セリアの加湿器(陶器、ペーパー、フィルター)を全部買ってみます【9種類】

整理整頓・収納

100円均一セリアの「加湿器」を買ってみます。陶器、ペーパー、フィルターなど、発売されている種類を全て揃えるつもりです。サイズやデザイン、使い勝手をまとめてみようと思います。セリアの加湿器が気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事>>>100均ダイソーの「加湿器」を8種類買いました【2021年】

スポンサーリンク

セリアの加湿器売り場

衣料品のコーナーです。靴下、スリッパ、ベルト、アイスジェルなどが並んでいます。

お目当ての加湿器がありました。衣料品のジャンルに区分けされるようなアイテムではない気もするのですが、この店舗では衣料品のコーナーに陳列してありました。

手に取ってみました。フラワーがプリントされた加湿器です。淡いデザインで質感がいいように思います。ほかの加湿器にも簡単に目を通しましたが、なかなか雰囲気もよく期待できそうな感じでした。買って帰ります。

買い物カゴに詰め込みました。レジでお会計を済ませたら帰ります。

スポンサーリンク

セリア加湿器の種類

9種類の加湿器を買ってきました。一覧です。

  • 素焼き加湿ポット(もみの木型)
  • 素焼き加湿ポット(ペンギン型)
  • 素焼き加湿ポット(サボテン型)
  • 加湿ペーパー(スタンドタイプ)
  • ナチュラル加湿フィルター(ツリーグリーン)
  • ナチュラル加湿フィルター(エッフェル塔)
  • ナチュラル加湿フィルター(レモンフラワー)
  • ナチュラル加湿フィルター(北欧風)
  • ナチュラル加湿フィルター(窓際のネコ)

陶器タイプが3つ、ペーパータイプが1つ、フィルタータイプが5つです。詳しく見ていきます。

素焼き加湿ポット(もみの木型)

基本情報は以下です。

  • 品名:素焼き加湿ポット(もみの木型)
  • サイズ:約縦7.8cm×横5.5cm×奥行き3.5cm
  • 材質:陶器
  • 交換期間:1シーズン(約3ヶ月)
  • 特徴:お水を注ぐだけで簡単加湿、自然気化式

裏です。使用方法、使用上の注意などの記載があります。

横です。製品情報や発売元の記載があります。

蓋を開けてみました。プチプチで丁寧に保護されています。

加湿機本体です。

白色です。乳白色のような質感もあります。形はもみの木特有のギザギザした感じです。クリスマスツリーの定番なので馴染み深いような印象があります。

触り心地はザラっとしています。珪藻土などに近いと思います。中は空洞になっているので、ほとんど重さは感じません。コンパクトなので持ち運びも楽々。収納も楽々。

上です。水を入れるための穴があいています。広めになっているので注ぎやすそうです。

表面です。刷毛跡のようなものが残っている部分があります。離れて見れば殆ど気にならないレベルのものです。

置いてみました。前からです。

横からです。厚みがそれほどないので、振動などには弱いと思います。安定感はそこまでよくないです。

素焼き加湿ポット(ペンギン型)

基本情報は以下です。

  • 品名:素焼き加湿ポット(ペンギン型)
  • サイズ:約縦7.5cm×横5.5cm×奥行き5.5cm
  • 材質:陶器
  • 交換期間:1シーズン(約3ヶ月)
  • 特徴:お水を注ぐだけで簡単加湿、自然気化式

裏です。使用方法、使用上の注意などの記載があります。

横です。製品情報や発売元の記載があります。

加湿機本体です。

白色です。ペンギン型。おっとりとした表情にも見えますが、ただの無表情にも見えます。なんともいえません。頭の形が独特です。真っ平。スパっといったように見えてしまうのは、ゲームのやり過ぎによる良くない影響のせいかもしれません。

触り心地はザラっとしています。珪藻土などに近いと思います。それなりに大きさのある加湿器ですが、中が空洞になっているので重さは殆ど感じません。

横です。お腹がぽっこり膨らんでいます。可愛い体系です。

上です。水を入れるための穴があいています。幅広です。

セットしてみました。前からです。

横からです。一つ前に紹介した植物型に比べて厚みがあります。安定感はこちらの方が高いです。

後ろからです。

素焼き加湿ポット(サボテン型)

基本情報は以下です。

  • 品名:素焼き加湿ポット(サボテン型)
  • サイズ:約縦8cm×横6cm×奥行き6m
  • 材質:陶器
  • 交換期間:1シーズン(約3ヶ月)
  • 特徴:お水を注ぐだけで簡単加湿、自然気化式

裏です。使用方法、使用上の注意などの記載があります。

横です。製品情報や発売元の記載があります。

加湿機本体です。

白色です。乳白色のような質感もあります。サボテンを模した形です。大小2本のサボテンが寄り添うデザインになっています。鉢は浅めで平たい形状です。。

触り心地はザラっとしています。珪藻土などに近いと思います。中は空洞になっているので、ほとんど重さは感じません。コンパクトなので持ち運びも楽々。収納も楽々。

横です。

上です。穴から覗き込んでみると、小さなサボテンの方まで空洞になっているのが見えます。

セットしてみました。前からです。

横からです。

今までに見てきた、素焼き加湿ポット(もみの木型)、素焼き加湿ポット(ペンギン型)、素焼き加湿ポット(サボテン型)を並べてみました。

斜めからです。

加湿ペーパー(スタンドタイプ)

基本情報は以下です。

  • 品名:加湿ペーパー(スタンドタイプ)
  • サイズ(約):縦11cm×横9cm
  • 材質:紙
  • 使用期間:約1ヵ月
  • 特徴:水を入れた器に立てるだけで簡単加湿

裏です。使用方法、交換時期について、使用上の注意などの記載があります。

ハリネズミのデザインです。パフェの横に座ったり、中に入り込んだり、下から見上げたり、様々なポーズのハリネズミがプリントされています。使われている色の数は多いのですが、淡い感じでまとめられているので、そこまで派手なイメージにはなっていません。明るくて賑やか、ぐらいの印象です。デザインのクオリティが高いので、インテリアとしてお部屋に飾るのも楽しいかもしれません。

説明書の記載通りに組み立てます。

パーツを切り込みに差し込み、形を整えてご使用ください。

という感じです。

置いてみました。上から見ると十字の形になっています。グラつきなどは殆どありません。安定感はいいです。

ナチュラル加湿フィルター(ツリーグリーン)

基本情報は以下です。

  • 品名:ナチュラル加湿フィルター(ツリーグリーン)
  • 材質:ポリエステル不織布
  • 使用期間:1ヵ月~1シーズンが目安
  • 特徴:お部屋にうるおい、香りを加えて癒し効果

パッケージの裏です。特徴、使用方法、使用上の注意の記載などがあります。

グリーンのカラーです。淡い感じの色味なので、優しい雰囲気に見えます。小さな白いドットがいくつも入っています。規則正しい並びです。一つ前に紹介した、加湿ペーパー(スタンドタイプ)の背景に近い雰囲気があります。縁は葉っぱ型に作られています。独特のデザインです。不規則な波模様にも見えます。なかなかクセのある形状だと思います。

斜めからです。

拡大です。

手に持ってみました。ツルっとした触り心地です。ただ、小さな凹凸が連続しているので、滑らかという感じではありません。

ほどよい弾力があります。端のほうを持っても、折れずに形を維持します。クリアファイルなんかに近い弾力感だと思います。

裏です。白色。表のデザインが薄っすら透ける感じがあります。

セットしてみました。

フィルターに折り目を付けて入れるなど、お好きな形をアレンジして楽しむ事もできます。ハサミでカットもできます。

ということです。

水を入れた器にアロマオイル液を入れると、湿った空気と一緒に香りが優しくお部屋に広がります。

という説明もあります。

アイデア次第で楽しみ方の増えそうな加湿器です。

ナチュラル加湿フィルター(エッフェル塔)

基本情報は以下です。

  • 品名:ナチュラル加湿フィルター(エッフェル塔)
  • 材質:ポリエステル不織布
  • 使用期間:1ヵ月~1シーズンが目安
  • 特徴:お部屋にうるおい、香りを加えて癒し効果

パッケージの裏です。特徴、使用方法、使用上の注意の記載などがあります。

この製品はインターシップ制度により、大阪樟蔭女子大学の学生とのコラボレーションにてつくられました。

という説明書きもありました。なにやらストーリーのありそう(?)な商品です。

中央には白く影の入ったエッフェル塔。左右には木々とビルの群れ。上部にはグラデーションチックの夜空。そこには花火を模した柄(お花のイラストに見えます)。デザイン性の高い加湿フィルターです。

斜めからです。

拡大です。

裏です。

コップにセットしました。お洒落な加湿フィルターです。透明の容器を使うと、デザインの良さを楽しみやすいです。

ナチュラル加湿フィルター(北欧風)

基本情報は以下です。

  • 品名:ナチュラル加湿フィルター(北欧風)
  • 材質:ポリエステル不織布
  • 使用期間:1ヵ月~1シーズンが目安
  • 特徴:お部屋にうるおい、香りを加えて癒し効果

パッケージの裏です。特徴、使用方法、使用上の注意の記載などがあります。

ホワイトの下地にブラックでイラストがプリントされています。モノトーン調です。上品な印象があります。イラストは、野菜や果物などがメインになっています。遊び心のあるようなデザインに見えます。一つ前に紹介した、ナチュラル加湿フィルター(エッフェル塔)とは、また違ったオシャレさのある加湿フィルターです。

斜めからです。

拡大です。

裏です。どこになんのイラストが判るぐらい透けて見えます。

コップにセットしてみました。

ナチュラル加湿フィルター(レモンフラワー)

基本情報は以下です。

  • 品名:ナチュラル加湿フィルター(レモンフラワー)
  • 材質:ポリエステル不織布
  • 使用期間:1ヵ月~1シーズンが目安
  • 特徴:お部屋にうるおい、香りを加えて癒し効果

パッケージの裏です。特徴、使用方法、使用上の注意の記載などがあります。

花弁はイエロー、葉っぱはネイビーです。どちらも落ち着いた色味なので、煩い感じなどはありません。大人っぽいデザインになっています。北欧っぽい雰囲気もあるように思います。

ちなみに、商品名はレモンフラワーです。レモンの花がプリントされているのか、と思って確認してみたら、まったく違っていました。レモンの花は、花弁が細くて繊細なイメージでした。

斜めからです。

拡大です。

裏です。

透明のグラスにセットしてみました。

ナチュラル加湿フィルター(北欧風)とナチュラル加湿フィルター(レモンフラワー)を並べてみました。

大きく写してみました。柄の比較などがやりやすいと思います。

ナチュラル加湿フィルター(窓際のネコ)

基本情報は以下です。

  • 品名:ナチュラル加湿フィルター(窓際のネコ)
  • 材質:ポリエステル不織布(本体)/ポリエチレン(ジョイント)/ポリプロピレン(透明クリップ)
  • 組立寸法(約):幅125×奥行50×高さ153mm
  • 特徴:自然蒸発でお部屋を優しく潤します。水にアロマオイルを入れると、香りも広がります。

裏です。セット内容、使い方、使用上の注意などの記載があります。

中身をすべて取り出しました。入っていたのは以下のアイテムです。

  • 加湿器本体
  • ジョイント
  • 透明クリップ(2個)

詳しく見ていきます。

加湿機本体です。猫さんのシルエットになっています。

ジョイントです。2か所に切り込みが入っています。

透明クリップです。滑らかな曲線です、というぐらいの感想しか思い浮かびません・・・。

説明書に使い方(組み立て方)の記載がありました。

  • 黒い面が外になるように本体を折り曲げる
  • 切り込みにジョイントを差し込む
  • 本体を透明クリップで挟む

それに倣って作業をしました。難しいことは何もなかったので、30秒ほどで組み上げることができました。

ジョイントで固定している部分です。

透明クリップで固定している部分です。

ダイソーにも猫デザインの加湿器が売っています。セリアのものよりポップな印象で、楽しい感じの加湿器になっています。「ダイソーのペーパー加湿器を全種類買ってみます【電気不要のエコ加湿】」で紹介しています。気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さいごに

100円均一セリアの「加湿器」をたくさん買ってみました。

デザイン性の高いものが多い印象です。加湿の目的だけでなく、飾り目的でも楽しめるように思います。楽しく乾燥対策ができそうです。

セリアで新しい加湿器を見つけたら、また購入してレビューをしようと思います。この記事に追記していきます。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、さいごまでありがとうございました。