100均ダイソーの「スニーカーシャンプー」で白い靴をクリーニング【簡単お手入れ】

整理整頓・収納

100円均一ダイソーの「スニーカーシャンプー」がおすすめ、という情報を聞きつけました。ちょうどウチには、ヨゴレた白いスニーカーがあります。いい機会なので、スニーカーシャンプーを使ってクリーニングをしてみようと思います。

スポンサーリンク

ダイソーのスニーカーシャンプー売り場

靴用品のコーナーです。中敷き、脱臭除湿剤、ハンガーラック、シューズボックスなどが並んでいます。

隣の売り場にはバスグッズが並んでいました。「100均ダイソーの「バスボール(入浴剤)」をたくさん買いました【レビュー】」などが置いてありました。

お目当てのスニーカーシャンプーがありました。上段の左から3番目です。

スニーカーのお手入れ用品は、スポンジや石鹸タイプなどもある、と聞いていたのですが、この店舗では取り扱いがないみたいです。

試しに手に取ってみました。水入らずで簡単、という事です。今までスニーカーのクリーニングは、桶に突っ込んでバシャバシャ洗うだけでした。こういった便利なケアアイテム(?)は初めてです。なんだか楽しそうな感じもあります。買って帰ります。

スポンサーリンク

ダイソーのスニーカーシャンプーを買ってみた

基本情報は以下です。

  • 商品名:スニーカーシャンプー
  • 液性:弱アルカリ性
  • 正味量:50mL
  • 成分:界面活性剤(2.8% アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、ポリオキシチエレンアルキルエーテル、脂肪酸系(非イオン)界面活性剤)、防腐剤、香料
  • 特徴:水いらずで簡単!

横です。ボトルは滑らかな曲線状になっています。持ちやすくするための工夫だと思います。コンパクトなのでかさばらないのも嬉しいポイントに思います。収納も楽々。

後ろです。

製品ラベルです。成分や発売元の記載があります。

右上部からはがして、説明書きをよく読んでください。

めくると新しい説明書きがでてくるみたいです。初めて見るタイプです。

剥がしました。用途や使用方法の記載がありました。

剥がしたラベルの裏には、保管方法と使用上の注意がありました。省スペース問題(?)を上手く解決したやり方だと思います。

キャップを外してみました。中央には白いスポンジがあります。液体が染み出る箇所です。それを取り囲むように青いブラシが並んでいます。トゲのような感じで固いです。デリケートな素材に使う場合は注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク

ダイソーのスニーカーシャンプーを使ってみる

アディダスのスニーカーです。

  • 商品名:アドバンコート
  • 特徴:テニスシューズにインスパイアされたカジュアルな一足。
  • メイン素材:合成皮革アッパー
  • ソール素材:ラバーアウトソール

購入から半年ほどが経っています。砂利道や草むらをガシガシ歩くこともあるので、全体的にヨゴレが付着している状態です。茶色や黒に変色している部分が多いです。黄ばみや劣化などはほとんどありません。

細かいヨゴレはたくさん。目立つヨゴレもちらほら。

溝やシワに入り込んだようなヨゴレも。

横からです。

ひっくり返しました。

使ってみます。使用方法はラベルにありました。

  • 靴の汚れをブラシなどで落とします。
  • 汚れている部分に、先端のスポンジを押し当て、中の液体がしみ出たことを確認したら泡立つまで軽くこすります。
  • 時間を置かずに乾いた布で液体を完全に拭き取ります。
  • 靴を陰干しします。

という感じです。

スポンジを押し当てます。ぐー。なかなか液体が出てきません。ぐぐぐー。出てきません。ぐりぐりー。やっとでてきました。かなりの力を加えてやっと染み出てきた感じです。

液体は透明です。ニオイなどはとくに感じません。

泡立つまで擦りました。

布で拭き取りました。使った布は捨てるつもりなので、傷んだボロのタオルを使いました。

だいぶキレイになっています。シャンプーをしていない部分に比べて、ピカっとした白い輝きがあるように見えます(ちょっと大袈裟カモシレマセン・・・・)。

残りも掃除してみます。

レザーの部分が終わりました。本当は、クリーニング途中の写真をたくさん紹介する予定だったのですが、夢中になって作業をしていたら撮り忘れてしまいました。ゴメンナサイ。

スニーカーには、白い色味が戻ってきました。シワの奥に入り込んだ頑固汚れなども、ほとんどわからないような状態まで戻すことが出来ています。100円ショップの安価な商品なのにスゴイです。

ソールの汚れが気になってきました。スニーカーシャンプーの用途には、ソールにも使用できる、という記述はないのですが、”なんとなく”いける気がするのでやってみようと思います。

洗剤を垂らしたらゴリゴリ擦っていきます。ソールなら多少のキズが付いても目立たないので、手加減抜きで進めます。

先端の部分だけやってみました。奇麗になっています。問題は無さそうなので、他の箇所もやっていきます。

全体をクリーニングしました。つるつるピカピカです。

つま先の部分です。

紐の部分です。

横からです。

ひっくり返しました。

クリーニングしていないスニーカーと並べてみました。簡単に比較してみます。

つま先の部分です。光り方がまったく違っています。

ソールの部分です。adidasの立体ロゴなど、色味が全然違っています。

側面です。

一足をクリーニングした後のスポンジです。黒っぽくはなっていますが、そこまで酷い変色ではありません。ブラシは外側に広がる形になっています。使い古しの歯ブラシのような印象もありますが、へたっているわけでもありませんし、まだまだ使えると思います。

もう一足もやってしまいます。

手順は先ほどと同じです。スポンジを当てる、液体を塗る、擦る、拭き取る、という感じ。さいごに日陰で自然乾燥させたら終了です。

スニーカーのクリーニングが終わりました。白い輝きが戻ってきました。見た目に清潔感があります。購入時とほぼ変わらない、とまでは言えませんが、それに近い状態まで戻すことができました。大満足です。

メラミンスポンジを試してみました(追記:2022年4月20日)

100円均一ダイソーのスニーカー・上履き用メラミンスポンジを買ってみました。「【メラミンスポンジ】100均ダイソー「スニーカー・上履き用スポンジ」で靴を洗う」です。

スポンジの基本情報は以下です。

  • 商品名:落ち落ちV両面使えるスニーカー・上履き用スポンジ 12個入
  • 原産国:日本
  • 材質:メラミンフォーム、ナイロン不織布
  • 商品サイズ:幅3.5cm×長さ3.5cm×高さ2.3cm
  • 内容量:12個入
  • 種類:アソートなし
  • 特徴:スニーカーや上履きの汚れ落としに便利です。不織布+メラミンスポンジでメラミンフォームの耐久性を補い曲面にも使いやすいスポンジです。

ブロック状になっています。白い面がメラミンスポンジ、緑の面が不織布です。

使い方は簡単です。不織布面で大まかに汚れを落としてから、メラミンスポンジ面で軽く擦ったあとに、乾いた布で拭き取るというだけです。

左がクリーニング前、右がクリーニング後です。光り方がまったく違っています。

詳細が気になった方はリンクから移動してみてください。「【メラミンスポンジ】100均ダイソー「スニーカー・上履き用スポンジ」で靴を洗う」です。

さいごに

100円均一ダイソーの「スニーカーシャンプー」を使ってみました。

専門的な技術や知識も必要なく、簡単にスニーカーを洗浄することが出来ました。面倒なことも一切なく、ほとんど手間はかかりませんでした。汚れもしっかり落ちますし、お気に入りのアイテムになりました。

また靴が汚れたら、スニーカーシャンプでメンテナンスしようと思います。その様子もブログにアップするつもりでいます。この記事に追記予定です。よかったらまた遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。