パーテーション(スニーズガード)を手作りするよ。DIYでネイルサロンの飛沫対策

DIY

「ネイルサロンで使う飛沫対策用のパーテーション(スニーズガード)を作ってほしい」とお願いされました。

「腕に自信はないんだけど・・・」

という感じで返事をすると

「大丈夫、飛沫の対策が出来れば。あとのデザインとかは、ソレっぽければいいから。お願い」

という返事が

そんなわけで、急遽パーテーションを作ることになったのです。

スポンサーリンク

パーテーション(スニーズガード)の設計はこんな感じで・・・

画用紙に設計図を描いてもらいました。念のため、施術テーブルのサイズなども書き込んでもらいました。

いくつか要望もあります。

  • 透明のパネルは着脱式
  • サイズは45×60cmぐらいをカバーしたい
  • 木製でナチュラルな感じ
  • 着色はなし(保護用のクリアニスとかもいらない)
  • 倒れないように安全
  • 圧迫感はなくしたい

アルコールで消毒したいので、パネルの着脱式だけは絶対条件とのことです。あとは出来なかったら出来なかったでいいみたいです。

ちなみに、お客さんとネイリストの間に置いて使うそうです。衝立とか間仕切りとか、イメージ的には刑務所の面会室みたいな感じになるのかな(ドラマでしか見た事ありませんが・・・)。

パーテーション(スニーズガード)の材料を買いにカインズホームに行く

カインズホームにやってきました。ここは「スーパーホームセンター」と言うらしいです。次世代超大型とか、そんな意味なんですかね。

クリアパネルのコーナーです。

  • PET樹脂板
  • 低発砲塩ビ板
  • ポリプロピレン板
  • 硬質塩ビ板
  • アクリル板

透明のパネルといっても、色々種類があるみたいです。

売り場に掲示されている「材質による特徴」を参考にしながら、透明度が高くて作りのしっかりしたものを探します。

緑色のPET樹脂板というのが良さそうに感じました。

他のパネルに比べるとちょっと高価(?)な気もするのですが、自分のお金ではないので全然オッケーです

サイズは、設計図通りの45×60cmがありました。ラッキー。

溝付きの木材が売っていました。

バインダーをレール代わりにして、スライド式の着脱システムを作ろうと思っていたのですが、コレを使えば簡単に着脱システムを作ることが出来そうです。

棚から何本かを降ろして、反りや捻じれがないもの、木目の綺麗なものを選びます。できるだけ状態の良いものを使って、丁寧な完成形にしたいです。

選び終わったらレジに持っていきます。

お会計を済ませました(パネルは脇に抱えています)。

木材は、カットサービスを利用するつもりでしたが、10人以上の待ちが出来ている状態でした。

カートに山積みの人もいたので、おそらく、20分近く待つことになると思います。今回は量が多いわけではないので、自分で切り分ける事にしました。

パーテーション(スニーズガード)DIYに使う材料

持ち帰りました。透明のパネルと木材です。詳しく見ていきますね。

そうそう、長めの木ねじや、補強用のL字金具も買いましたが、細々したものは使う時にまとめて紹介するつもりです。

透明のパネルは「エコロジープラスチックPET樹脂板」という商品です。売り場で見た解説パネルによると、こんな特徴があるそうです。

  • 無公害プラスチック
  • 加工性に優れる(切る、曲げ、接着、くぎ打ち)
  • 衝撃強度に優れる

サイズは450×600mmです。厚みは2mm。材質は、変性ポリエチレンテレフタレートです(ペットボトルと親戚の樹脂だそうです)。

包装のビニールを剥がしました。

パネルの表面には保護フィルムもついています。これは剥がさずに受け渡す予定なので、このままにしておきます。

フレーム作りに使う木材です。

  • 溝付角材(約910×60mm)×3
  • 1×2(ワンバイツー)材×1

パーテーション自体が簡単な構造なので、使う木材の種類も少ないです。わかりやすくて嬉しいです。

細かく見ていきますね。

溝付角材です。

こういった溝は、トリマーという工具を使えば簡単に(?)作れるそうです。

ただ、溝が必要な場面って少ないですからね・・・。わざわざ機材を買うのはちょっと微妙な気がします。

上から覗き込むとこんな感じです。溝の深さは12mmです。

1×2(ワンバイツー)材です。

全てを角材だけで作っても良かったのですが、「足のパーツは幅が広い方が安定するかな」と思って、こちらの木材を買ってみました。

以前、収納棚を作った時にたくさん使った材料です。「【DIY】テーブルに収納棚を取り付けるよ。手作り家具のセルフリメイクに挑戦」で紹介しています。よかったら、チェックしてみてくださいね。

上から覗き込むとこんな感じです。売り場でしっかり厳選してきたので、反りや捻じれはありません。状態がいいです。

パーテーション(スニーズガード)を手作りする

「切り分け→研磨→組み立て」という手順です。

何度もやったことのある作業ばかりなので、苦戦する事もなく、スムーズに進められると思います(フラグではないです!)。

切り分け

差し金と鉛筆を使って、切り分けるポイントに印を付けていきます。大工職人は、墨付け、刻みなんて言ったりするみたいですね。

こういう言葉が自然に出て来るようになると、「それっぽい」感じになってきますが、初心者が趣味でやっているDIYブログなので、「印を付ける」でいいかなと思います。

終わりです。溝の幅分もしっかり考えて(電卓)線を引きました。

切っていきましょう。

「ライフソー木工175S」を使います。ピンクのパッケージが可愛い鋸です。ちょっとした木材の切断には、毎回コレを使っています。初心者にも扱い易くてオススメの一本です。

切れ味がいいのでザクザクいけます。

切り終わりました。

木材に溝があったら「切り心地(?)も変わるのかな」と思っていたけど、いつもとまったく変わらない感覚でした。

他の板も切っていきます。

ワンバイツーはこんな感じです。少しヨレてしまった部分もありますが、紙やすりで削れば誤魔化せる範囲だと思います。

木材の切り分けが終わりました。5カ所のカットで、かかった時間は10分程。スマートに進められたかなと思います。

忘れていました。

ラベルシールを剥がします。最近は、接着跡が残らないタイプも多くなりましたね。シール跡を除去するのって意外と面倒だったので、嬉しいです。

研磨

サンドペーパーで、切り口を中心に磨いていきます。

パーテーションは、ネイルサロンで使う物です。素手で触る機会も多いはずです。怪我に繋がらないように、丁寧に進めていきますよ。

足に使うワンバイツーを磨き終わりました。

必要以上に角を丸めすぎると、不格好になるかと思ったので、指で触っても角を感じないぐらいの丸みで仕上げました。

続きをやっていきます。

溝付角材です。切り口と表面を磨いた後に、窪みの部分もしっかり研磨しました(この部分にササクレが多かったです)。

終了です。掛った時間は、15分程だったと思います(計っておけばよかった)。

大きな家具を作る時は、この作業が終わると、疲れ切って腕が痛くなっていたりするのですが、今日はまだまだ元気です。やる気が残っています。

これぐらいの規模のDIYが向いているのかもしれません。

組み立て

コーナークランプで固定します。

今までは、「直角」を作ることに苦労していたのですが、コレを導入してからはかなり楽になりました。便利過ぎて手離せません。

途中でズレて狂いが生じないよう、ハンドルをきつめに締めています。

やりすぎると木材がミシっと潰れてしまうので、気を付ける必要がありますが・・・(経験済み)。

ちなみに、藤原産業のスタンダードブランド「SK11」の商品です。深い緑色と黄色が印象的だと思います。レトロなイメージを受けます。

ZENKEの電動ドライバーを使います。「安いから」という理由で購入した工具ですが、日々のDIYで大活躍しています。

「これから木工を始めよう」という方には、オススメのアイテムだと思います。

ZENKEについての使用感は、「【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う」で紹介していますよ。

ビスが見えないようにダボ埋めをして隠します。

そのためにまずは、ダボ用の穴をあけます。使用しているのは、大西工業の「木工用6角軸ダボ推」。直径8mmです。

深さに達するとストッパーがドリルの先進を止め、余分な回転時間をとらずバッテリーに優しい。なんて特徴があります。

有用性については、イマイチわかっていません。

上手く開きました。深さは8mmほどです。

真横にもう一つ空けます。スペースがギリギリなのでちょっと不安。

大丈夫でした。

ドリルビットを取り付けて下穴を開けます。

ビットをプラスに交換して、木ねじを指していきます。

使うのは、55mmのスリムビスです。カインズホームのPB商品(おそらく)で、大容量「激安」でした。人気があるようで、売り切れている事も多いです。

買う時は毎回「こんなに使い切れるかな」と思うのですが、意外となくなっていきます。

こんな感じで差し込みました。事前に下穴を空けておいたので、垂直にスムーズに刺さっていきました。

隣もやります。

終わりです。

逆サイドも同じ手順で作ります。途中の写真はスキップしてしまいますね。

終わりました。

今はこんな感じになっています。アルファベットのH型ですね。

足を取り付けてしまうと、ダボ埋めの作業がやりにくくなってしまうので、このタイミングで加工してしまいます。

木工ボンド(速乾)を垂らします。穴が小さいので、零さないように注意します。

木ダボを穴に差し込んだら、ハンマーで叩いて奥まで差し込みます。

写真には撮っていませんが、カンカン響くような音が鳴るので、タオルでくるんで防音対策をしています。

挿し終わりました。

飛び出している部分をカットします。使っているのは「ライフソークラフト145」という鋸です。

埋木や凸部の切断に最適。刃先が左右に開いていないので、切断箇所以外に傷が付きません。収納に便利なパッケージケース付きです。

ライフソークラフト145

ゼットソーの製品情報ページで、細かなスペックを見る事が出来ます。気になった方は、チェックしてみて下さいね。

余計な部分も少し削ってしまいましたが、比較的キレイに切断する事ができました。このあと、紙やすりで軽く磨いたら完成です。

反対側も終わらせたら、足の取り付け作業に移ります。

コーナークランプで繋ぎます。

そのまま取り付けると、接地箇所が内側に寄り過ぎてしまいます。畳んだ厚紙を挟んで、位置を調整しました。

ビスの頭が飛び出していると、机に傷が付いたり、隙間ができたり、不都合が多くなります。浅めの座ぐり穴を作って、ビスの頭が隠れるように加工しました。

あとは、下穴を空けてビスで留めるだけです。

こんな感じになりました。ネジ頭もすっぽり隠れていますし、いい感じにできていると思います。

木粉を払って綺麗にしたら完成です。

手作りパーテーション(スニーズガード)の完成

いい感じに仕上がりました。ナチュラルで優しいイメージです。素朴な感じも出ているのかなと思います。デザイン的には要望通りになっているハズです。

黙っていればバレない事だと思いますが、足の部分(写真の右奥)が若干浮き上がってしまっています。残念ポイントです。

真上からです。

角の部分はこんな感じです。溝同士がピッタリくっついていて気持ちがいいです。コーナークランプのおかげです。

厚紙で幅を調整した足の部分です。

力を入れてもグラついたりする事はありません。しっかり固定出来ています。頑丈に出来て良かった。

ダボ埋めをした部分です。丸いポチ、がアクセントになって、オシャレに見える気がします。可愛らしい感じもあります。手間のかかる作業でしたが、やってよかったと思います。

透明のパネルを載せてみました(保護フィルムを剥がしてないので半透明ですが・・・)。ピッタリ窪みにハマっています。

衝立としての機能は、バッチリ発揮するハズです。しっかりと仕切れているので、対面する人の間に設置すれば、効果的な対策になると思います。直接飛沫がかかるなんて事は無いはずです。

上に枠を作らなかったので、存在感は弱めになっているはずです。シンプルなデザインなので飽きも来ないと思います。

下の部分はこんな感じです。

全然関係ありませんが、右の方にあるのは「【DIY】ゲーム機「収納棚」を自作するよ!パイン集成材にワトコオイルでオシャレにしたい【作り方】」で作ったゲーム用の棚だったりします。

斜め上からです。

一応、人前に出しても恥ずかしくない(?)ぐらいのクオリティで作れたのかなと思っています。

(ダイジョウブデスヨネ・・・?)

さいごに

パーテーション作りに掛かった費用です。

  • 透明のパネル 2,300円
  • 木材 1,100円
  • 細々したもの 200円

合計3,600円でした。パーテーションの相場がわからないので、高いか安いかわかりませんが、自分のお金じゃないので別にオッケーです(2回目)。

ちなみに、透明のパネルを安い物で妥協すれば、2,000円ぐらいで自作する事ができると思います。

ただ、安いパネルは玩具っぽいというか、ちゃっちいというか、残念な感じが出ている物も多かったように感じます(個人的にデス)。どこまで犠牲にできるかですね・・・。

そうそう、パーテーションを店舗に設置したら、写真を送ってもらえるみたいです。写真が届いたら、この記事に画像をアップロードしようと思います。使い勝手なども聞けたら追記しますね。

よかったら、またブログに遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19