【リメイク】スチールラックをアイアン風に塗装するよ。ミッチャクロン(プライマー)を初めて使う

DIY

使い道のなくなった「スチールラック(メタルラック)」をリメイクします。黒の水性塗料で色を付けて、アイアン(鉄)風にアレンジするつもりです。アイアン特有のザラザラ感を、再現出来たらいいなと思います。

作業工程は、「塗装のみ」と単純ですが、スチールへの着色は、ひと手間掛ける必要があります。下地作りにプライマーという材料を使います。初めてなので、上手く出来るかわかりませんが、調べた限りでは簡単そうです。

掴んだコツやテクニックは紹介していこうと思います。参考にして貰えたら嬉しいです。

スポンサーリンク

リメイクに使うスチールラック

100円均一ダイソーで買った「スチールラック(商品名はジョイントラック)」です。

ジェイコムのインターネット回線機器と、専用チャンネル受信機器を乗せていましたが、契約プラン変更に伴い器具が回収されました。

デジモノ系とスチールのラックは、見た目の相性が良く気に入っていたんですけどね。インテリアとしてもカッコよかったです(言い過ぎかも)。他に使い道がなくなったので、リメイクをしてみます。

ちなみに、組み合わせているパーツは以下です。

  • ジョイントラック用「棚Ⅱ型」クロームメッキ×2
  • ポール(短)クロームメッキ×4
  • 固定部品4個組×2

パーツがバラ売りされているので、自分好みのサイズ(形)にカスタマイズする事ができます。デッドスペースの解消など、有効活用できるシーンは多いと思います。

手軽に入手できて使いやすいラックですが、100円ショップで一式を揃えると、ホームセンターで買うより「割高になるのかな」という気がしています。

詳しい説明や、使用感が気になる方は「ダイソー「ジョイントラック」を買ったよ。組み立ての注意点と収納アイデア」を覗いてみて下さい。

スチールラックを解体する

ジョイント部分を外していきます。まずは上段です。

続いて、下段です。こちらは、接合部分が硬くなって(奥までめりこんで)います。乗せていた器具類が重かったので、その影響ですかね。

逆さまにして、四隅を端材で叩きます。前回組み立てた時、ハンマーを使ったら表面のメッキが剥がれてしまいました。なので、金属より柔らかい木材を使っています。

優しくトントン叩いて、取り外しましたよ。

ポールに取り付けていた固定部品です。ガッチリ組まれていて外れません。指ではまったく動きませんし、爪を入れると割れてしまいそうです。

工具箱からマイナスドライバーを取り出して、先端を隙間に指して外しました。

ポールの下部には、グラつきやガタつきを解消するためのアジャスターが付いています。塗装する時邪魔になるので、このパーツは外してしまいます。クルクル回すだけなので簡単です。

ポールの上部に付いているゴムキャップも外します。指で引っ張るだけです。

解体完了です。写真を撮りながらの作業で、10分ほどかかりました。組み立てた時と比べると、だいぶスムーズに進みましたよ。

購入から1カ月ほどしか経っていないので、汚れや錆はありません。目立つ傷もほとんどなく、新品同様の状態です。なんだか、「色を塗るのがもったいない気もしてくる」のですが、今よりオシャレに変身する「予定」なので、気にせず進めていきましょう。

そうそう、固定部品、アジャスター、ゴムキャップは予備がありません。無くしてしまうと困るので、一纏めにして小物入れにしまっておきます。

スチールラック塗装の下準備、ミッチャクロン(プライマー)を使う

今回、スチールラックをリメイクする「要」になります。染めQテクノロジィから発売されている「ミッチャクロンマルチ」です。

金属から樹脂まで幅広い種類の素材に対し
多種多様な上塗り塗料を長期にわたって密着させるプライマーです
また、「付着性が悪い」「サンディングの手間がかかる」
「塗膜に柔軟性がない」という塗装時の"困った"も解決します

ミッチャクロンシリーズ

公式サイトの説明文です。初めて読んだときは、イマイチわかりませんでしたが、「金属やプラスチックなど、塗料の張り付きにくい素材でも、ミッチャクロンを吹き付けると、塗料が定着し易く(剥がれにくく)なる」という解釈で合っているハズ(?)です。

パッケージの裏面です。これでもかと言う程、隙間なく文字が詰め込まれています。大事な部分なのでしょうが、イマイチ読む気が起こりません。とは言っても、初めて使う材料なので、しっかり見ておく必要がありますよね・・・。

10分ほどかけて、目を通しました。特性や注意点、ガス抜きキャップの使用方法などが記載されていました。一応、半分ぐらいは理解した「つもり」です。

全てを書いてしまうと、とんでもない長さになってしまいます。詳細が気になる方は、染めQテクノロジィの「製品情報ページ」を覗いてみて下さい。「製品カタログ」から、使用方法や性能試験データなどを確認することができますよ。

そうそう、ちょっと話は変わるのですが、背景に使っているウォールナットカラーの木板はDIYしたものです。

ブログやインスタに写真を投稿する機会も多いから、「キレイに、オシャレに撮りたい」と思って作ったわけですが、イマイチ有効活用できていません。

使う機会もなかったので、今回、ここぞとばかりに取り出したのですが、微妙な感じですよね。背景と言うより、撮影スキルの問題かもしれませんが・・・。

関連記事>>>【ブツ撮り】撮影用の背景ボード(木製)を自作するよ!材料はケーヨーデイツーのSPF(1×4)材【DIY】

一応、文庫本を試し撮りした時は、いい具合にとれました。よかったら、覗いてみて下さいね。

ミッチャクロンのパッケージには、「やすりで磨く必要はない」とありますが、「ミッチャクロン(プライマー)を塗る前に表面を研磨した方が、仕上がりが美しくなる」という書き込みを見つけたので、それに倣って進める事にします。

せっかくリメイクするのだから、「多少の手間」はかかっても、高品質に仕上げたいですしね。

紙やすり(240番)を使って、ゴシゴシ磨いてみました。シルバーのメッキが剥がれて、表面の輝きがなくなっています。触った感じも、ツルツルからザラザラに変化しています。おそらく、この状態になるまで研磨するのが、正解なんだと思います。

やっていきましょう。

最後までやるには「多少の手間」では済まない事に気づきました。辞める事にします。いや、途中までは頑張ったんですよ・・。

まあ、ミッチャクロンも「研磨は必要ないからね」と言っている事ですし、いいでしょう・・・。

タオルで表面を拭いて、汚れや油分を取り除きます(脱脂作業)。こうする事によって、プライマーの付き具合が良くなるそうです。

終わりました。続いて、ミッチャクロンのコーナーですね。

賃貸のアパートに住んでいるので、自宅にスプレーをする環境がありません。外に出て作業します。

軍手、ガムテープ、ビニール袋(地面保護用)、ゴミ袋、手提げ鞄、ミッチャクロン、スチールラックを段ボールに詰め込みました。持っていく装備はこれだけで大丈夫なはずです。

それでは、移動しましょう。

準備を終わらせました。

吹きかけてみました。表面が少し曇ったかな、という印象はありますが、大きな変化はありませんね。こんなものなのかな。

シンナーの匂いがすごいです。マスクは持ってきてないんですよね。吸い込むと危なそう。

それと、風向きを考えないと、全部自分にかかりますね。汚れてもいい服でくればよかった。

ポールへの塗布が終わりました。通行人が通るたび、怪しい目で見られますが、気にしてはいけませんね。まだまだ作業は始まったばかりですし・・・。

棚板です。針金みたいな細い部分は、しっかり塗れているのかイマイチわかりません。

1度塗り目が終わりました。乾燥目安は、15分から20分との事です。

おやつを持ってきたので、食べながら待ちます。ピクニック気分です(生憎の曇り空ですが)。

ボトラッテ(カフェラテ)は、甘さ控えめで飲みやすいです。香りが良くて、気に入っています。疲れた時(DIY)の休憩に、よく飲んでいます。チョコレートクッキーとも相性抜群です。

謎のお菓子宣伝コーナーを挟んだ所で、次に移ります。

2度塗りを終えて帰宅しました。ミッチャクロンはしっかり付着しているはずですが、見た目に変化があるわけではないので、「やった感」がありませんね。大丈夫かな、と不安になります。

スチールラックをアイアン風にペイントする

ターナーミルクペイントのインクブラックを使います。「DIYを安全に気軽に楽しむために、原料にこだわった本格派オリジナルペイント!」という事で、高い安全性を謡っている水性塗料です。

ノビが良くて塗りやすく、マットな発色が可愛いです。嫌な臭いもほとんどないので、室内でも扱いやすいです。無くなるたびにリピート購入していますよ。ペイント初心者の方にもオススメです。

使い捨てのビニール手袋を装着します。「手にぴったりフィットして素肌感覚」というキャッチコピーで100枚入り600円。カインズホームのPB(プライベートブランド)商品です。

これを導入してから、塗装の工程がだいぶ楽になりました。手放せない存在です。

食器洗用のスポンジを刷毛代わりにします。細かく切り分けて、ネットを取り外せば普通に使うことが出来ます。

YouTubeのDIY動画でやっているのを見つけて、マネしてみたテクニックなのですが、刷毛を使うより経済的で後片付けも楽(捨てるだけ)な場合が多いです。

一部分にだけ塗ってみました。なんというのか、スルスルして不思議な感覚があります。木材と違って、表面に凹凸がない(摩擦力がない?)ためか、塗っているという感触があまりありません。

スチールに色を塗るというのは初めてなので、楽しいといえば楽しいです。ただ、違和感もあって、気持ち悪いといえば気持ち悪いです。さっきも言った通り、なんだか不思議な感覚です。

ポール1本塗り終えました。「スポンジを滑らせて、撫でるように色を付ける」より、「スタンプのように、ポンポン叩いて色を付ける」方が上手くいきました。

ポール4本を塗り終えました。今は、湿ってツヤがあるように見えますが、乾燥すれば落ち着いたマットな色合いに変化します。

続いて、棚板を塗ります。

細かい部分も多くて、なかなか手強いです。スポンジだと着色が難しい部分もあるので、細い刷毛や綿棒を駆使して塗っていきます。網目状の部分が特に難しい。

棚板一枚目が終わりました。複雑な形状なので、塗料が垂れるし、ダマになるし、ムラになるしで苦労しました。結構時間がかかりましたよ。さて、もう一枚やらないと。

終わりです。全部で1時間ほどかかりました。そこそこ綺麗に塗れていると思います。ただ、下地が透けている箇所や、ちょっとした塗り残しもあるので、乾燥を待ってから2度塗りをしようと思います。

乾いたので、2度塗り目を始めていきます。スポンジでポンポン叩いて、金属(アイアン)感を出します。丁寧に塗っていくより、雑に塗った方が、ソレっぽい感じがでる気がします。

同じ作業の連続です。一気に終わらせてしまいますね。

30分ほどで終わらせる事ができました。1度塗り目の半分の時間ですね。ある程度容量を掴んでいたのが大きいと思います。あとは乾くのを待つのみです。

木材の時は、ドライヤーの温風を当てたりして、乾燥を早める時短テクニックを使う事も多いです。金属の場合はやってもいいのでしょうか。ちょっとわからないので、今回は、おとなしく待ちましょうかね(失敗したら嫌ですし)。

乾燥後の写真です(少しボケてしまいました)。マットな黒がスタイリッシュで、アイアンっぽい質感も出ていると思います。触った感触も、ザラっとしていて悪くありません。なかなかいい感じだと思います。

スチールラックを組み立てる

最後の工程です。ダイソーのスチールラック(ジョイントラック)には、組み立て方のルールがあります。商品パッケージに記載があったものを紹介しますね。

  • ポールの上下に注意し、棚の取り付けたい位置を決めます。
  • ポールの溝と固定部品の内側の凸を合わせ、取り付けます。上下に動かないことを確認してください。ポールの上から棚を通し、取り付けます。
  • ポールの上から棚を通し、取り付けます。

こんな感じです。特に、難しい事はありません。気を付けるポイントは、「溝を合わせる」という部分ぐらいですかね。サクっとやってしまいましょう。

アジャスターを取り付けます。この部分も、黒く塗ればよかったかもしれません。

本来は、溝と溝が噛み合うと「カチっ」という音がなるのですが、水性塗料の厚みが邪魔をして、しっかりとはまりません。

固定器具の取り付け箇所は、薄塗りをした方が良かったみたいです。というより、接続してしまえば隠れてしまうので、無塗装でよかったですね。

固定器具が少し浮いた状態になってしまいましたが、棚板自体は設置できそうなので、このまま作業を進めます。

棚板を乗せました。端材のSPF材でトントン叩いて、奥まで押し込みます。

棚の位置が悪かったので、固定部品を一度外しました。一緒に黒の塗料も剥がれてしまいました。使った塗料が水性という事で、強度は低いですね。物を乗せるときなどは、丁寧に動かさないと、すぐにキズが付いてしまいそうです。

そんなわけで、棚を付け直したら組み立ての終了です。

スチールラックのアイアン風リメイクが完成

シンプルで冷たい感じがカッコいいです。オシャレでスタイリッシュな雰囲気もあると思います(言い過ぎかも)。デザインがいいので、飾り棚としても使う事ができそうです。装飾やディスプレイを楽しめそう。

手を付ける前の銀色メッキ状態より、全体的に引き締まったような印象があります。マットな質感のおかげでしょうか。

よく見ると、粗っぽいというか、雑な部分もあるのですが、それはハンドメイドの味(?)ですからね。ほら、完璧な物より、なんとかの方が愛着が湧くって言いますよね。

斜めアングルです。網目状の棚板って、雑貨や小物を乗せる時に使いづらいじゃないですか。木の板なんかを乗せるのもアリかなと思っています。色合い的にも良さそうですし、木材の温かみもプラスされて、雰囲気が良くなりそうな気がします。

作ってみましょうかね(今ではなく、気が向いた時にデス)。

接写です。アイアンっぽいような金属感が出ていると思います。やっぱり、丁寧に塗りすぎない方がソレっぽい雰囲気が出ますね。

今回のリメイクでコツはわかってきたので、次回、アイアン風アレンジをやる時はもっと上手くできそうです。

派手に塗り忘れた部分があります。ライトの下だと、ココだけ妙に輝くんですよね。なんだか、カッコ悪い。ちゃんとチェックしたつもりなのに、何故・・・。

塗り直しましょうかね(もちろん、今ではなく、気が向いた時にデス)。

さいごに

時間と手間は掛かりましたが、良い物が作れたと思います。スチールラックのリメイクは大成功です(細かい事には目を瞑って)。

缶の中のミッチャクロンが「ほぼ全て」残っています。たぶん、今回使ったのは10分の1ぐらい。中身を無駄にしないために、近々、ミッチャクロンを使ったDIYをまたやる予定です。

何がいいかな。PCデスクの脚でも塗ってみようかな。IKEAで買った架台を使っているのですが、色がグレーで気になっているんですよ。今回みたいな黒の塗料で、アイアンっぽくしたいです。

新しくDIYをしたら、ブログで報告しますね。よかったら、また遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19