セリアの「アルミラックシリーズ」を買ってみたよ。

インテリア

必用もないのにセリアの「アルミラックシリーズ」を買ってしまった、というお話です。組み立て方や使い勝手、レビューを紹介します。

スポンサーリンク

アルミラックシリーズの売り場

ポーチやナップサック、布団収納袋などが置いてある収納コーナーです。アルミラックシリーズは、クラフトラックと同じ商品棚に置かれていました。

クラフトラックについては、「【100均】クラフトラック(セリア)で簡単な棚を作るよ。リビングに置いて鞄の避難所にする予定です。」で紹介しています。よかったら、チェックしてみてくださいね。

下の陳列棚には棚板が置かれています。グレーの格子状が、アルミラック専用の棚板です。

買い物かごに詰め込みました。

お店に長くいると、余計なものまで欲しくなってきてしまいます(アルミラック自体が余計なも・・・)。

無駄遣いしないように、レジに直行してお会計を済ませます。

アルミラックを買ってみた

帰ってきました。購入したパーツは以下です。

  • 組立用部品「アルミパイプ」2本入り(長さ 280mm)×6
  • 連結用部品「L型ジョイント」2個入り、コーナー・タテ方向連結用×4
  • 組立用部品「棚板(大)」1枚入り(サイズ324mm×324mm 厚さ5mm)×2

アルミラック(Aluminium Rack)というシリーズになります。細かく見ていきますね。

アルミパイプです。パッケージは緑色。グラデーションになっていて、右に行くほど色が薄くなっています。

Aluminium Rackの文字だけ、丸みのあるフォントが使われています。柔らかく優しい印象です(アルミっぽくはない?)。

「インテリアに、台所に、お風呂場に」その下には、「組み合わせでレイアウトは自由自在」とあります。

使用例のイラストには、キッチンで皿やコップを乾かす時に使う「水切り」、お風呂でシャンプーやリンスを乗せる「浴室用ラック」、が描かれています。

材質が水に強い物なので、そういった場所で使う事が想定されているみたいです。

裏には「基本的な組み立て方」と「注意」があります。

組み立て方は、ジョイントパーツにアルミパイプを差し込むだけです。簡単です。

注意書きは、「廃棄の際は各地域のゴミ収集ルールに従って捨てて下さい。」などの内容です。全部で9項目あります。

発売元は「natuko65」といいます。なんだか珍しいですよね。オンラインゲームでよく見るハンドルネームみたいな感じです。気になったので以前、調べたことがあります。

natuko65は、有限会社オクダ(広島県で創業80年以上)の自社ブランド。「オクダ品質の証」というキャッチコピーがあります。

気になっている方がいるかはわかりませんが、社長の名前はナツコさんではありません。

封を開けようと思ったら、セロハンテープでガッチリ留められていました。元のパッケージの粘着が弱かったから補強をしたんだと思います。

セロテープは結構雑な感じで留まっていました・・・(100円の安い商品なので、あまり文句はいえません・・・)。

中身を取り出しました。

軽いです。片手で軽々持ち上げることが出来ます。しっかりとした作りで、安っぽいような、チープな感じはありません。

表面は歯車のようにギザギザしています。滑り止め効果(?)にもなっていて握りやすいです。

近づけて写しました。細かな溝がいくつもあります。特徴的だと思います。

上から覗き込むとこんな感じです。厚みは1mmほど。

見た目の印象とは違い(?)頑丈です。力を掛けても、曲がったりすることはありません。

家庭用のカッターやハサミでは、加工をすることはできないと思います。カットして長さを調節したい場合は、専用の工具が必要になります。

端(切断面?)は、比較的滑らかです。若干ザラっとする感じはありますが、指で撫でても引っかかったりすることはありません。

すべて取り出しました。

長さにばらつきなどはありません。どれもピッタリで同じサイズです。測ったわけではありませんが、厚み(直径)も均一だと思います。

棒同士がぶつかると、カチャカチャ音がしてうるさいです。響くような高い音なので耳に付きます。

続いて、連結用部品の「L型ジョイント」です。

アルミパイプのパッケージ同様、活用例がプリントされています。水切りと浴室用ラックですね。こちらの方が印刷が大きくて見やすいです。

裏面です。「基本的な組み立て方」と「注意」があります。

品質表示によると、材質はPP(ポリプロピレン)みたいです。無印の引き出し収納なんかでも使われているやつですね。捨てるのが面倒な・・・。

基本的な組み立て方は、こんな感じで紹介されています。解説文に加えてイラストもあり、わかりやすいです。色付きの矢印なんかも見やすい。

中身を取り出しました。

入っていたのは連結用部品(2個)、天キャップ、用紙です。

用紙です。上手くいかないときは「こんな感じで対処して」という指南書みたいです。

「アルミラックシリーズ」

パイプとジョイントの組み立てについて

パイプとジョイントの差し込み時に少しゆるいと思われる場合はパイプにテープ等を巻いて組み立ててください。

パイプとジョイントの差し込み時にきつい場合は、ねじ込みながら差し込むか、プラハンマーなどで、軽くたたき込んでください。

なんだかこの用紙を読むと「作りが雑でサイズが不揃いだけどヨロシクね」という風に感じてしまうのですが・・・。大丈夫なのでしょうか。心配です。

「きつい場合は、ねじ込みながら差し込むか、プラハンマーなどで」というのは、力技で解決してね(?)という事ですよね。わかりやすい。

連結用部品です。

軽いです。手に取ると少しチープな感じがします。100円ですし、これでも十分すぎるクオリティなのかもしれません。

ツルツルとしていて触り心地はいいです。

縁の処理なんかは、ちょっと雑かもしれません。あと、擦れたような、ひっかいたような、小さなキズがいくつかついています。遠くから見れば、それほど目立ちません。

穴の奥には、アルミパイプが深く刺さり過ぎないようにするための、ストッパーがあります。

天キャップはこんな感じです。

1袋に1つしか入っていません(連結パーツ2つに対して専用キャップ1つです)。

「2つ入っていないと、バランス的におかしいのでは」とも思うのですが、安い商品なので仕方がないのかもしれません。

取り付け方は簡単で、連結パーツの穴にすっぽりはめ込むだけです。

小さいから無くさないように注意しないと。

すべて取り出しました。連結用部品8個と、天キャップ4つです。

全てのパックに一枚ずつ用紙も入っていました。折れていたり、曲がっているのは元からです。

裏面は白紙になっています。

棚板(大)です。耐荷重量は、1枚につき約8kg。中国製です。

パッケージは、アルミパイプや連結用部品と、ほぼ同じです。

棚板は、網目状(?)になっています(曲尺で測ってみたら、穴のサイズは35mm×6mでした)。

ツルツルとした触り心地です。軽いので持ち運びも楽々です。

裏側はこんな作りになっています。

2つ買った棚板のうち、1つは派手に歪んでいました。

DIYに使う木材(木板やベニヤ)を買う時は、歪みがないかなどの状態チェックを必ずするようにしているのですが、今回は特に確認もせず一番上に置いてあるものを買ってきました(プラスチックだし平気だよね、という感覚です・・・)。失敗です。

まあ棚を完成させて、重い物でも乗せて置けば、そのうち元に戻るかも知れません。気にしないでおきます。

ラベルを剥がしました。

ちなみに、歪んでいるのは左のやつです。平面に置くとグラグラ揺れます。

全パーツの開封が終わりました。組み立ての工程に移りましょう。

アルミラックを組み立てる

連結用部品にアルミパイプを差し込みます。

カチっと嵌り込むわけではありませんが、ほど良い硬さがあるので、一度挿してしまえば簡単に抜ける事はありません。

挿し込んでいくだけなので、作業自体は簡単です。

差し込んでもスカスカしていて、すぐに抜けてしまう箇所がありました。用紙に書いてあった「テープ等を巻いて」という解決法を試してみます。

マスキングテープです。どれだけ巻いたらいいのかわからなかったので、とりあえず1周半巻いてみました。

差さらなくなりました。巻く量が多過ぎたようです。

一度外して、テープを1周にしてみました。ぴったりサイズです。スルっと抜けてしまう事もなく、良い感じに収まっています。

作業を進めていきます。

今度は、硬くて入らない箇所がありました。

ねじりながら差し込んだり、体重を掛けながら押し込んだり、色々試してみたのですが、穴のサイズとパイプのサイズが違い過ぎて(?)入っていく気がしません。

ハンマーで叩いて差し込む解決法に切り替えます。

叩いた時に変形しないよう、使うのは、プラスチック製、木製、ゴム製など、やわらかめの素材で出来たハンマーがベストだったかもしれません。

ただウチには、カインズホームで買った金属製のハンマーしかありませんでした。

  • CAINZパイプ柄ネールハンマー(225g)重心が打撃側にあり、釘打ち時に安定。

しかたがないので、タオルで保護しながら優しくトントン叩いて作業を進めます。

10回ほど叩いたところで、奥まできっちり刺さりました。

あとは、左側の四角形を右側の骨組みに被せれば完成です。

できました。4隅に軽く体重をかけて、奥までパイプを押し込む所まで終わらせています。

ここまで掛った時間は10分ほどです。ブログ用の写真を撮りながらの作業だったので、製作だけに集中すれば、5分もかからないと思います。

棚板を取り付けます。

棚板の裏側についている突起部分を、連結用部品の穴に差し込みます。

できました。ひっくり返して見ると、こんな感じになっています。

そうそう、コツというか注意点なのですが、アルミパイプが奥までキッチリ差し込まれていないと、棚板の突起と連結用部品の穴の位置が合わなくなります。

完成です。

上段にも取り付けました(歪んでいる方の棚板なので、微妙に収まりが悪いデス・・・)。

さいごに、天キャップをはめます。

親指で力いっぱい押し込んでも、ここが限界でした。2mmほど浮き上がっています。カッコ悪いです。

アルミパイプをねじ込んだ時に使った、カインズホームのハンマーで叩くことにします。

いい感じになりました。残りの3箇所にもキャップを付けたら完成です。

アルミラックの完成

フレームのアルミパイプは細目で、棚板はメッシュ状です。スタイリッシュな感じがしてオシャレに感じます。側板や背板もないオープンタイプなので、狭い部屋に置いても圧迫感は生まれにくいと思います。

棚の材質はアルミとポリプロピレンがメインです。軽いので片手で悠々持ち上げることが出来ます。楽に場所移動ができるというのは、大きなメリットに感じます。

ガタつきやグラつきは一切ありません。安定しています。安全面は問題なさそうです。

上の棚はこんな感じです。グレーでまとまっていて、全体に統一感があります。業務用(オフィス家具?)っぽい印象もあります。

下の棚です。

こういった格子状の棚板は、床にホコリが落ちるので、意外と掃除が大変だったりしますよね。

ダイソー「ジョイントラック」を買ったよ。組み立ての注意点と収納アイデア」もそうですが、定期的にやらないといけないのが、ちょっと手間に感じます。

足の下にキャスターを取り付けて、移動式のラックに改造しても面白いと思います。結束バンドなんかを使うと、簡単に出来ると思います。

角はこんな感じです。

真上からです。正方形になっています。

パーツを買い足せば、用途に合わせてサイズや形を自由にカスタマイズする事ができます。利便性は高い商品だと思います。

使い道を探してみる

目的もなく買ったので、使い道がありません。いろいろ試してみます。

まず初めに、近くにあった無印良品のトタンボックス・フタ式・小(約幅20×奥行26×高さ15cm)を置いてみました。

色味的には合っていると思うのですが、横にできた微妙な隙間が気になります。なんだか収まりが悪いです。

ミネラルウォーター(2L)を置いてみました。3本が綺麗に収まっていますが、縦のスペースが無駄になります。アルミラックの耐荷重が8kgなので、水を積み上げるのはちょっと微妙な感じです。

ちなみに、縦だと頭がつっかえてしまいます。もちろん、斜めにすれば入れることも出来ますが、取り出しにくいですし、利便性は悪いです。

他にもいろいろ試してみたのですが、「コレダ!」という使い道は見つかりませんでした。

しかたがないので、リビングの隅っこに置いて、一時的な鞄置き場として使う事にしました(サイズ感がちょっと微妙なのですが、一応、便利に使えてはいます・・・)。

関連記事>>>ワッペンで無印のリュックをアレンジするよ

追記:鉄(アイアン)風にリメイクしました

「アルミパイプ」と「L型ジョイント」を黒で塗装しました。棚板には手を加えていません。黒と銀のツートンカラーで、カッコよく仕上がったかなと思います。

作業の手順は「アルミの棚をリメイクするよ。アイアン風に真っ黒塗装【DIY】」の記事に載せています。

広場までプライマーを塗りに行った様子なども紹介していますよ。よかったら、チェックしてみて下さいね。

さいごに

アルミラック作りに掛かった費用を紹介します。

  • アルミパイプ×6
  • 連結用部品(L型ジョイント)×4
  • 棚板×2

合計で1,200円でした。

意外とお金が掛かったなという印象です。似たような種類の棚だったら、ホームセンターでもう少し安く、入手可能な気がします。まあいいでしょう・・・。

近いうちに、連結用部品を塗装しようかと思っています。「【リメイク】スチールラックをアイアン風に塗装するよ。ミッチャクロン(プライマー)を初めて使う」のように、黒で塗ってアイアン(鉄)っぽくするつもりです。

手を加えたら、この記事で紹介しますね。よかったら、また遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

インテリア
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19