【白黒金銀】ダイソー「ラッカースプレー(油性ツヤなし)」を全色購入。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

DIY

ダイソーの「ラッカースプレー(油性ツヤなし)」を買ってみようと思います。白黒金銀の4色をコンプリート予定です。どんな発色で、どんな使い勝手なのか楽しみです。

試し塗りをしながら、色見本(サンプル)を作ってみます。それぞれのカラーを比較しながら、レビューなどもしてみるつもりです。

DIYブログを2年以上やっておきながら、スプレー塗装の経験はほとんどありません(記事にするのは3回目デス)。カラースプレーの基本的な使い方などは、勉強しながら進めていくつもりです。少し長めの記事になると思います。結果だけ気になる方は、目次からジャンプしてください。

関連記事>>>ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤあり)を”ほぼ全色”購入。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

スポンサーリンク

ダイソーラッカースプレーの売り場

工具用品の売り場です。養生テープ、平ハケ、ウッドパテ、ローラーなどが並んでいます。「100均ダイソーの工具(スモーキーシリーズ)を”ほぼ全種類”揃えてみました【レビュー】」も近くにありました。

下段の棚には、セメントなんかも置いてあります。「【DIY】おしゃれな「セメント鉢」を手作りするよ!観葉植物のディスプレイを楽しむ【作り方】」で使ったやつです。すごい品揃えだと思います。ちょっとしたDIYの材料なら、100円均一で十分に揃えることが出来そうです。

お目当てのラッカースプレーがありました。塗料のコーナーは、週末明けに来ると品切れている商品も多いのですが、今日はすべてのカラーが揃っています。ラッキーです。

白黒金銀のすべてのカラーを買い物カゴに詰め込みました。レジでお会計を済ませて帰ります。

スポンサーリンク

ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤなし)を全部買ってみた

持ち帰りました。なんだか、大人買い気分で気持ちが良かったです(ダメな感覚)。

購入したカラーの紹介です。

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド

計4色です。

ブラックのカラーだけは以前のDIYで使ったことがあります。パソコンデスクの後付け引き出しを購入した時に、木製の天板とプラスチックの引き出しがマッチしなかったので、カラーチェンジをして色味を合わせるために使いました。スプレーの使用感は良かったです。さいごにスプレーリメイクの事例として写真付きで紹介しようと思います。

詳しく見ていきますね。

パッケージのデザインはシンプルです。塗料らしく硬派(?)な感じもあります。どの容器も中身の色を模したカラーが基調になっています。

ボトルは丸形で細長い形状です。なめらかで手にフィットする感じがあります。持ちやすいです。

ラッカースプレー(ツヤなし油性)の基本情報です。

  • 種類:合成樹脂塗料
  • 成分:ニトロセルロース、合成樹脂(アルキド樹脂)、顔料、有機溶剤
  • 塗り面積:0.2~0.35平方メートル(2回塗り)
  • 乾燥時間:夏約40~50分、冬約1~2時間
  • 用途:木工品・鉄製品・プラスチックに

メイドインチャイナ。発売元は株式会社大創産業です。

取扱い上の注意と使用方法があります。ラッカースプレーはほとんど使ったことが無いので、使用方法だけはしっかり確認しておきます。

  • 塗る面のゴミや油分を取ってキレイに
  • 容器を上下に振りよく混ぜる(30秒が目安)
  • 塗る面と噴射口は10cm~20cmの間隔
  • 塗る面と平行に動かす。薄く塗り重ねる感じ

パッケージの使用方法があまりにも長すぎたので、重要だと思われる部分を簡単に抜き出しました。

警告と救急処置があります。火気と高温に注意、火気厳禁という記載は、赤色で目立つようにマークされています。普段使っている液体塗料に比べると、カラースプレーは守るべき約束事が多いです。

塗れる物と塗れない物の記載があります。

  • 塗れる物:鉄、木、コンクリート、スレート、アルミ、プラスチック(ABC、アクリル、硬質塩化ビニル)
  • 塗れない物:右記以外の発泡スチロールを含むプラスチックと自動車の補修、玩具、新しいコンクリート、モルタル、革、合成皮革、樹脂コーティングされた物等、食品に直接触れるもの

塗れる物にコンクリートがあって、塗れない物に新しいコンクリートがあります。何だか斬新(?)な気がします。理由が気になって調べてみたのですが、それらしい答えは見つけることができませんでした。

キャップです。ツルっとした感じ。

蓋のカラーは中身を模した色になっています。引き出しやカゴにしまっていても、上から見ただけで、どれがどの色なのかを一発で見分けることができます。親切設計です。

試し塗りをする前に、ちょっとだけキャップを開けてみました。噴射口は赤色になっています。構えた時にノズルの向きがわかりやすい仕様です。

裏側です。指を掛ける部分には凹みがあります。

スポンサーリンク

色見本制作の下準備

用意したのはダイソーのブロックです。立方体や直方体など形の種類が多く、サイズのバリエーションも豊富な木材です。今回は立方体(30×30×30mm)を使います。

木製ブロックの詳細は「ダイソー「木材」のサイズと種類(板材、角棒、丸棒、ブロック、MDF材)を紹介します。」にまとめています。気になった方は、ぜひ覗いてみて下さい。

手のひらサイズ。コロっとした感じで可愛いです。桐なので軽く柔らか。ソフトな質感があります。

紙やすり(240番)で表面を整えます。木目に沿って往復させて、ツルツルと手触りがよくなるまで磨いていきます。汚れている箇所もあるので、一緒に削り落とします。

バリや毛羽立ちなんかも除去しました。これで木製ブロックの準備は終わりです。あとの準備はパパっとしてしまいます。

賃貸のアパートに住んでいるので、自宅にスプレーをする環境がありません。外に出て作業します。

持っていくアイテムは以下です。

  • ラッカースプレー(ツヤなし油性)白黒金銀の4色
  • 木製ブロック
  • 軍手
  • ガムテープ
  • マスキングテープ
  • ビニール袋
  • ゴミ袋(地面保護用)
  • ダンボール

これだけあれば十分なはずです。それでは移動します。

ダイソーラッカースプレー(油性ツヤなし)の色見本作り

広場までやってきました。「【リメイク】スチールラックをアイアン風に塗装するよ。ミッチャクロン(プライマー)を初めて使う」と同じ場所です。

今日はカラっと晴れてて天気がいいです。絶好のスプレー日和(?)といきたい所だったのですが、風が結構あります。木の枝がわさわさ震えるぐらいです。ビニール袋が飛んで行かないように注意しないといけません。

塗装の準備まで終わらせています。右側のダンボールの中で吹き付けて、左側のダンボールの上で乾燥させるという作戦です。

ホワイトからやっていきます。

前回のカラースプレーの色見本作りでは、木製ブロックを底に直置きしていました。初めは調子が良かったのですが、塗装を続けているうちに、底にスプレー液が水溜りのように溜まってしまい、木製ブロックに染みてしまうというトラブルがありました。その対策として、ダンボールを丸めた台座を作ってみました。

使用方法にあった通り、スプレーと対象の距離を10~20cm取り吹き付けました。塗る面と平行に移動させながら、複数回重ねるのがキレイに仕上げるコツらしいです。基本に忠実にいきます。

ブラックを塗ります。

良い感じで色が付きました。今まで液体の塗料ばかり使っていたので、プシューっと噴射する感覚が何だか楽しいです。続きをやっていきます。

シルバーです。ダンボールを丸めた台座は、良い感じに機能しています。もう一つぐらい作っておいたら良かった。

ゴールドです。輝きが凄いです。神々しい。

終わりました。塗装の準備を始めてから吹き付けが終わるまでに掛かった時間は、15分ほどだと思います。カラースプレーの色見本作りはこれで2回目なので、少し慣れてきた感じがあります。スムーズに進められました。

ラッカースプレーは油性という事で、キツめのニオイが残っています。鼻を突くような感じ。この場所でしばらく風に当ててから、自宅に持って帰ろうと思います。

ウチに持ち帰ってから1時間ほど乾かしました。指で直接触れても色が移ることはありません(独特のニオイはまだ残っています)。

ダイソーのラッカースプレー(ツヤなし油性)色見本が完成

ダイソー「ラッカースプレー(ツヤなし油性)」の色見本が完成しました。

カラーの並びです。

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド

100円という安価な商品ですが、色味自体はキレイだと思います。値段を考えるといい仕事をすると思います。

ブラックとゴールドはハッキリ色が付きました。ホワイトは普通と言う感じ。シルバーは薄くて下地の木色が透ける感じがありました。しっかりと発色させたい場合は、重ねる回数を増やした方がいいかもしれません。

横からです。シルバーとゴールドは光が当たると輝きます。ギラっと鋭い感じ。ちょっと人工的な雰囲気はありますが、光の反射自体はキレイだと思います。

色味がわかりやすいように、一つずつ写してみます。

ホワイト(白)です。

ブラック(黒)です。

シルバー(銀)です。

ゴールド(金)です。

過去に作った色見本がいくつかあります。近い色同士を並べて簡単な比較をしてみようと思います。

まず初めに「ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤあり)を”ほぼ全色”購入。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」を持ってきました。今回使ったラッカースプレーの「ツヤあり」バージョンです。

ブラックを並べてみました。

左がツヤなしです。白っぽくくすんだような雰囲気。右がツヤありです。深く暗い雰囲気。

こうやって隣同士に並べてみると、色味の違いが分かり易いです。「この家具はくすんだ黒、この雑貨は深い黒」なんて使い分けることが出来たら、DIYの腕もワンランクアップかなと思います(なかなか難しいかもしれませんが・・・)。

ホワイトを並べてみました。左がツヤなし、右がツヤありです。

続いて「【金属塗料】ダイソー「メタリックペイント」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」を持ってきました。2020年の夏に登場した新商品。キャッチコピーは「手軽に金属感を楽しめる」だったと思います(うろ覚え・・・)。

シルバー同士を並べてみました。どちらも薄っすらと透ける感じがあります。発色の雰囲気などはにていると思います。

ゴールド同士を並べてみました。色味が全く違います。”ゴールド感”が強いのは、スプレーの方だと思います。

引きで撮影してみました。金属特有のメタリック感は、スプレーの方が出ていると思います。水性塗料は塗った面に厚みがでるので、そういったポイントでも違いが出ているのかと思います。

さいごに「ダイソーのペンキ「ミルクペイント(水性塗料)」を全7色買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」を持ってきました。

ブラック同士を並べてみました。かなり近い発色に思います。

ホワイト同士を並べてみました。ミルクペイントのホワイトは、ベージュに寄った雰囲気があります。純白系のラッカースプレーとは、まるで違った質感です。

ラッカースプレー(油性ツヤなし)でリメイクDIY

ダイソーのラッカースプレーを使って、DIYやリメイクをしています(2020年11月11日現在、まだ1点のみです・・・ゴメンナサイ。これから増える予定です!)。簡単なコメントと共に紹介していきますね。

引き出し

記事の前半でも少し触れました。引き出しのリメイクです。木製の天板とプラスチックの光沢感が噛み合わなかったのでカラーチェンジをしました。

マットなブラックには重厚感があります。金属っぽい質感もプラスされて、冷たくスタイリッシュな雰囲気も出ているかと思います。ウォールナットの天板とも相性ばっちりです。

正面からです。すっきりした見た目でカッコイイと思います。塗装の工程は大変でしたが満足の仕上がりになりました。

個別記事では塗装の様子以外にも、引き出しそのもののレビュー、取り付け、収納物探しなどを紹介しています。気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。「PCデスクに「後付けの引き出しトレー」を取り付けるよ。リメイクでカラーチェンジまで【DIY】」です。

ティッシュケース(追記:2021年1月10日)

セリアのウッドティッシュケースです。元々は木目調のナチュラルカラーでしたが、ダイソーのラッカースプレーを使ってリメイクしました。

金ぴかティッシュケース。圧倒的な成金感(?)があると思います。

光の当たり方によって印象が変わります。ギラッと鋭い感じも。

個別記事では、ラッカースプレーによるティッシュケースアレンジに加えて、水性塗料(アイアンペイント)やリメイクシートを使ったアレンジ方法も紹介しています。気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。「100均セリアの「木製ティッシュケース」をリメイク。吹く塗る貼るで金黒白」です。

有孔ボード(追記:2021年1月10日)

ダイソーの木製デザインボードというアイテムです。穴あきボードや有孔ボードなどとも呼ばれています。詳細は「ダイソーのデザインボード(有孔ボード)と専用フックを”ほぼ全種類”購入しました【レビュー】」です。

買ったはいいものの、イマイチ有効な使い道が思い浮かばなかったので、大胆に(?)アレンジしてみました(色を塗っただけですが・・・)

フック系のパーツをゴールドのカラーで色付けしています。上品で高級感のある見た目になったと思います。塗装前はシルバーのカラーだったのですが、それより、全体的に質感が良くなりました。

詳細が気になった方は「有孔ボードを塗装してオシャレにリメイク【100均】」を覗いてみて下さい。ビフォーアフター写真なんかも載せていますよ。

パンチングボードとフック(追記:2021年8月7日)

ダイソーのパンチングボードです。穴あきボードや有孔ボードなどとも呼ばれています。詳細は「ダイソー「パンチングボード」とフック収納ホルダーを”ほぼ全種類”購入しました【レビュー】」です。

ちなみに、1つ前に紹介したデザインボードは木製、こちらのパンチングボードはプラスチックの樹脂製となっています。

ボード本体に加えて、フック、収納箱(カップ型)、平面棚を塗装してみました。ベースカラーはマットブラックです。遊び心を出そうと思って、いくつかのパーツをゴールドで塗装しています。ソレっぽいアクセントにはなっているかと思います。

詳しくは「プラスチック塗装。パンチングボードを黒と金でオシャレにアレンジ」で紹介しています。ドアフックを裏表逆に塗装した失敗談(?)なども載っています。気になった方はチェックしてみて下さい。

さいごに

ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤなし)色見本を作ってみました。

ホワイトやブラックは、日々のDIYでも普通に使っていけそうです。近々ティッシュケースのリメイクをやる予定なので、そこでホワイトは初陣かなと思っています。

シルバーやゴールドは、色味自体にクセもあるので、使えるシーンは限定的になるのかなと思います。もし、活用できるタイミングがくれば積極的に使っていきたいです。

今回は、表面にザラつきのある木材に塗布しましたが、滑らかなプラスチックなどに塗れば、また違った見え方をしてくると思います。時間とやる気のある時に、色々試してみたいです。

新しく塗料を買ったり、塗り直しを行ったら、このブログで報告しようと思います。よかったら、また遊びに来てくださいね。それでは、最後までありがとうございました。