみました。振ってみても中で電池が動く感じはありません。ガチャガチャ音が鳴らないので、持ち運びにも使いやすいと思います。

横からです。

スリム乾電池ケース(単4)とスリム乾電池ケース(単3)を並べてみました。

付属のインデックスシールです。日付などが書き込めるようになっています。

乾電池救急箱

基本情報は以下です。

  • 商品名:乾電池救急箱
  • 材質:ポリプロピレン
  • 耐冷・耐熱温度:-20~120℃
  • 特徴:緊急時のストックに!いろんなタイプをコンパクトに収納

セリアにも同じものが売っていました。「セリアの「電池ケース」を全部買ってみます【3種類】代用品も」で紹介しています。

裏です。使用上の注意や品質表示の記載があります。

アタッシュケースのような形状です。角ばったフォルムで、がっしりした印象になっています。カラーは半透明です。中身が薄っすらと透けて見えます。収納物の把握がしやすいです。触り心地はつるっとした感じ。プラスチック特有の滑らかな質感です。CDケースサイズなので、それなりにかさばります。厚みがあるので縦置きも可能です。

留め具でロックできる仕組みです。閉じたときにパチっと合図音も鳴るので、締め忘れなどは起こらないと思います。

蓋を開いてみました。

収納可能な電池サイズと本数は以下です。

  • 単1×2本
  • 単2×2本
  • 単3×8本
  • 単4×4本

大容量です。使う機会は少ないけど、いざという時に必要な単1・単2を仕舞えるのは大きなメリットだと思います。

ホルダー部分には、対応電池の記述があります。このスペースは単3型です。

こちらは単2形です。

電池を収納してみました。

上からです。横幅はピッタリのサイズです。縦には若干の余裕があります。取り出しやすくするための工夫だと思います。揺らすと多少ガチャガチャ鳴る感じです。

蓋を閉じてみました。薄っすら中身が透けて見えます。

裏です。全ての電池がピッタリと窪みに収まっています。

横からです。

スポンサーリンク

さいごに

100円均一キャンドゥの「電池ケース」を買ってみました。

開封済みの電池の保管というのは、意外と面倒だったりします。100円均一の商品で、安価に整理整頓ができるのは嬉しいです。しばらく使ってみたら、耐久性や使用感などの情報も追加したいと思います。この記事に追記予定です。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。