無印良品でベッド・寝具をフルセット買ったよ。

インテリア

無印良品で大人一人が使う寝具をフルセット揃えました。当初は、ベッドだけを無印で買って、布団やシーツは別のお店(ニトリやIKEA)で揃えようと思っていました。

ただ、「せっかくだし、ブランドを統一した方が良いかな」と思って、というより、色んな場所に探しに行くのがめんどうになって・・・。まとめて一色を無印良品で揃えてしまいました。

購入したのは、ベッド、掛ふとん、毛布、まくら、カバーです。予算などは特に決めずに、これは必要だなと思うものを全て買って、合計44,000円でした。

フルセット購入なのでこんなものなのでしょうか。高いのか安いのかはイマイチわかりません。

スポンサーリンク

無印の脚付マットレス(ベッド)を買ってみた

ショッピングモール内の無印で購入しました。買う商品は事前に決めていたので、店員さんには「コレをください」とだけ声を掛けます。

レジ横の相談スペースまで案内されて、いくつかのやり取りをします。

「最速で搬送できるのが、8日後の9時から14時の間」という事なので、その日にお願いしました。前日の夕方に確認の電話が入り、時間の詳細を伝えて貰えるとの事です。

その他に、搬入経路の確認、設置スペースの確認、付帯作業の確認などがありました。スタッフさんが話を進めてくれるので、基本「はい」「いいえ」だけしか答えていません。

用紙に名前、搬送先重所、電話番号などを書いて購入と搬送の手続きが完了です。

業者さんに搬入してもらう

10時搬入予定と聞いていましたが、トラックが到着したのは9時40分でした。だいぶ早いです。

ただ、自分がする事はインターホンを取って、扉を開けるだけですし、特に問題ありません。遅くなるよりは全然嬉しいです。

運び込む前に、設置スペースの確認を行いました。「どこに置きますか?」「この部屋の奥に設置してください」という簡単なやつです。

トラックから降ろしたベッドが運ばれてきます。作業は男性のスタッフさん2名で行うみたいです。かなり重いはずですが、軽々持ち上げているように見えました。

玄関で縦向きに変えるそうです。傘立てどかしておけばよかった。気が利きません・・・。

包装紙越しに抱えているので、滑って運びにくそうです。

玄関や廊下はそれほど広いわけではありませんが、天井が高いのでダブルサイズのベッドぐらいなら運び込めるアパートみたいです。

「セミダブル、うーん、ダブルぐらいは入りますよ。この建物」

「いや、そんな大きなベッドいらないですよ。そこの(シングル)を買ったばかりですし」

「・・・・そうですよね」

「・・・・はい」

ベッドの脚部分を取り付けて貰っています。回すだけで簡単に装着できる、との事です。

自分でやる事も出来るのですが、パーツの取り付けは無料サービスらしいのでお願いしました。

こういう時どこにいればいいのか迷います。たぶん、作業の様子を見守っていた方がいいのでしょうが、会話するわけでもなく若干気まずいです。引っ越しの立会いを思い出します。

脚の取り付けが終わったら、ベッドを起こして設置完了です。これでもかというくらいの丁寧な着地でした。

手前にダンボールの箱や包装紙が転がっていますが、有料オプションで梱包材の持ち帰りをお願いしています。撤収時にスタッフさんが綺麗に回収していってくれました。

部屋への設置完了

店舗で見るとそうでもないのですが、部屋の中に運び込むと大きく見えますね。6畳の部屋に少し圧迫感を感じます。

収まりが良さそうなので、とりあえず部屋の一番奥に設置して貰いました。脚の裏にフェルトを付けて貰ったので、少しずつ滑らせながら自分一人で移動が可能です。

寝室のインテリアを勉強したら、模様替えをしようと思います。オシャレ空間を目指す予定です。

マットレスはボンネルコイルです。コイルを連結させ、体を面で支えるという特徴があります。寝心地は硬め、弾力があります。

「ギシギシ」と軋む音がうるさい、というデメリットを耳にした事もありますが、今のところ嫌な音はしていません。長年使うと変わってくるのでしょうか。

木製脚のカラーは、ナチュラルとブラウンの2色。サイズ(床下)は10、12、20、26cmから選ぶ事ができます。

今回は、ナチュラルの20cmを注文しました。

ベッド下に20cmの隙間ができれば、衣装ケースやすのこなどを置いて、収納スペースとして使うことが出来ます。アイデア次第でいろいと活用できそうです。

ちなみに、10、12cm(ロータイプ)の脚を使うと、ソファとして使う事もできるみたいです。背もたれはありませんが、クッションなどで代用するんですかね。使用感が気になります。

裏側です。スチールフレームは白色。細いワイヤーが何本も通っています。

付属している洗えるカバーには、ファスナーが付いています。マジックテープのような形状です。この紐を裏面のワイヤーに巻き付けて固定する仕組みです。

簡単にできる作業ですが、全部で12箇所の固定が必要です。高頻度で取り外す物ではありませんが、付け替えには時間と手間が掛かりそうです。

購入に掛かった費用

無印ベッドの購入と設置に掛かった費用です。

  • 脚付マットレス・ボンネルコイル・シングル(スチールメッシュ・洗えるカバー) 17,900円
  • 木製脚・20cm/ナチュラル(M8) 2,000円
  • 開梱設置包材持帰有料/付帯作業あり(ダンボールや包装紙の回収費) 540円
  • 配送料 2,490円
  • 共通脚取付/要開梱(木製脚の組み立て) 0円

合計22,930円でした。

寝具セット(毛布、カバー、まくら、掛ふとん)の開封

寝具のセットです。ベッドとは違う日に買いました。

中身はこんな感じです。ベッドの購入とは違って、事前に口コミやレビューを調べていたわけではありません。お店で質感などを確かめて「あれやこれやと悩んで」買ってきました。

あたたかファイバー鹿の子毛布

寒い冬の時期には欠かせません。ブランケットです。一番初めに購入を決めたアイテムでもあります。

カラーバリエーションはベージュ、グレー、ダークブルーの3色です。どれも落ち着きのある色味でした。その中から、部屋にも合わせ易そうなベージュを選びましたよ。

とにかく手触りが良いです。ふわふわしていて優しい感じがします。軽くて暖かいです。

気に入っているので、近いうちにグレーも買おうかと思っています。シンプル無地なので使いやすく、ソファに掛けたり、ひざ掛けに使ったり、汎用性の高い毛布だと思います。

帰ってからSNSを覗いてみました。評判のいい商品だったみたいです。

オーガニックコットン三重ガーゼ掛ふとんカバー

「三重織りにしたら、さらにやさしくなりました。」というのがキャッチコピーみたいです。

触ってみると、確かにやさしい感じがします。フワフワしていて気持ちがいいです。感覚としてはタオルケットみたいな感じでしょうか。使ってみるのが楽しみ。

カラーはベージュチェックを選びました。単色のカラーもよかったのですが、チェック柄が可愛いなと思ってこの色を選びましたよ。

そうそう、商品紐を外してを広げたら、糸くずが何本か落ちてきました。カバーにも張り付いています。少し残念なポイントです。

セール対象品なのか、30%offでした。5,990円の3割引きって大きいですよね。お得に買えてラッキーです。

オーガニックコットン天竺ボックスシーツ

マットレスに被せて使うカバーです。触り心地がTシャツと同じ。伸縮性とやわらかさがあって、寝っ転がると気持ちよさそうです。

濃い目の色は避けた方がいいのかな、となんとなく思って、ベージュを買ってみましたよ。

ブランケットも同じベージュですが、こちらのシーツの色は白っぽいような、灰色っぽいようなベージュです。

オーガニックコットン三重ガーゼまくらカバー

まくらカバーは、掛ふとんカバーと同じシリーズで揃えました。色はどうしようか悩みましたが、同一カラーを選びましたよ。

ちぐはぐにして、遊び心を出してみても良かったのかなと思います。ただ、無印の商品は少し高いので、失敗しても気軽に買い換えたりはできません。保守的に無難な選択となりました。

こちらもレジにて30%offでした。嬉しい。

羽根まくら

ニトリで「高さが10ヵ所調整できる枕(ソバ)」というのを買って以来、気に入って使い続けています。特に不満もないし、新しい枕は必要ないのですが、なんとなくで買ってしまいました。無駄遣いです。

見た目はホテルに置いてある枕のようです。ボリュームがあってふっくらしています。真っ白で綺麗な形です。

触ってみると弾力は弱くてボフっと潰れます。頭を乗せると、かなり低い位置まで沈みそうです。慣れの問題もあると思いますが、好みの分かれそうな感じがします。

羽毛薄掛ふとん

ホワイトダック羽毛を使った「薄掛ふとん」です。

アタッシュケースのような収納袋に入っています。持ち手があって便利です。

「薄掛ふとん」との事ですが、想像以上にペシャンとしていました。真冬をコレ一枚と毛布で乗り切ろうとしていたのは、無謀だったかもしれません。余っている布団と重ねて使います。

春、夏、秋などの季節では、快適に使う事が出来そうです。ふんわりしていて軽いので、寝返りなども楽そう。重い布団と違って体が圧迫されることもないと思います。

購入に掛かった費用

無印寝具の購入に掛かった金額です。

  • あたたかファイバー鹿の子毛布 3,990円
  • オーガニックコットン三重ガーゼ掛ふとんカバー 4,193円
  • オーガニックコットン天竺ボックスシーツ 2,456円
  • オーガニックコットン三重ガーゼまくらカバー 1,113円
  • 羽根まくら 1,490円
  • 羽毛薄掛ふとん 8,491円

レシートを見たら、「寝装ケットふとんレジ10%」という事で、上記の値段から530円値引きされていました。セット購入の割引きか何かだと思います。

合計は21,203円です。

寝具をベッドに取り付けて寝床を作る

全ての商品を開封してチェックしました。タグなども外しています。一度洗濯してから、ベッドに装着しましょう。

洋服なんかだとあまり気になりませんが、寝具は新品でも洗ってから使いたい派です。

丸めて投げ捨てているので、さっきと雰囲気は同じですが、すべて洗濯してきましたよ。やっぱり気分的に少し変わります。それでは、ベッドメイクのスタートです。

ボックスシーツを取り付けます。

縁にゴムが入っています。マットレスをスッポリ包み込む感じでの装着になります。

角に引っ掛けます。

ぐーっと引っ張って反対側の角も装着します。柔らかいゴムなので力は必要ありません。一人でも簡単に作業が進みます。いいです。

角から角まで、しっかり覆う事ができました。伸縮性がいいので、ピンと張った感じになっています。サイズがピッタリなので、変にたるみがあったりはしません。

マットレスとシーツがゴムでしっかり固定されているので、寝ているうちに外れたりする事はなさそうです。

掛ふとんにカバーを取り付けます。

カバー上部の角には穴が開いています。ここから指を入れて、掛ふとんの紐にカバーのスナップボタンを繋ぎます。

両者を繋ぐ位置は、上、下、真ん中に2カ所ずつ。計6カ所あります。小さいパーツなので、気を使っていないと見落とすかもしれません。

最後に下部のスナップボタンで、カバーとカバーを繋ぎ合わせたら終了です。

こんな感じになりました。ブログを書くために画像を整理している最中ですが、もっとピシっと整えてから写真を撮ればよかったと後悔。なんか雑な感じがありますよね。

続いて、まくらにカバーを取り付けます。といっても、筒状になっているカバーの中に入れるだけです。ファスナーやボタンなどは付いていません。スッポリ入れるだけで終わりです。

カバーの布がだいぶ余りました。30cmぐらいですかね。このままだとペラペラして邪魔なので、内側に折り込んで隠しておきます。

終わりました。シーツやカバーの取り付けって、めんどうで時間のかかる作業だったりするのですが、無印の製品はよく作り込まれていると思いました。余計な手間が省かれていて、時間もかからず楽チンです。

チェックのカラーは、想像していたイメージとは少し違いました。お店の中で商品が畳まれた状態だと、イマイチ掴みきれなかったりするんですね。でも、好きな色合いではあります。

ブランケットはどうしようか迷ったので、とりあえず畳んで乗せておきました。

さいごに

しばらく使ってみたら、寝心地や使用感、耐久性のレビューを追記しようと思います。

実際に買って使ってみた意見って参考になったりしますよね。出来るだけ詳しく書くつもりです。よかったら、また遊びに来てください。

それでは、さいごまでありがとうございました。