セリア「マスク収納ケース(箱型)」を全部試します。玄関にも【2種類】

100均

100円均一セリアの「マスクケース」を買ってみます。フタ付き、箱型収納、玄関にも、シンプルデザインなど、発売されている種類を全て揃えるつもりです。サイズや使い勝手をまとめてみようと思います。セリアのマスクケースが気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

セリアのマスクケース売り場

衛生用品のコーナーです。ポケットティッシュ、マスク、アルコール除菌シート、ウェットシートフタなどがあります。

お目当てマスクケースがありました。2種類があるようです。

手に取ってみました。フタがとまるマスクケースです。明るいホワイトのカラーで清潔感があります。不織布マスクのほかに、ウェットシートにも対応しているのだとか。玄関などに置いても便利に使えそうです。

他のマスクケースにも簡単に目を通しましたが、なかなか雰囲気もよく期待できそうな感じでした。全種類を1つずつ買っていきます。

買い物カゴに詰め込みました。意外とかさばります。レジでお会計を済ませたら帰ります。

スポンサーリンク

セリアマスクケースの種類

2種類の収納ケースを買ってきました。一覧です。

  • マスク収納ケース
  • フタがとまるマスクケース

詳しく見ていきます。

マスク収納ケース

基本情報は以下です。

  • 商品名:マスク収納ケース
  • 収納目安サイズ:約100×180mmまでの不織布マスク
  • 収納枚数:約50枚
  • 製品サイズ:約123×205×H109mm(外寸)
  • 原料樹脂:ポリプロピレン
  • 耐熱温度:120℃
  • 耐冷温度:-20℃

シンプルな箱型の収納ケースです。約50枚が収納可能という事で、ある程度の高さがあります。そこそこのサイズ感です。底から収納口にかけては、広がるような形状になっています。急いでいる時でもマスクの出し入れはやりやすいはずです。カラーはホワイトの単色です。明るい色味で清潔感があります。リビングや玄関など、どんな場所でも設置しやすいと思います。材質はプラスチックです。耐久性が高くお手入れもやりやすい素材です。長く清潔に使えます。

製品ラベルです。品質表示や特徴などの記載があります。イメージイラスト付きです。

裏です。使用上の注意、材質表示、発売元などがあります。

フタです。

外した状態です。

収納ケースです。109mmの深さがあります。

マスクを収納してみます。使うのは、ドラッグストアなどでよく売っている、1枚10円ぐらいの安い不織布マスクです。Mサイズ。30枚を掴んでいます。

しまってみました。紐の部分がゴワゴワする感じはありますが、しっかり収まっています。大容量の50枚収納タイプなので、縦のスペースにはまだまだ余裕があります。

斜めからです。

続いて、小分けになっている不織布マスクです。Mサイズ。先ほど紹介したものに比べると、少しだけ値段は高いです。

マスクがカーブする形になってしまいますが、入るには入りました。

フタがとまるマスクケース

基本情報は以下です。

  • 商品名:フタがとまるマスクケース
  • 収納枚数:約30枚
  • サイズ(外寸):約幅212×奥行126×高さ66mm
  • サイズ(内寸):約幅198×奥行104×高さ53mm
  • 原料樹脂:ポリプロピレン
  • 耐熱温度:100℃
  • 耐冷温度:-20℃

フタ付きの箱型収納ケースです。フタはパチっとロックできる仕組みになっています。中身がバラバラ飛び出す心配はありません。ホコリやゴミからも保護してくれるので衛生的です。収納枚数は約30枚です。浅型のケースとなっています。箱の背丈が低い分、存在感も少なく周りとも馴染みやすいと思います。カラーはホワイトの単色です。明るい色味で清潔感があります。不織布マスク以外に、ウェットシートにも対応しています。リビングや玄関などでも使いやすそうです。

製品ラベルです。品質表示や注意事項があります。

前からです。

留め具です。固めなので勝手に開くようなことはないと思います。

開いてみました。

フタです。ケースの角にある突起と、フタの角にある凹みが噛み合う仕組みになっています。簡単に外れることはなく安心感があります。ただ、結構固めなので外す時は力が必要です。

外した状態です。

収納ケースです。

マスクを収納してみます。先ほどと同じMサイズの不織布マスクです。30枚あります。

しまってみました。紐の部分がゴワゴワする感じはありますが、しっかり収まっています。

斜めからです。

フタを閉めました。ケースの取り出し口から引っ張ると、1枚ずつをキレイに引き抜くことができます。

なかなか便利です。

続いて、小分けになっているMサイズの不織布マスクです。

マスクを収納してフタを閉めました。マスクは中でカーブする形で収まっています。ケースの取り出し口から引っ張ってみると、こちらも1枚ずつをキレイに引き抜くことができました。

せっかくなので、ウェットティッシュも試してみます。セリアで買ったものです。

ジャストサイズでした。

ウェットティッシュ開口部のシールを剥がしてからフタを被せました。ちょうどいいフィット感です。

1枚ずつを奇麗に抜き取ることが出来ました。

さいごに

100円均一セリアの「マスクケース」を買ってみました。

マスクの箱をそのままリビングや玄関に置いておくと、ちょっと味気ない感じもありますが、専用の収納ケースにしまってから置くことで、インテリアも気に掛けるお洒落さんの雰囲気を出すことができます(?)。導入してみるのもいいかもしれません。

セリアで新しいマスクケースを見つけたら、また購入してレビューをしようと思います。この記事に追記していきます。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。