ダイソー「ジョイントラック」を買ったよ。組み立ての注意点と収納アイデア

インテリア

ダイソーでジョイントラックを見つけました。「こんな物まで売ってるんだ。最近の100円均一はすごいな。」という事で、必要もないのに買ってしまったお話です。

スチールラック、メタルラック、アルミラックなど、呼び方は様々ですが、基本的には同じものです。ダイソーでは「ジョイントラック」という商品名で販売されています。

スポンサーリンク

ダイソー「ジョイントラック」の売り場

突っ張り棒とフックのコーナーにありました。ジャンル的には、生活用品のスペースになると思います。

通路を挟んだ裏側には、刷毛や塗料などのDIYグッズが並んでいました。今回の来店目的は、このコーナーだったりします。

棚板は2種類です。20×45cm、25×45cmのサイズがあります。売り切れている物もあるので、別の大きさもあるかもしれません。人気みたいですね。

ポールは5種類です。25cm(短)、39cm(中)、47cm(長)に加えて、延長用の24cm、38cmがあります。

固定部品は1種類のみです。ジョイントラックの組み立てには、必須のアイテムになります。

今回は、水性ニスだけを購入するつもりだったのに、カゴには結構な商品が・・・。ジェイントラックに加えて、木材やステンレスボールまで買ってしまいました。

100円ショップに立ち寄ると、「安いから」という理由で、余計なものまで買ってしまいます。無駄遣い注意ですね・・・。

関連記事>>>ダイソーの「水性ニス」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

ダイソー「ジョイントラック」のパーツサイズと特徴

2段タイプのラックができるように、パーツを買ってきました。

  • ジョイントラック用「棚Ⅱ型」クロームメッキ×2
  • ポール(短)クロームメッキ×4
  • 固定部品4個組×2

細かく見ていきます。

棚板になるパーツです。サイズは45×25cmです。

平面に置くとガタガタ揺れたので、歪みがあるのかと思い、上から覗き込む形で撮影してみました。

パッと見は問題なさそうです。部分的に捻じれていたり、イビツになっていたりするのかもしれませんが、誤差の範囲だと思います。組み立てには影響なさそうです。

持ち上げてみると、棚板のパーツだけでも重たいです。見た目は軽そうですが、意外とずっしり来ます。安定感が出そう。

耐荷重は10kg。「組み立てた際に全体にかかる数値です。測定値であり。保証値ではありません。ご自身でお確かめになってから、使用してください。」という事です。

棚板自体は、かなり頑丈な作りになっています。細いワイヤー部分に力を加えてみても、曲がったり変形する事はありません。10kg程度なら軽く支えられそうです。

ポールに取り付ける固定部品への負荷が問題になるんですかね。その辺りは、組み立て後に確認してみます。

裏面です。組み立て方が記載されています。

複雑な形状をしているわけではありませんし、なんとなくの感覚でも組み立てられそうですが、一応、チェックしておきます。

  • 下段から組み立てます。
  • ボールの溝と固定部品の内側の凹凸に合わせて取り付けます。部品は上下の向きを正しく取り付けて下さい。
  • 棚は、ボールを通す穴の幅が広い方を下に向け、取り付けます。
  • ボールが固定部品から外れないように、ゴム製や木製のハンマーで棚の四隅を軽く叩きます。

こんな感じです。簡単です。分解する予定はないので、外し方はスキップしてしまいましょう。

続いて、ポールです。長さは25cm、太さ(直径)は約1,5cmです。

パッケージの厚紙は、結束バンドで括られています。硬く固定されているので、ハサミやカッターがあると便利です。

中央に付いている半透明のリングは、厚紙が外れないためのストッパーなんだと思います。柔らかくて伸び縮みします。おそらくゴム製です。

ポールの溝は、5本ごとに2重線になっています。取り付け箇所をわかりやすくするための加工だと思います。

アジャスターの長さを調整する事で、ガタつきやグラつきを解消することができます。ネジは柔らかいので、それほど力はいりません。簡単に、締めたり緩めたりする事ができます。

記載されているイラストや文言は、棚板のパッケージとほとんど変わりません。

固定部品です。4個入り100円なのでリーズナブルです。棚板とポールの接続に使います。

裏面です。日本語に加えて、英語、スペイン語(ポルトガル語?)での説明書きがあります。ダイソーは海外進出もしているので、そちら向けの記載ですかね。

固定部品の取り付け方です。

  • ポールの上下に注意し、棚の取り付けたい位置を決めます。
  • ポールの溝と固定部品の内側の凸を合わせ、取り付けます。上下に動かないことを確認してください。ポールの上から棚を通し、取り付けます。
  • ポールの上から棚を通し、取り付けます。

気を付けるポイントは、「溝を合わせる」という部分ですね。忘れないようにします。

中身を取り出しました。カラーは薄いグレー。ツルツルした手触りです。方向を確認するための刻印(矢印)があります。全体的に少しチープというか、玩具っぽい感じがあります。

ダイソー「ジョイントラック」を組み立てる

説明書の手順に倣って進めていきます。まずは下段の棚からスタートです。

固定部品の取り付けは、左右から挟み込むだけです。ポールの凹と固定部品の凸が噛み合うと、カチという音が鳴るので、それが目安になります。

しっかり重ならないと、完成後に棚板が傾く可能性があるそうです。

装着後の固定部品は、接続箇所に隙間が空きます。この状態で正常(破損防止のため)みたいです。棚板を取り付けると、密着する仕組みのようです。

棚板を取り付けます。これはまだ、仮設置の状態です。

ハンマーで奥まで押し込みます。

カンカン叩いていたら、キズになってしまいました。写真だと、光の筋で確認しづらいかもしれませんが、表面のメッキが剥がれたような跡が残っています。

強く叩き過ぎたのかもしれません。説明書通り、木製かゴム製のハンマーを使えば良かったのかもしれません。いまさらですが・・・。

「新品」に不注意でキズが付くというのは、あまり気分のいいものではないですね。気を付けないと。

ワンバイフォーの端材です。大きすぎて使いづらいのですが、他に適当なものがなかったので、コレで乗り切ろうと思ます。

優しく叩いて奥まで押し込みました。続いて、上段の棚です。

固定部品を取り付けます。

棚板を乗せて奥まで押し込みます。

上段の棚板設置後、ガタ付きがでました。アジャスターを5mmほど伸ばして対処しましたよ。

棚のガタ付きって面倒な問題ですが、ダイソーのジョイントラックだと簡単に解決できます。嬉しいポイントです。

ダイソー「ジョイントラック」の完成

写真を撮りながらの作業で、15分かかりました。難しい工程はないので、慣れれば5分程で組み上がると思います。

ジェイントラック本体に重量があるので安定感があります。頻繁に移動させる場合は、別売りキャスターを取り付けると便利そうです。

頑丈にできています。耐久力も高そうです。丁寧に使っていけば、何十年と使える気がします。

棚板がメッシュ(網目)状になっているので、部屋に置いても圧迫感は少なく感じます(物を乗せたら変わるかも)。

コンパクトなので、ちょっとした収納に良さそうです。上手く使えば、デッドスペースを有効活用できるかもしれません。活用アイデアは、この後探してみます。

斜めからです。角は丸まっているので、引っ掛けてケガをする危険は少ないと思います。優しい設計です。

光が当たると妙に輝きます。嫌のインテリアによっては、雰囲気を壊すかもしれません。こういった素材は、使っていくうちにくすんでくるので、しばらくすると落ち着くと思います。

そうそう、注意する事、というと大袈裟ですが、素手で作業をしていると金属のにおいが移ります。お金を握った時の鉄っぽいにおいです。石鹸で洗ってもなかなか落ちないので、少し厄介でした。

ダイソー「ジョイントラック」の収納方法(活用アイデア)を探す

文庫本を並べてみました。本棚としての活用です。

(DIYで本棚を作ったばかりなので、本の収納場所は必要ないのですが、そばにあったので、一応・・・。)

奥行きの幅が中途半端に余るので、スペースが勿体ない気がします。サイドに支えがないので、本が倒れてきて使い勝手が悪いです。本棚として使う場合は、何か工夫が必要になりそうです。

これはボツにして、次です。

関連記事>>>【DIY】壁ぴったりの「本棚」を自作しよう!木材は1×8(ワンバイエイト)だけの簡単シンプル設計【作り方】

任天堂スイッチとPS4を並べてみました。

(DIYでゲーム機収納棚を作ったばかりなので、ゲーム機の収納場所は必要ないのですが、そばにあったので、一応・・・2回目。)

ゲーム機本体の高さを考えて、棚板の位置を調整すれば、見た目はよくなる予感です。2段あるので、コントローラーやソフトも一緒に並べることができます。

熱が籠ることはないので、ゲーム機に優しい収納だと思います。排熱は考えておかないと、ファンの音がうるさくなったりしますよね。故障の原因にもなりますし。

本体がむき出しなので、ホコリや汚れ対策が必要になりそうです。

ツイッターとインスタグラムで検索をしたら、メタルラックをゲーム機置き場として使っている人も多かったです。実用性は高いんだと思います。

作ったゲーム機収納棚が壊れたら、代替としてジョイントラックを使うことができそうです。

他に活かせそうなアイテムがないので、リビングから移動します。

関連記事>>>【DIY】ゲーム機「収納棚」を自作するよ!パイン集成材にワトコオイルでオシャレにしたい【作り方】

DIYコーナーにやってきました。収納には、カインズホームの折り畳みコンテナを利用しています。スモーキーカラーで可愛いデザイン。気に入っています。

一見、整理整頓できていないように見えますが、「どこに何があるか完璧にわかっている」ので、これはこれでいいのかという気もしています。いや、もちろん綺麗にしたい気持ちはあるのですが・・・。

とりあえず、この中から、ジョイントラックに仕舞えそうな物体を探してみます。

塗料を置いてみました。ほど良い統一感があって、見た目的にも悪くありません。これはアリかなと思います。

ボトルが太いターナーのミルクペイントシリーズ(左端)や、ワトコオイル(右端)は収まりが良いです。

ただ、ボトルが細い100均製の水性ニス(中央)は不安定です。キャップをしているので、倒れても中身が零れることはありませんが、収納としてはイマイチな感じがあります。

ベニヤ板やMDFボードで、木製の棚板を作れば便利に使えそうです。材料さえあれば簡単にできるDIYなので検討してみます。

DIYグッズを仕舞ってみました。工具類って特殊な形状をしている物が多くて、カゴなどに入れても収まりが悪かったりします。コーナークランプなんかは、かさばってスペースを取るし厄介です。

鋸は先端(ノコ身)を差し込むと、吊り下げるように設置する事ができました。グラグラと不安定ではありますが、収納アイデアとしてはそこそこ良いかなと思います。

とりあえず、これらの工具を仕舞ってみての感想ですが、「見た目が強烈にダサい」です・・・。

せっかく、オープンタイプのシェルフに仕舞うなら、もう少し美しく並べたいです。見せる収納という言葉もありますしね。

布や木板で目隠しを作ったらいいのかな。手作りすると安っぽい感じにならないか不安ではあります。

同じ部屋の隅っこです。ジェイコムの機器が床に置いてあります。

ネット回線だけを契約しようと思ったら、「ネット回線と専門チャンネル(テレビで見るやつです)をセットで契約した方が料金が安い」と勧められ、そちらのプランにしました。

専門チャンネル用の機器も設置されたので、なんだかゴチャゴチャした感じになっています。一応、この場所を整理するためのDIY計画(ローシェルフ)もあったのですが、やらずに放置していました。

ジョイントラックに片付けてみます。

関連記事>>>【DIY】J:COMの「wifi電波が弱いからアルミホイルで増幅」させるよ。反射板でエリア拡大を狙う!

床に直置きするより、スッキリした感じがあります。配線のゴチャゴチャは相変わらずですが、これぐらいならケーブルボックスやマジックバンドで整理する事ができそうです。

デジモノ系とスチールのラックは、見た目の相性がいいと思います。無機質な冷たい感じが、カッコよく見えるのでしょうか。なんだか気に入りました。

当面の間は、ジェイコムの受信機器置き場として使っていこうと思います。

さいごに

掛かった費用です。300円商品が2つ、100円商品が6つ。合計1,200円でした。「100円ショップだから値段の事は気にせず」という感じで買ってきましたが、冷静に考えると高い気がしてきました。

ホームセンターや家具店にいけば、セット売り商品でもっと安く買える気が・・・。

簡単に調べてみたら、ニトリのスチールラックが安価で良さそうでした。カラーもクローム、ホワイト、ダークグレーと、3色のバリエーションがあります。

パーツもバラ売りしているので、追加購入すれば、用途に合わせて拡張していく事ができます。カスタマイズ性グッドです。

なんだか、ダイソーのジョイントラックを紹介する記事なのに、「ニトリの方がいいよ」みたいな感じになってきました。この辺りで辞めておきます。

まあニトリのスチールラックは、実際に手に取って試してみたわけではないですからね。質感が大きく違ったり、使い勝手に差がある可能性もあります。

機会があったら、ニトリのラックレビューもしてみようと思います。その時は、ブログで紹介しますね。よかったら、また遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

インテリア
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19