【DIY】小型の「木製傘立て」を手作りするよ!相欠き加工にも挑戦【作り方】

DIY

玄関に置くコンパクトな「傘立て」を手作りします。使用する木材は角棒だけです。

作り自体はシンプルな物になりますが、今回はいつもとは違う組み立て方に挑戦してみます。「相欠き加工」というテクニックです。

正直「やる必要はあるか?」と言われたら「ない」のですが、「これを覚えればワンランク上のDIY」みたいな記事を見て、挑戦してみたくなりました。

初めてやるので上手く出来るかはわかりませんが、掴んだコツやテクニックなどは紹介していこうと思います。楽しんでもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

傘立てを設置する場所

玄関右奥の壁に、ピタっと張り付ける感じで設置します。

広いスペースではありません。小型で傘が2本ぐらい仕舞えるサイズで作ろうと思います。地面のレンガ1個分ぐらいですかね。

存在感のあるデザインだと、入り口が狭く見えてしまいそうなので、シンプルでスリムな形を意識します。

ちょっとしたオシャレ感なんかも出せたらいいなと思います。

傘立てDIYの材料をカインズホームに買いに行く

カインズホームにやってきました。工作のグッズや材料を揃える時はいつもここです。

大型の店舗なので品揃えも豊富ですし、「DIY相談コーナー」や「木材カットサービス」などもあり、初心者には嬉しいお店です。

そうそう、定期的にワークショップの開催もしているみたいです。

ゴミ箱、ミニテーブル、フラワーフレームなど、プロ指導の元で作成できるみたいですよ。

どれも、1000円から2000円程度で体験できるので、機会があれば参加してみようかなと思います。

資材館のコーナーです。最近になってようやく「どこになにがあるか」がわかってきました。お目当ては角棒です。

いくつか種類はありましたが、一番使い易そうな「WOOD&LOVE(角棒)900×30×23mm」にしようと思います。1本350円。家庭用木製品総合メーカー「光大産業」という会社の商品みたいです。

持ち帰りました。大きさの割には軽かったので、車への積み下ろしが楽で助かりました。

いつもは「木材カットサービス(1カット30円)」を利用するのですが、今回は自分で切り分けようと思います。

お店でお願いした方が綺麗に仕上がるし、片付けの必要もないので楽なのですが、最近ライフソーという鋸を買ったので使っていきたいんですよ。

ライフソーを初使用したのは、「【100均DIY】木箱を作って「野菜ストッカー(収納)」にするよ!材料はすのことMDF材だけの簡単設計【作り方】」の記事です。簡単なレビューもしています。ぜひ、チェックしてみて下さいね。

傘立てDIYの材料

カインズホームで買ってきた角棒です。5本使います。

角は丸く加工されています。R面取りというやつですかね。

傘立ての底の部分に敷いて、受けとして使います。ダイソーのステンレストレー(21.5×16cm)です。

天ぷらや揚げ物の時に活躍するアイテムですね。サイズ違いで何種類か売っていましたが、一番小さい物を選びましたよ。

深型なので縁に3cmほどの高さがあります。浅いタイプだと傘に付いた水滴が溜まって、溢れてしまう事もあるかなと思い深いタイプにしました。

手作り傘立てに使う材料は以上です。ビスや接着剤などの細々した物は、使う時にまとめて紹介しますね。

木製傘立てDIY(作り方)

「切り分け→研磨→組み立て→塗装」という手順で作業します。

冒頭にも書きましたが、「相欠き加工」というのに挑戦してみるので、普段のDIYよりは多少複雑で時間が掛かると思います。

切り分け

必要な長さに印を付けていきます。本職の大工さんは墨付けって呼ぶみたいですね。

使うのはセリアの曲尺です。過去の記事でも何度か書いていたと思いますが、歪んでしまって平面に置いてもガタガタします。

ステンレス製(おそらく)でも、こんなトラブルはおきるんですね。

使いにくいので新しい物に換えたいのですが、いつもコレだけ買い忘れてしまいます。

印を付け終わりました。写真だと鉛筆の線が目立ちませんね。

すごく雑な感じですが、切り分けるラインを赤色で書き込んでみました。全部で10箇所ですね。

鋸は「ライフソーHI 木工175s たて・よこ・ななめが切れる!」を使います。今回で2度目の使用です。

今まで使っていた鋸は、刃と刃の間隔(ピッチ)が大きいためか、切断面が粗くなってしまう事が多かったんですよ。

それがライフソーに変えてからは、切断面も「比較的」滑らかになって、木材をカットするのが楽しくなりました。

1,000円というお手頃価格でしたし、いい買い物だったと思っています。替刃式なので、切れ味が悪くなったら交換できるのも嬉しいです。

木材を台の上でしっかり固定して、力を抜いてリラックスしながら切ります。目線は真上からのぞき込む感じで作業をしますよ。

鋸の使い方を紹介しているサイトで、角材を切るときは「回しながら少しずつ切るといい」なんてアドバイスを見つけました。それに倣って切り分けていきます。

写真だと少し歪んで見えますかね。実物は真っすぐ切れているんですよ。切り口も「比較的」滑らかですし、いい感じだと思います。

この調子で残りの木材も一気に片付けてしまいます。

10箇所全て切り終わりました。掛った時間は20分ほどです。

そういえば、「バーコードラベルを剥がしてなかったな」と思い。

端の方からゆっくり捲っていったのですが、変な所でシールが剥けて、粘着が残ってしまいました。

最近のラベルは、綺麗に剥がせるものが多いです。少し油断していました。100均のラベルでも、跡が残らずペリっと剥がす事が出来ますからね。

目立つ箇所だけ爪で取って、残りの部分は研磨の工程で落とそうと思います。

相欠き加工

継ぎ手および仕口の一種。二つの材の継ぐ部分を半分ずつ同じ形に欠き取って合わせること。

三省堂 大辞林

あまり聞きなれない言葉ですし、文章で説明されても、イマイチわからないかもしれません。

ただ、下の写真を何枚か見て貰えたら、すぐにピンとくると思います。額縁の角(コーナー)などでよく見る形です。

印を書き込んでいきます。

全てのパーツに書き込みました。

使っている差し金の角に丸みがあります。部分的に、中途半端な直角ラインになっていますが、きっと大丈夫でしょう・・・。

これから、ノコギリを駆使して「16カ所」加工しないといけません。時間が掛かりそうです。

遅い時間にDIYをすると近所にも迷惑ですし、騒音でクレームがあったら怖いので、急ぎ目で作業をしていきます。

まずは縦方向に切ります。

木目と平行に切り進んでいく事を「縦挽き」といいますが、これが結構難しいです。

繊維を切断するように進むためか、途中で引っかかったりして、上手くノコギリが動かせません。

変に力を入れると、切り口がガタガタになってしまったり、斜めになってしまったりします。コツを掴むまでは、数を熟すしかないですかね。

一応、縦挽き専用のノコギリもあるみたいです。

使ってみたいと言えば使ってみたいのですが、日曜大工ですし、使用する機会も少なそうなので、しばらくはライフソーで頑張ろうかと思います。

今までは「鋸でカットする」と言えば、2つに切り分ける事でしたが、「程好い部分(印)で止める」というのは初めてやりました。

正面から見ていると、裏面がどれだけ切り進んでいるかわかりません。木材をひっくり返しながら作業したのですが、結局写真の通り切り過ぎてしまいました。

傘立てが完成した時、この部分は見える位置になるので、可能な限り正確に進めたかったんですけどね・・・。

まあ初挑戦ですし、ある程度の事には目を瞑って、続きをやってみましょう。

横からもノコギリを入れました。かなり歪な形になっています。これで大丈夫かな・・・。

何だか嫌な予感しかしませんが、対になるパーツも加工して組み合わせてみましょう。

こんな感じになりました。クオリティが低いですね。角がピタっと合うと、カッコよくてお洒落な感じになるのですが、段差ができてガタガタになってしまいました。

ノミや彫刻刀があれば細かな微調整もできますが、今回は用意していません。鋸だけで「もう少し上手くできる」と思っていたので・・・。準備不足ですね。

「相欠き加工はここだけにして、残りはビスで繋ごうか」とも思いましたが、見た目のバランスが悪くなるので、底の枠(ステンレストレーの囲み)部分だけは、この形で仕上げてみようと思います。

30分程で、相欠き加工が終わりました。

受けのトレーはピッタリ収まっていますし、上から見ると「そこそこ」綺麗に出来ているのですが、問題は横からのアングルです。

やっぱり低クオリティです・・・。繋ぎ目がみっともない感じになってますね。

傘立ての上の部分にも、同じような四角い木枠を取り付けるのですが、そっちは横からビスで繋いでしまおうと思います。

相欠き継ぎに関しては、ノミなどの装備を整えてから、いずれリベンジしたいと思います。

さて、手作り傘立てに必要なパーツが揃いましたよ。これで完成までの進み具合は半分という感じですかね。

鉛筆で書いた余計な印を消します。昔は、シャーペンの後ろ側に付いている消しゴムって「絶対に使いたくない派」だったのですが、いつのまにか気にならなくなりました。

研磨

紙やすりを使います。ささくれやバリは取っておかないと、ケガに繋がるかもしれません。それと、傘立ては直接触れる機会もあるので、手触りは良くしておきたいです。

端材にサンドペーパーを挟んで、木目に沿って何往復もする感じで研磨します。番手は#240です。

一生懸命やると腕が痛くなる作業ですが、時間も遅くなってきているので、急ぎ目で進めます。

15分ぐらいで終わりました。木粉が付いていたので、硬く絞った雑巾で拭き取りまでしています。

削った粉や切れ端が散乱しているので、掃除をしてから次の工程に進みます。

ビニール袋を丸めて捨てた後に、クイックルワイパーでブルーシートを拭きました。面倒と言えば面倒ですが、小まめにやっておかないと後々大変ですよね。

組み立て

まずは、相欠き加工した底枠を固定します。使うのは木工用(速乾)ボンドです。「木・革・布・紙同士+塩ビ・金属」などにも使用できる多用途タイプ。セリアで買いましたよ。

4隅にボンドを塗ってから木材同士を貼り付けます。

ワンバイエイトの端材を積んで重石にします。速乾タイプなので、2時間ぐらい待てば次の作業に移れるかと思いますが、もう夕方になってしまったので、続きは明日にしましょうかね。

研磨の作業を急ぐ必要はなかったですね・・・。

翌日です。12時間以上経過しているので、バッチリ硬化されていました。力を入れても剥がれる気配はありません。

上部の木枠をビスで繋ぎます。マスキングテープで簡単に仮止めをしましたよ。

工具はAmazonで買った「ZENKE」の電動ドライバーを使います。2,700円という激安価格でした。ドリルセットも付属しているので、コストパフォーマンス◎の商品だと思います。

木ねじは、カインズホームで買ってきたスリムビス40mmです。プライベートブランド(PB)商品なんですかね。この量で300円ほどでした。

ドリルビットを装着して下穴を開けます。深さは30mmでいきましょう。

そうそう、今までドリルを抜く時は逆回転にしていましたが、正回転のままがいいみたいですね。

ネジ締め③ 木ネジを打つ

ここで、覚えておくと◎な重要ワンポイント!!

ドリルを抜くときはあける時と同じ正回転をさせたまま、ドリルを引っ張り抜くのがコツです。ついつい、逆回転にして抜きたくなりますが…。

ボッシュ(BOSCH)電動工具が運営している「キャンパスDIY女子ブログ」で紹介されていました。初心者向けの解説記事が多くて参考になります。

先端をプラスビットに交換してビスを締めます。

1カ所完了です。ねじの頭が若干飛び出していますが、あんまり締め過ぎると木が割れてしまいそうなので、このあたりでストップして置きます。

残りの3カ所も固定しました。歪みやズレもなく綺麗な形です。相欠き部分もこれぐらいの出来ならよかったのですが・・・。

続いて、地面側の木枠です。

傘立ての底面は、木ねじの頭が飛び出していると、床のレンガと当たってキズが付いてしまいます。座ぐり穴を空けて、平坦になるように加工します。

使うのは「木工用フォスナービット サイズ径10mm」というアイテムです。

以前の「【DIY】おしゃれなローテーブルを簡単シンプルに1×4(ワンバイフォー)材で作ってみよう【作り方】」で導入しました。登場する機会も多く重宝しています。

ガリガリ掘り進めます。下穴用の細いドリルに比べると、音が少し大きいですね。

出来ました。ねじの頭が隠れればいいので深さは2mmほどです。特に難しい作業ではないです。残りも一気に終わらせてしまいます。

座ぐり穴の加工が終わったので、支柱と合体させます。

ドリルビットで下穴を開けます。

プラスビットに付け替えて、木ねじを締めました。頭はすっぽり隠れていますし、いい感じだと思います。

4カ所終わりました。続いて反対側、上の木枠を取り付けます。

使うのは、「特厚金折黒(3.5mm)」と「装飾木工ブロンズさら木ねじ(3.5×20mm)」です。

L型の金具を裏から当てて、ビスで留めます。

金具の穴は4カ所空いていますが、ビス2本でも頑丈に固定できているので、このまま次の箇所に取り掛かります。

組み立てが終わりました。色々とトラブルや失敗はありましたが、それらしい形になったのでよかったです。

相欠き加工で繋いだ部分に、隙間が空いてズレが出来ていました。地面に置いた時「ガタつきやグラつき」が出ないか心配でしたが、一応、問題はなさそうです。

ここは、使い勝手に関わってくるポイントなので良かったです。

塗装

最後の工程です。ワトコオイル(ミディアムウォルナット)を使って色を付けます。

無塗装のナチュラルカラーでも、木の温かみがあって素敵ですが、玄関のインテリア的には、薄っすらとした茶色が合うと思うのでカラーチェンジです。

使い捨てのビニール手袋を買ってみました。100枚入りで600円です。「手にぴったりフィットして素肌感覚」らしいです。

これまでは軍手を嵌めて塗装していましたが、布だとオイルが染みて色々と面倒だったんですよ。活躍してくれる事を期待します。

今まで、塗装には安い刷毛を使っていたのですが、「食器洗い用スポンジで代用できる」という事を知ってから、オイルの塗装はスポンジで行っています。

掛かるコストが5分の1以下になるので、お財布に優しいです。なかなか良いテクニックだと思います。

さて、夢中になって色塗りしていたら、塗装経過の写真を撮り忘れてしまいました・・・。作業内容は簡単に箇条書きで紹介しますね。

  • 全体を塗装する
  • しばらく時間を置いてから、浸透しきれない塗料をウエスで拭き取る
  • 全体的に薄く2度塗りをする
  • 耐水紙やすりで磨く(ウエット研磨)
  • 再度拭き取りをする

という感じです。

完全乾燥には24時間かかります。若干臭気があるので、窓を開けっぱなしにして、換気をしながら待ちましょう。

手作り傘立ての完成

完成しました。木材の家具は温かみがあっていいですね。質感が好きです。

コンパクトなサイズを意識して作成しましたが、4本程度の傘なら余裕をもって収納できそうです。ほど良い重さもあるので、安定感も良いです。使い勝手はよさそう。

色味についてです。想像より色が濃く出過ぎてしまったので、2度塗りはせずに1度塗りで終わらせればよかったかもしれません。

ただ、ワトコオイルは「時間が立てば自然と色が薄くなっていく」という特徴があるそうなので、大事に長く使っていけば、丁度いい具合になってくるかもしれません。

受けのステンレストレーは、隙間なくピッタリサイズではまっています。

新品なので輝きがありますが、この傘立ての雰囲気だと、少しくすんだ色合いの方がマッチしそうです。使い込む内に良くなっていくと思います。

ガタガタで低クオリティの相欠き継ぎは、ワトコオイルを塗ったら「多少はマシ」に見えている気がします。

L字型の金具で留めた部分です。ここはいい感じだと思います。茶と黒の組み合わせは、相性バッチリでカッコいいです。

さいごに

手作り傘立てに掛かった費用です。

  • 木材 1,800円
  • 金具とビス 500円
  • 塗料 200円

合計2,500円。思っていたよりお金が掛かりました。安価な角材を使えば半額ぐらいで作る事はできそうですが、「可能な限り安く」を目指しているわけではないので別にいいでしょう。

雨の降っている日は、濡れた傘を置く場所がなくて困っていましたが、今回のDIYのおかげで悩みが一つ消えました。上手くいかない部分も多かったけど、やってよかったです。

ステンシルシートを使ってアルファベットでも刻めば、遊び心のある感じも出るし、オシャレ感がプラスできる気がするので、そのうち手を加えるかもしれません。

オリジナルステンシルを「ステンシルシートを手作りするよ。100均ダイソーのアイテムとフリーフォント(文字)で挑むDIY」で作ってみました。謎のパンダイラストもありますよ。

傘立てに手を加えたら、この記事でお知らせしようと思います。よかったら、またブログに遊びに来てくださいね。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19