ダイソー「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を買ったよ。試し塗りレビューと比較。木箱にペイントして簡単リメイクも

DIY

100円均一ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を試してみます。

水性塗料やニスなどは使った事がありますが、「漆喰塗料」や「珪藻土塗料」などの特殊な塗料(?)を使うのは初めてです。どんな発色で、どんな使い勝手なのか気になります。

試し塗りをしながら、色見本(サンプル)を作ってみようと思います。それぞれのカラーを比較しながら、レビューなどもしてみるつもりです。木箱リメイクにも使ってみますよ。

購入を考えている方は、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ダイソーで「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を見つけた(売り場)

木箱やトレーが並んだ、木製インテリアコーナーの売り場です。ミルクペイント(水性塗料)の横に、「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」が置かれています。

ダイソーから変わった塗料が発売されている。100円均一の商品なのに、なかなかイケてる。という噂は聞いた事がありました。

せっかく見つけたので、買ってみようと思います。

キャッチコピーと説明書きです。

漆喰、塗り方次第でいろんなテクスチャーが楽しめる!

珪藻土、うすく塗り広げるように使うだけ!

という事みたいです。「漆喰」と「珪藻土」がイマイチわかっていません(漆喰はぬりかべ、珪藻土はバスマット、という認識です)が、本格的で良さそうに感じます。

ちなみに、陳列棚の奥にあった物は、埃を被っている物もありました。あまり売れていないのかもしれません。

買い物カゴに詰め込んだので、お会計を済ませて帰ります。

ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を買ってみた

持ち帰りました。漆喰(PLASTER )と珪藻土(DIATOMACEOUSEATH)です。なんとなく、英語表記も書いてみました。

どちらも「質感の表現に」という記載があります。中身は勝手に、水性塗料のような液体、だと思っていましたが、特殊な液だったりするんですかね。開けてみるのが楽しみです。

細かく見ていきます。

パッケージはオシャレなデザインです。細めのフォントを使っていて、スタイリッシュな感じもあります。

ボトルは太めです。手に馴染む感じで握り易いです。床に置いても安定感があります。うっかり倒す心配も少ないと思います。

特徴、用途、ご使用方法、お手入れ方法、保管方法、材質、ご使用上の注意の記載があります。

狭いスペースに、これでもかと言う程、文字が詰め込まれています。イマイチ読む気は置きませんが、大事な部分なので、しっかり目を通しておきます。

いつも使う塗料とは違う部分があるので、ご使用方法の項目だけ抜粋しますね。

  • 塗る面のゴミ、油分、さび、かび、ワックスなどを取り除いてください。※5度以下のときは塗らないでください。
  • 容器の蓋が閉まっていることを確認し、よく振って中身を均一にします。
  • 厚さ1~2mmで塗ります。※それをこえる場合は乾燥させてから塗り重ねてください。

「厚さ1~2mm」というのが特殊な部分ですね。普通の塗料の場合は、薄塗りが基本ですが、漆喰塗料の場合は、厚みを出して塗るんですね。

品名、容量、包材の材質の紹介です。

フタには「サラッとした風合い」の文言と共に、家の形をした雑貨がプリントしてあります。漆喰塗料を使ってリメイクした作品だと思います。

写真が小さくて、細かな部分まではわかりませんが、やさしく落ち着いたイメージです。漆喰壁にあいた4つ窓と、赤い屋根がいい雰囲気を出しています。

キャップには滑り止めのギザギザ(溝)が付いています。指がひっかかるので回しやすいです。

フタを外すとこんな感じになっています。白色のビニール(?)で密封されています。厳重です。

端から捲ってビニールを剥がしました。接着が強かったので、かなりの力が必要でした。

勢いを付けて開けると、開封時に塗料が飛びます。洋服が汚れないように、注意が必要です。

質感やニュアンスを確認したいので、紙コップに移し替えます。

逆さまにしても中身が落ちてきません。容器をペコペコ押してもダメです。

割り箸を使って引っかき出しました。容器の縁に塗料がついて、汚い感じになってしまいましたが・・・。

かなりネバネバしています。硬化しかけの木工ボンドみたいな感じ(?)です。クセが強いので塗るのにコツがいりそうです。

色は真っ白(ホワイト)です。蛍光灯の下で撮影しいる影響もあると思いますが、ツヤっと塗れているような雰囲気があります。一応、乾くとマットな質感に変化するみたいです。

若干の臭気があります。鼻を突くような感じ。髪を染めるブリーチのような臭いです。

室内で使用する場合は、窓を開けたり換気扇を付けたりして、風を通しながら作業をした方がいいいと思います。

続いて、珪藻土を見ていきます。

ラベルのカラーが少し違うだけで、パッケージのデザインは漆喰とほぼ同じですね。

特徴、用途、ご使用方法、お手入れ方法、保管方法、材質、ご使用上の注意の記載があります。

漆喰塗料と違って、珪藻土塗料は薄く塗り広げていくものみたいです。水性塗料の着色方法と同じですね。

品名、容量、包材の材質の紹介です。

フタには「ざらっとした風合い」の文言と共に、プランター(植木鉢)がプリントしてあります。珪藻土塗料を使ってリメイクした作品だと思います。

粗くざらっとした質感が伝わってきます。あえて、汚れたような塗装方法をしているんだと思います。アイデア次第で、楽しみ方の増えそうな塗料です。

キャップを外しました。

ビニールを剥がして、紙コップに移します。

ボトルを傾けただけで、塗料が流れ出てきました。粘性は低く、サラっとしています。

振ったばかりなので泡立っていますが、時間が経てば落ち着いてくると思います。

色は白です。ただ、真っ白というわけではなく、少しベージュっぽいような雰囲気もあります。

漆喰塗料と同じように、鼻を突くような臭気が若干あります。

移し替えました。漆喰も珪藻土も、同じ系統の塗料だと思っていましたが、中身(液)の質感がまったく違いました。塗るとどうなるんですかね。楽しみです。

試し塗りの下準備

端材ボックスに入っていた木板を使います。おそらく、セリア製です。材質は桐だと思います。軽いです。

試し塗りに使うだけなので、どうでも良かったりするのですが、状態はいいです。反りや捻じれはありません。DIYの材料としても、普通に使えるレベルだと思います。

紙やすり(240番)で表面を整えます。木目に沿って往復させて、ツルツルと手触りがよくなるまで磨いていきます。汚れている箇所もあるので、ついでに削り落とします。

食器洗用のスポンジを刷毛代わりにします。細かく切り分けて、ネットを取り外せば普通に使うことが出来ます。

YouTubeのDIY動画でやっているのを見つけて、マネしてみたテクニックなのですが、刷毛を使うより経済的で後片付けも楽(捨てるだけ)な場合が多いです。

使い捨てのビニール手袋を装着します。

「手にぴったりフィットして素肌感覚」というキャッチコピーで100枚入り600円。カインズホームのPB(プライベートブランド)商品です。

これを導入してから、塗装の工程がだいぶ楽になりました。手放せない存在です。

こんな感じで、スポンジに塗料を含ませてから塗っていきます(弾力があってちょっと取り過ぎましたが・・・調整します)。

床が汚れないように、ゴミ袋とブルーシートを敷いています。これで、準備万端です。カラーリングをスタートしましょう。

ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を試し塗りする

漆喰塗料です。試しに、表面をさっと撫でる感じで塗ってみました。

塗り広げました。粘性が高いので扱いが難しいです。普段使っているような水性塗料とは、だいぶ勝手が違います。

1mm~2mmの厚みを作る、と塗装方法に記載がありました。一応、それに倣って作業したつもりです。

続いて、珪藻土塗料です。表面をさっと撫でる感じで塗ってみました。

塗り広げました。塗料は、柔らか過ぎず硬過ぎず、という具合で扱い易いです。ノビも良いので塗り易いです。

スポンジ(刷毛)に取って塗りつけるというより、ポンポンとスタンプするように塗り叩く方が、珪藻土のソレっぽさが出る気がします。

エイジング塗装やアイアン風塗装に慣れている方は、すぐに要領をつかめる気がします。自分は・・・ですが。

1度塗り目が終わりました。左が漆喰、右が珪藻土です。

比較しやすいように、隣同士で描けば良かったかもしれません。ちょっと見づらいですね・・・。

乾燥時間は、約2時間(指触乾燥)とラベルに記載がありました。ぼーっと待つには少し長いです。ドライヤーの温風を当てて、乾燥を早める時短テクニックで乗り切ります。

乾燥後の漆喰塗料です。表面の凹凸が酷いですね。雰囲気を出したくて、わざとやった所もありますが・・・。上手くコントロールできていません。重ね塗りで挽回する予定です。

乾燥後の珪藻土塗料です。ザラっとした雰囲気があって、いい感じだと思います。薄っすらと、下地の木材が透けている箇所があります。重ねりでカバーできると思います。

さて、2度塗り目は一気に終わらせてしまいますね。

終わりました。左が漆喰、右が珪藻土です。どちらも重ね塗りをしたら良くなったので、アップで写して紹介しますね。

(やっぱり、比較しやすいように隣同士で描けば良かった・・・)

漆喰です。1度塗り目にできた凹凸を、整える感じで塗りました。かなりマシになっています。というか、ソレっぽい出来栄えになりました。

漆喰壁にある柄や模様を無理にマネようとせず、丁寧に均一に塗っていく方が上手く仕上がる気がします。

珪藻土です。重ね塗りで下地の透けもなくなりました。ザラっとしていて質感が良いです。

珪藻土塗料は、普段使う水性塗料と同じ感覚でペイントできるので、扱い易いです。

さて、試し塗りはここまでです。ある程度(?)特性がわかってきたので、実践編のリメイクに移ろうと思います。

ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」でセリアの木箱をリメイクするやり方

セリアの木箱です。商品名は「木製トレイ Sサイズ」。材質は、天然木。寸法は、約11.7×15.8×4cmです。

ウチの材料ボックスに埋もれていました。「何かに使えそうだから買っておこう」と、無計画に購入したものだと思います。今回活用できてよかった。

隅の接続部分にズレがあったり、全体に歪みがあったり、縁にささくれがあったりします。精密とはいきませんが、100円の商品なので文句は言えません。

ラベルシールを剥がします。最近は、接着跡が残らないタイプも多くなりましたね。シール跡を除去するのって意外と面倒だったので、嬉しいです。

漆喰からです。試し塗りの時に「スポンジより刷毛の方が塗布に向いていそう」だと思ったので刷毛を使っていきます。

100円均一で買った安物ですが、水性塗料の場合は洗って再利用できるし、ボロくなったら捨ててしまってもいいし、万能で助かっています。

一面塗ってみました。試し塗りの時よりは、良くなっているかと思います。それでも、ムラや凹凸はたくさんありますが・・・。重ね塗りでどうにかする予定です。

塗り終わりました。掛った時間は15分程です。

底板の部分だけは、厚みを出さずに塗っています。理由は、なんとなくです・・・。

珪藻土です。こちらは、スポンジでいきます。

薄く塗り広げる感じで作業していきます。珪藻土塗料は、普段の感覚でカラーリングできるので、ストレスなく進めることが出来ます。

塗り終わりました。掛った時間は10分ほどです。素早く作業出来たと思います。

並べてみるとこんな感じです。左が、漆喰。右が、珪藻土。ドライヤーで乾燥させたら、重ね塗りをします。手順は同じなので、途中の写真はスキップしてしまいますね。

重ね塗り直後です。乾燥が終わったら完成です。

ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」でセリアの木箱をリメイクしたよ

完成しました。どちらも味のあるリメイクになったと思います。ナチュラルな雰囲気があって、いい感じです。

主張が強くないので、インテリアにも取り入れやすいと思います。ちょっとした収納に便利そうです。玄関の鍵置きなんかに、良さそうだなと思っています。

試し塗りをしてから本番のリメイク作業、という流れにしてよかったです。ぶっつけ本番だったら、ブログで紹介するのも恥ずかしい出来になっていたと思います。

せっかくなので、一つずつ細かく見ていきますね。

漆喰です。オシャレで優しい感じがあります。

厚さは均一になっていると思います。刷毛跡の筋や、ムラの波線は、漆喰のソレらしく見えます。不自然な感じは「ないはず」です・・・。

しっかり練習すれば、左官職人のように柄(模様)を作ったり、自分好みにアレンジすることが出来そうです。そこまでスキルアップできれば楽しそうです。

内側です。1cmほど、ヒビが入っている箇所があります。極端に厚塗りし過ぎました。補修は簡単にできますが、角で目立たない部分なので、このままでいいかと思っています。

珪藻土です。素朴で清潔感があります。

綺麗にリメイクできていると思います。ザラっとした表面が特徴的。塗料の質感がいいです。

表面がゴツゴツしているのは、研磨が足りなかった部分ですね。もう少し時間を掛けて丁寧にやればよかったです。

珪藻土塗料は、下地が透けやすいです(2度塗りしたけど、ちょっと透けてますね)。今回使ったような、濃い色の素材に塗布する場合は、重ね塗りをしっかりやる必要がありそうです。

さいごに

ダイソーの「漆喰塗料」と「珪藻土塗料」を、試し塗りからリメイクまでやってみました。

100円の商品なのに、ポテンシャルの高い塗料だと思いました。手軽にソレらしい雰囲気を出すことが出来ます。当たりの商品ではないでしょうか。

珪藻土塗料の方が、扱いは簡単ですが、自分のおすすめは漆喰塗料です。何度か練習してコツを掴めば、本物に近い雰囲気を出せると思います。表現の幅は広いと思います。

ダイソーの塗料でリメイクやDIYをやったら、ブログでお知らせしようと思います。よかったら、また遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

ダイソーのペンキをまとめてみました。詳しくは「ダイソーのペンキ「ミルクペイント(水性塗料)」を全7色買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で紹介していますよ。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19