100均ダイソーの「リメイクシート」を全種類買ってみた【23種類】

整理整頓

100円均一ダイソーの「リメイクシート」を買ってみます。レンガ調や木目柄など、発売されているデザインを全て揃えるつもりです。サイズや種類、使い勝手をまとめてみようと思います。ダイソーのリメイクシートが気になっている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事>>>セリアの「リメイクシート(カッティングシート)」を全種購入レポート【24種類】

スポンサーリンク

ダイソーのリメイクシート売り場

リメイクシートのコーナーです。すきまテープ、結露給水パネル、クッションシートなどが並んでいます。

すぐ近くの売り場には「100均ダイソーの「マグネットフック」をたくさん買ってみました【16種類】」や「100均ダイソーのフック(シート、粘着)を”たくさん”買ってみました【2021年】」が置いてありました。

リメイクシートが並んでいます。柄のバリエーションが豊富です。パっと見ただけでも20種類以上はあります。

手に取ってみました。木目柄のシートです。包装越しでも質感は良さそうに見えます。上手く使いこなせれば、オシャレインテリアなんかも作れそうです。期待できそうな感じがあります。

買い物カゴに詰め込みました。

レジでお会計を済ませました。想像していたより種類が多かったので、なかなかのお値段になってしまいました。100円均一で使う金額にしては、少し高い気がします。オコヅカイガ。

それでは帰ります。

ダイソーリメイクシートの種類

23種類のリメイクシートを買ってきました。一覧です。

  • リメイクシート(板壁風ナチュラルウッド)
  • リメイクシート(板壁風シャビーシックブラウン)
  • リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)
  • リメイクシート(板壁風シャビーシックブルー)
  • リメイクシート(組木風木目柄)
  • リメイクシート(オールドウッド)
  • リメイクシート(細レンガ)
  • リメイクシート(ベーシックレンガ)
  • リメイクシート(古レンガ)
  • リメイクシート(モルタル)
  • リメイクシート(木目調柄モダンウッド)
  • リメイクシート(木目調柄ホワイト)
  • リメイクシート(木目調ブラウン)
  • リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)
  • リメイクシート(カラーウッド)
  • リメイクシート(ビンテージウッド)
  • リメイクシート(ビンテージ木目調)
  • リメイクシート(レンガ柄アイボリー)
  • リメイクシート(レンガ柄ダーク)
  • リメイクシート(カラータイル柄)
  • リメイクシート(コンクリート柄)
  • リメイクシート(大理石柄ホワイト)
  • リメイクシート(レザー調ブラック)

商品名が似ているものも多いです。ちょっとややこしい感じがあります。

サイズは2種類あります。90×45cm(左)と80×30cm(右)です。

90×45cmは10種類あります。先ほど紹介した一覧の、リメイクシート(板壁風ナチュラルウッド)からリメイクシート(モルタル)までです。

80×30cmは13種類あります。先ほど紹介した一覧の、リメイクシート(木目調柄モダンウッド)からリメイクシート(レザー調ブラック)までです。

細かく見ていきます。まずは、90×45cmのリメイクシートからです。

リメイクシート(板壁風ナチュラルウッド)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(板壁風ナチュラルウッド)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

パッケージを開けると、独特のニオイがありました。ゴムっぽいというのか、化学系のニオイです。時間の経過とともに薄れていくような感じはあります。

商品パッケージでは、製品の仕様や特徴が簡単に紹介されています。

気になる(?)特徴の部分だけ抜粋します。

  • インテリアの模様替えに
  • キズや汚れの目隠しに
  • 収納BOXや小物をリメイク

となっています。

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

ナチュラルな木目調です。柔らかい色味で優しい印象があります。黄色みの強いアイボリーという感じです。それほど主張は強くないので、自宅のインテリアにも組み込みやすいと思います。「【DIY】無印スタッキングシェルフ風の棚を手作りするよ。2段式で寝室収納に」で仕上げたラックと似たイメージがあります。

斜めからです。

拡大しました。表面はザラっとした手触りになっています。

裏です。1cm単位のメモリが付いています。リメイクシートは必要な長さにカットして使うことも多いです。サイズを整えて使いたい場合に便利だと思います。

拡大しました。水色のデザイン。見やすいです。

付属していた、はくり紙はがし用シールを使ってみます。

はがし用シールをシールとはくり紙のコーナーに貼り、開くようにしてはくり紙からはがします。

イラスト付きでわかりやすいです。「100均ダイソーの「クッションシート」を全種購入しました【10種類】」にも似たようなシールが付いていました。

簡単にはがすことができました。こういったフィルム状のシートは、なかなか剥がれずイライラすることも多い(?)のですが、はがし用シールを使えば簡単でした。セリアのリメイクシートには付いてなかったので、ダイソーのリメイクシートは親切だなと思います。

リメイクシート(板壁風シャビーシックブラウン)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(板壁風シャビーシックブラウン)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

シャビーシックです。古く傷んだような板を繋ぎ合わせた柄になっています。濃いブラウンと薄いブラウンがいい塩梅で入っています。重厚感があって落ち着いた印象です。渋い感じもあります。

ここ最近、ニトリの家具でこういったデザインが増えたように思います(気のせいかもしれませんが・・・)。流行りでしょうか。

セリアの水性ニスとSPF材を使って、似たようなデザインのボードを作ったことがあります。「【ブツ撮り】撮影用の背景ボード(木製)を自作するよ!材料はケーヨーデイツーのSPF(1×4)材【DIY】」で紹介しています。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

古材を繋ぎ合わせたようなデザインになっています。ホワイトのカラーが基調。白い木壁はおしゃれなカフェや北欧インテリアで目にすることも多いです。リメイクシート(板壁風シャビーシックブラウン)とはまた違った雰囲気で、シーンによって使い分ける楽しみもあると思います。「【DIY】アンティーク風「小物収納」を手作りするよ。材料はセリアとダイソーで入手」とも”少しだけ”似ているかもしれません。

斜めからです。

拡大しました。

リメイクシート(板壁風シャビーシックブルー)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(板壁風シャビーシックブルー)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

今までに見てきた、リメイクシート(板壁風シャビーシックブラウン)やリメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)に比べて、レトロ感が強くでているように感じます。淡い青色の印象のせいでしょうか。白藍色に近い色味だと思います。

斜めからです。

拡大しました。

リメイクシート(組木風木目柄)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(組木風木目柄)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

複数の板を張り合わせたデザインです。ベーシックな柄で落ち着きがあります。ナチュラルな色味はクセがありません。家具のリメイクや雑貨のアレンジで活躍する機会も多いシートだと思います。以前に住んでいたマンションのフローリングがこんな感じで、という話を書こうか迷ったのですが、たいして中身の無い内容な気がして辞めることにしました。

斜めからです。

大きく撮りました。

リメイクシート(オールドウッド)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(オールドウッド)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

長方形の板を張り合わせたデザインです。木材らしいブラウンに加えて、ブルーやグリーンなども使われています。経年劣化で傷んだような雰囲気が出ていてアンティーク的です。モザイク柄ともいえるかもしれません。

斜めからです。

拡大しました。

リメイクシート(細レンガ)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(細レンガ)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

薄い岩を積み上げたようなデザインです。柄の凹凸模様は細かく作られています。全体的にかっこいいイメージです。スタイリッシュな印象もあります。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(ベーシックレンガ)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(ベーシックレンガ)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

レンガ柄です。リメイクシートでは定番のデザインだと思います。全体的にオレンジ系統の色が強く出ています。明るい印象です。並んでいるレンガの大きさに決まりはなく、大小様々なサイズがあります。不揃いな感じも楽しいです。凹凸感の強いデザインなので、主張自体は強いように思います。立体感を活かしたアレンジなんかができたら楽しそうに思います。

斜めからです。

拡大しました。

リメイクシート(古レンガ)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(古レンガ)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

古いレンガデザインです。一つ前に紹介した、ベーシックレンガとは、まったく違った雰囲気を持っています。全体的にぼやっとしたプリントで、可愛らしい印象があります。クレヨンで書きなぐった感じ、というのでしょうか。いい雰囲気です。淡い色味が使われているので、立体的なレンガデザインでも主張がそこまで強くありません。使いやすそうです。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(モルタル)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(モルタル)
  • サイズ:約90×45cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤、紙

裏です。使用方法、使用上の注意、保管方法などの記載があります。

モルタルです。落ち着いたグレーのカラーが基調です。そこに濃いめのグレーで模様が入っています。無機質で冷たい感じがカッコイイです。じっくり眺めると、和紙っぽいような雰囲気も感じます。

セメントやらコンクリートやらモルタルやらというのは、イマイチ違いが判らなかったりします。その辺りは、なんとなくの雰囲気でやっています・・・。「【DIY】おしゃれな「セメント鉢」を手作りするよ!観葉植物のディスプレイを楽しむ【作り方】」などもそうです。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(木目調柄モダンウッド)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(木目調柄モダンウッド)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

ここからは、サイズ80×30cmの紹介となります。

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

木目は横に流れるようなデザインです。ストライプ模様のような雰囲気があります。スタイリッシュでおしゃれなシートだと思います。落ち着いたブラウンのカラーなので、どんな場所とも馴染みやすく汎用性は高そうです。

斜めからです。

横からです。

裏です。1cm単位のメモリが付いています。リメイクシートは必要な長さにカットして使うことも多いです。サイズを整えて使いたい場合に便利だと思います。

90×45cmのリメイクシートの裏面は、白と水色のデザインとなっていましたが、80×30cmのリメイクシートの裏面は、白と黒のモノクロデザインとなっています。

拡大しました。点線と実践で長さの区切りが付けられています。見やすいです。

付属していた、はくり紙はがし用シールを使ってみます。90×45cmに付属していたものと同じみたいです。

奇麗にはがすことができました。はくり紙は透明のフィルム状でした。

リメイクシート(木目調柄ホワイト)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(木目調柄ホワイト)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

ホワイトのカラーです。光の当たり方もあって確認できないかもしれませんが、薄っすらとした木目模様が入っています。ただの単色リメイクシートに比べて、おやっ、と思うおしゃれ加減があるかもしれません。デザイン自体は安定しているので、インテリアにも使いやすいと思います。

ブログではまだ紹介していないのですが、猫さんのベッドをこんなデザインにアレンジしたことがあります。「猫のソファベッドをDIY。イケアの人形用ベッド(ドゥクティグ)をアレンジします。」です。近々更新”予定”です。

斜めからです。

拡大です。よく目を凝らすとシワっぽい木目が確認できると思います。

リメイクシート(木目調ブラウン)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(木目調ブラウン)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

落ち着きのあるテイストで重厚感があります。木目は細かく刻まれている感じです。カラーは濃い茶色。ウォールナット系だと思います。「ダイソーの「水性ニス」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」より、さらに深い色合いです。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(板壁風シャビーシックホワイト)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

木板を繋ぎ合わせたようなデザインです。「【DIY】パソコンデスクを手作りするよ!天板を作ってIKEAの脚に乗せるだけの簡単設計【作り方】」と似ています。白が基調です。下地の木材が所々透けていて、古材のような雰囲気も出ています。節などもしっかり再現されていて作りが丁寧な印象です。

斜めからです。

大きく写しました。

リメイクシート(カラーウッド)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(カラーウッド)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

複数の板を張り合わせたような柄です。塗料がかすれていたりする個所も多くあるので、ビンテージテイストのシートだと思います。節や年輪などはしっかり印刷されています。ブルー、ホワイト、ブラウンなど、カラフルな色使いではありますが、どれも薄っすらした色味なので派手さは出ていないように思います。どちらかというと穏やかな印象です。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(ビンテージウッド)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(ビンテージウッド)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

おしゃれで優しいデザインです。塗料がひび割れていたり、捲れていたり、時間の経過で傷んだような跡がいくつもついています。全体的にあっさりとした色合いなので、主張はそこまで強くありません。ひとつ前に紹介した、カラーウッドを淡くした感じです。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(ビンテージ木目調)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(ビンテージ木目調)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

ビンテージ感が強いです。時間の経過で傷んだような跡がいくつもついています。焼いて焦がしたような雰囲気もあります。インパクトの強いデザインなので使いどころは限られそうです。アイデア勝負かもしれません。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(レンガ柄アイボリー)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(レンガ柄アイボリー)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

王道のレンガデザインだと思います。インスタグラムなどでも見かける機会が多く、人気の高そうなアイテムです。プリントされているレンガは、1つ1つ形やカラーが違っています。不揃いでシンプル過ぎないところも魅力だと思います。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(レンガ柄ダーク)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(レンガ柄ダーク)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

色濃くハッキリとしています。独特の赤みも混じっていて印象の強いデザインです。広い面積にドンっと貼ると、圧迫感のようなものがでるかもしれません。ちょっとした部分で、アクセント的に使うと上手く纏まりそうな感じがします。センスが問われそうです。

斜めからです。

大きく写しました。

リメイクシート(カラータイル柄)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(カラータイル柄)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

アイボリーが基調のタイルモチーフデザインです。トルコ雑貨のような可愛らしさがあります。タイルには清潔感もあるので、水回りとの相性もいいように思います。シートの向きは、縦方向でも横方向でも使いやすそうです。

こんなデザインのコースターを作って失敗したことがあります。「【失敗です】ガラス「タイルコースター」を手作りするよ。流行りのダイソー(100均)DIYにチャレンジ【作り方】」です。

斜めからです。

拡大です。キラキラと光っています。さりげない感じで上品さがあります。

リメイクシート(コンクリート柄)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(コンクリート柄)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

四角形の石を敷き詰めたような柄です。穴が開いていたり、傷がついていたり、影がついていたり、デザインの作りは細かいと思います。ゴツゴツっとした質感も伝わってきます。シートの柄自体は特徴的ですが、ほんのりした色合いで描かれているので印象は薄めに感じます。

斜めからです。

拡大です。

リメイクシート(大理石柄ホワイト)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(大理石柄ホワイト)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

白とグレーのマーブルです。本物の大理石に見られるような光沢感があります。光を反射する感じです。テカり感の強いシートは、何とも言えないチープさが出てしまったりするのですが、このシートからはそういった印象は出ていないように思います。いいバランスです。

斜めからです。

拡大です。ツルっと滑るような触り心地です。

リメイクシート(レザー調ブラック)

基本情報は以下です。

  • 品名:リメイクシート(レザー調ブラック)
  • サイズ:約80×30cm
  • 材質:塩化ビニル樹脂、アクリル系粘着剤

裏です。用途、使用方法、保管方法、使用上の注意などの記載があります。

レザーです。離れて見るとブラックのワンカラーのように見えますが、近くで見ると革特有のシワ模様を確認することができます。艶無しのマットな質感。重たい雰囲気があります。無地のリメイクシートは、柄を繋ぎ合わせる必要がないので複数枚の使用にも向いていると思います。広い面積をアレンジしたい場合などに活躍しそうです。

斜めからです。

拡大です。

23種類のリメイクシートの紹介が終わりました。続いて、DIY実例の紹介です。

 

リメイクシートを使ったDIYアイデア

リメイクシートの使用例を紹介します。DIYの材料として活用していることが多いです。

猫のトイレカバー

猫のトイレカバーです。「やはり、トイレはおしゃれで清潔じゃないと」という事で作ってみました。

外壁と屋根にリメイクシートを張っています。使っているのは、レンガ柄ホワイトと木目調柄キャメルです。ナチュラルで優しいイメージ。素朴で可愛い感じに作れたんじゃないかと思います。家の中に置いてあっても、雰囲気をぶち壊さないぐらいの仕上がり(?)にはなっているハズです。

サイドには採光窓があります。トイレカバー作りで一番拘ったポイントです。

魚の形にダンボールをくり抜いて、裏側からトレーシングペーパーを張っています。白いレンガ調に、白っぽいトレーシングペーパーなので、目立ち過ぎる事もなく上手く溶け込んでいると思います。ダンボールの厚み分凹んでいるのが何となくオシャレです。

くり抜いた魚のパーツは、左下に貼り付けています。2匹が泳いでいるみたいで可愛いと思います。

リメイクシートにシワが寄ってしまったのは失敗ポイントです。もう少し上手く貼りたかった。

個別記事ではリメイクシートの貼り付け以外に、素材となっているダンボールの購入、組み立てなども紹介しています。気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。「猫のトイレカバーを手作り!材料はダンボールと100均リメイクシート【DIY】」です。

猫のダンボールハウス

猫のダンボールハウスです。「猫ちゃんの住まいは居心地よくオシャレに」という事で作ってみました。

トイレカバーと似たような仕様になっています。材質はダンボール。リメイクシートを貼って、ちょっとオシャレにアレンジしています。使っている柄は、外壁に漆喰調、屋根に淡い木目調。共にセリアの商品です。

十字の採光窓です。白い漆喰壁に、白っぽいトレーシングペーパーなので、目立ち過ぎる事もなく溶け込んでいます。ダンボールの厚み分凹んでいるのが何となくオシャレに感じます(トイレカバーの時も同じコメントを書いた気が・・・)。

猫さん、警戒して入らない結末でした。

ダンボールハウス以外にも、クロネコヤマトの猫トラック号を作っていたりします。びっくりする程の低クオリティですが・・・。「【DIY】猫のダンボールハウスを手作り。リメイクシートでおしゃれアレンジ」で紹介しています。

さいごに

100円均一ダイソーの「リメイクシート(カッティングシート)」を買ってみました。

デザインのラインナップが豊富です。使用する場所に合わせてピックアップ出来たら、有効活用できるのかなと思います。

リメイクシートを使ったDIYをやる計画があります。ブログで紹介予定です。この記事にも案内を書きます。よかったら、また遊びに来てください。それでは最後までありがとうございました。