【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う

DIY

賃貸アパートへの引っ越しを機に、本格的なDIYを始めました。まだまだわからない事も多く、腕前も初心者同然ですが、「ZENKE」の電動ドライバーセットを買ってみましたよ。人生で初めての1台です。

あれやこれやと悩みながら選んだ理由や、製品の仕様特徴をまとめてみます。半年間使ってみての口コミやレビューも追記していますよ。工具選びに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

「ZENKE」の電動ドライバーセットを選んだ理由

電動ドライバーは種類が多すぎて、何を選べばいいかわかりませんでした。

「おすすめランキング」や「初心者にはコレ」みたいな記事をいくつか覗いてみましたが、いまいちピンときません。

「電圧がどうだとか」、「拡張機能がどうだとか」書いてあるわけですが、そんな事はよくわかりません。素人には若干敷居が高いと感じました。

「余裕があるなら、少し高価なインパクトドライバーがいい」と言われてもちょっと困ります・・・。

「ブログ記事の文章を読むより、Youtubeで映像を見た方がわかりやすいかも」と思って、DIYの解説系動画や、工具紹介の動画を一通り見てみました。

たしかに、文字よりは映像(音声)の方がわかりやすいです。電動ドライバーを実際に使っている動画は、製品の想像もしやすくて参考になりました。

飽きさせないよう定期的にカメラアングルを変えたり、効果音を使ってアクセントを加えたり、テロップを付けて分かり易くしたり、番組として面白い物も多かったです。

個人の動画投稿だけど、手間をかけて運営しているんだなと思いました。

それで「お気に入りは見つかったの」という話ですが、見つかりました。「ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER)」というメーカーの商品です。

アタッチメント一式が付いていて、家庭用のDIYであれば、これ一つで十分すぎる性能、という事です。

このあたりの説明はよくわかっていないのですが、とにかく本体のビジュアルがカッコイイんです。黒とオレンジの組み合わせがクールです。

基本的に見た目から入るタイプでもあります。カッコよかったり、おしゃれだったりすれば、大切に扱うし、作業をする時も楽しくなります。

買ってしまおうと思ったのですが、お会計に進むと、そのお値段20,000円でした。予算の上限を決めていたわけではありませんが、ちょっと高くてだせない金額です。

「賃貸アパートをDIYでオシャレにしよう」、という気持ちは強いのですが、少しだけカジって飽きちゃう事もあるかもしれません・・・。

初めて買う工具としては、うーん、という感じです。

そんなわけで、レビュー系のウェブサイトや動画サイトを巡っても、納得できる物がなかったので、Amazonで探すことにしました。

電動工具の売れ筋ランキングを上から覗いていきます。

「失敗してもいいように、やっぱり安い商品」、「はじめてでも使いやすそう」、「収納に困らないようなコンパクトなやつ」なんて条件で見ていって、気になったのは「BOSCH(ボッシュ)」「ZENKE」「リョービ(RYOBI)」というメーカーの商品です。

その中から、「一番安いのに、ビットセットまで付属している」という理由で、ZENKEの電動ドライバーセットに目を付けました。

周りより極端に安いと「大丈夫かな」と心配に思う事もありますが、星の数も高くて口コミ件数も多かったので大丈夫なのでしょう。

日本製品の方がいいかな、と思う気持ちもありますが、悩みだしたら決められなくなりそうです。もうZENKEの電動ドライバーにします。

カートに入れて支払い完了。あとは、配達を待つのみです。

購入した「ZENKE」の電動ドライバーセット

Amazonでの商品名は、「ZENKE 電動ドライバーセット 充電式 正逆転可能 照明機能 12本ビット 3本ツイストドリル 1本延長棒 コードレス」。これでもかというぐらい、ワードを詰め込んでいますね。

専用収納ケースは深い緑色です。本体に合わせたカラーリングだと思います。

中央には、ドライバーのイラストが。立体的でポップな感じです。両サイドの模様は滑り止めでしょうか。

強度のある素材で出来ているので、多少の衝撃ぐらいなら問題ないはずです。取っ手付きなので持ち運びに便利です。コンパクトなので、収納場所にも困りません。

留め具自体はカチっと閉まりますが、左右で形が違っていたり、端がめくれていたり、全体の作りとしてはチープな感じがします。といっても製品価格が安いので、チープというより値段相応という感じでしょうか。

何度も開け閉めしていると、留め具が緩くなって、締まりが悪くなりそうな気がします。耐久度は低そうです。

付属品はこちらです。

  • 50mm CRVビット×2本
  • 32mm S2ビット×10本
  • ツイストドリル×3本
  • 延長棒×1本
  • USB電源コード×1本
  • 専用ケース×1個
  • 取扱説明書×1
  • 品質保証書×1

ビットはケース内の窪みに固定されています。パチっとはまるので、雑に扱わなければ、バラバラになる心配はなさそうです。

ケーブルと紙類は空いたスペースに仕舞う形です。収まりが悪いので、別の場所で保管した方がいいかもしれません。

品質保証書と取扱説明書は両面印刷です。安全上の注意や商品仕様の記載があります。

裏面です。「無料サンプル試用の招待状」と記載があります。Facebookの投稿に「いいね!」をすると、ランダムでサンプル提供を受けられるようです。

品質保証書に書いてしまっていいのかな、というのが感想です。こういった取り組みに参加したことはないです。

取扱説明書のご使用方法は、ざっと眺めた限りだと、わかりにくいという印象です。

「ビットを差し込みたり、切り替えたり、取り出したりする時、チャックを上へ引き上げてください。」

ウェブサイトで無理やり翻訳させたような文章です。まあ意味自体は伝わるので、これでもいいのかもしれません・・・。

以下のようなスペックです。

  • 電池圧力:3.6V
  • 無負荷回転速度:250RPM
  • 最大トルク4.5N.M
  • コレットチャック寸法:1/4″(6.35mm)
  • 電池タイプ:1300mAhリチウムイオン電池
  • 保護装置:過充電・過放電保護
  • 充電方式:USBケーブル
  • 最大充電電流:5.0V 1000mA

本体は小型で軽いです。片手でも楽々持ち上がります。女性でも扱いやすいと思います。

グリップを握ってみると、少しオモチャっぽい感じがします。「具体的にどの部分が」と聞かれたら難しいのですが、触り心地やボタンの付き方が、そんな印象を与えるんだと思います。

元々、本格的な電動工具というわけではなく、趣味のDIY工具という感じですからね。オモチャっぽいというのも、別に悪くない表現だと思います。

カラーリングは、本体が緑色。スイッチとチャックが黒色。先端部分に銀です。SF映画に出てくるレーザー銃みたいな色の組み合わせです。個人的には好みの配色です。

正面からのアングルです。コレットチャックはスムーズに稼働します。ビットを付け替えるたびに動かす必要があるので、滑らかに動くのは嬉しいポイントです。

LED照明ライトが付いているので、稼働中は手元に光が当たります。暗所での作業も可能です。

持ちての部分は、ラバー加工で滑りにくくなっています。手の形に合わせているのか、不思議なデザインです。

ドリルを回すトリガースイッチと、正回転、逆回転を管理する、切り替えスイッチは、カチャカチャ鳴ります。

堅くもなく緩くもなくという感じで、押し心地は至って普通の感じです。

グリップに付いている、PRESSボタンを押しながら回すと、本体がストレート形状に切り替わります。狭い場所や手の届かない隙間でも、変形させて対応することが出来ます。

「写真も撮ったし、元の形に戻そう」と、ボタンを押しながら力を加えても、グリップが回りません。強めに回してもピクリともしません。

まだ、開封レビューの最中です。一度も実践で使っていません。かなり焦りました。

結局ドッカンドッカンやりながら、フルパワーで回したら元の形に戻りました。よかったです。一生、ストレート形状のままかと思いました。

とりあえず、この変形機能は使わずに、電動ドライバーはピストル形状で使っていこうと思います。

充電ソケットはグリップ上部にあります。本体に、似たような穴がいくつかあったので、初めは場所が分かりませんでした。

製品には、USBコードしか付属していません。市販のアダプター(DC5V 0.5~1.0A)を用意するか、USBポートに繋ぐ必要があります。

今回は、スマートフォンのアダプタに繋いで充電しました。

電池残量表示は赤、黄、緑の3色です。50%以上、50%以下、10%以下をランプの点灯で通知してくれます。

急に充電が切れたら困るので、こういったサポート機能は嬉しいです。

本体の塗装が少し雑です。写真のように、グリーンのカラーがはみ出している箇所があります。ガタガタしていて少しカッコ悪いですね。

本体に貼り付けられているロゴシールも、斜めになっています。窪みにしっかり収まっていてくれたらいいのですが、ズレていて気になります。手作業でペタペタ張り付けているんですかね。

この辺りを見ても、価格相応のチープな感じが出ている気がします。ただ、値段からして、精巧な作りの電動ドライバーが来るとは思っていなかったので、特に問題はないです。

ビットを取り付けてみました。なんだか、一気にソレっぽくなった気がします。装着しているのは、50mmのプラスビットですよ。

32mmのビットを取り付ける時は、専用の延長棒を使います。シルバーとブラウンの色合いがカッコイイです。

「ZENKE」の電動ドライバーセットに付属しているビットです。

  • 50mm ビット2本(PH1/PH2)
  • 55mm 延長棒1本
  • 32mm ビット10本(プラスPH1/PH2/PH3;トルクスT20/T25;マイナス4.0/5.0/6.0;ヘックスH4.0/H5.0)
  • ツイストドリル3本(2.0/ 2.5/ 3.0)

全部で16本あります。初心者のうちは、何を揃えればいいかわからないので、基本となるビットセットが付属しているのは、大きなプラスポイントだと思います。

これだけあれば、色々な工作が楽しめそうです。

「ZENKE」の電動ドライバーセットを使ってDIY

日常的に使う家具から、「これ必要あるの?」という物まで、ZENKEの電動ドライバーを使って色々と作ってみました。簡単なコメントを添えて紹介します。

ローテーブル

初めてDIYした家具です。右も左もわからなかったので、結構苦戦した記憶があります。組み立てには、ZENKEの電動ドライバーと木ねじを使用しました。

ローテーブルの底面は、木ねじの頭が飛び出していると、床と当たってキズが付いてしまいます。木工用のフォスナービットで、座ぐり穴を空けて平坦に加工しましたよ。

久しぶりに過去記事を読み直したら、用語間違いなどが多数ありました。近いうちに、修正しておきますね。

関連記事>>>【DIY】おしゃれなローテーブルを簡単シンプルに1×4(ワンバイフォー)材で作ってみよう【作り方】

本棚

図書館のような、壁一面の本棚にあこがれて作りました。作ったといっても、短い板に長い板を置いているだけですが・・・。

仕切り板の組み立てに電動ドライバーを使っています。棚板と仕切りの固定は、L字の金具を使用しました。この部分のネジは手動で締めています。

「あれもこれも」書いていたら、長文記事になってしまいました。覗くと後悔するかもしれません。

関連記事>>>【DIY】壁ぴったりの「本棚」を自作しよう!木材は1×8(ワンバイエイト)だけの簡単シンプル設計【作り方】

スパイスラック

端材で作りました。オシャレな調味料棚にあこがれて、色々と試行錯誤しています。所々失敗しているのですが、「手作りのいい味がでている」とポジティブな解釈をしています。

組み立ては、電動ドライバーと木ねじのみです。接地面にキズが付いたら困るので、ローテーブルと同じ手順で、座ぐり穴加工をしています。

関連記事>>>【DIY】木製スパイスラック(調味料棚)を手作りしよう!簡単おしゃれにキッチン収納【作り方】

カフェトレイ

「オシャレなカフェトレイが家にあったら素敵だな」と思い作りました。材料はすのこ(100均)を解体して確保しています。

電動ドライバーを使ったのは、黒くペイントした丸棒の固定のみです。

関連記事>>>【100均DIY】おしゃれな木製「カフェトレイ」を手作りしよう!すのこを分解して材料にするよ【作り方】

野菜ストッカー

キッチン用の木箱です。野菜収納に使います。大きめのサイズで作ったので大容量。使い勝手はいいですよ。木工ボンドと木ねじを使って組み立てました。

関連記事>>>【100均DIY】木箱を作って「野菜ストッカー(収納)」にするよ!材料はすのことMDF材だけの簡単設計【作り方】

傘立て

玄関用の傘立てです。もう少し小さく作っても良かったかなと思っています。意外と大きくて、存在感があります。

相欠き継ぎというのに挑戦したら、ガタガタの低クオリティになりました。いつかリベンジします。

座ぐり穴をあけたり、下穴をあけたり、金具を留めたり、電動ドライバーの使用頻度は高いです。

関連記事>>>【DIY】小型の「木製傘立て」を手作りするよ!相欠き加工にも挑戦【作り方】

パソコンデスク

SPF材を繋いで天板にしました。脚はIKEAの既製品を使っています。

余計な物も映っているし、ブルーシートは敷いたまま。「サムネイルの写真を撮り直さないと」といつも思っていますが、結局そのままです・・・。

現在は、ノートパソコンと液晶モニターを置いて使っていますよ。幅140cmで作ったので、広くて便利です。配線隠し用の引き出しを取り付けようかと思っていますが、いつやるかは未定です。

関連記事>>>【DIY】パソコンデスクを手作りするよ!天板を作ってIKEAの脚に乗せるだけの簡単設計【作り方】

ドアプレート

100円均一の端材を使って、ドアプレートを手作りしました。黒板塗料を塗布してチョークでイラストを描き込んでいます。

ZENKEの電動ドライバーは「麻ひもを通すための穴開け」に使っています。

関連記事>>>【DIY】100均端材で黒板ドアプレートを手作り!オリジナルのルーム看板【作り方】

セメント鉢

ダイソーのセメントで作ったプランターです。水性塗料で色塗りもしています。今まで紹介してきた物の中でも、上位にランクインするぐらい気に入っています。

鉢の底部分に、水抜き穴を開けるため、電動ドライバーを使いました。「木」以外の素材に使うのは初めてです。「セメントにも穴って開けられるの?」なんて思いながら作業をしました。簡単に開きました。

失敗やトラブルが続いて苦戦したDIYです。その模様もよかったら。

関連記事>>>【DIY】おしゃれな「セメント鉢」を手作りするよ!観葉植物のディスプレイを楽しむ【作り方】

モニター台

モニター台です。本棚、パソコンデスクと同じSPF(1×8)材を使ってDIYしました。塗装はワトコオイル(ダークウォルナット)とターナーミルクペイント(インクブラック)を使っています。

「ダボ埋めをマスターすれば、あなたのDIYもワンランクアップ」で御馴染み(?)の、ダボ埋めに初挑戦しました。電動ドライバー、木ダボ、木工用6角軸ダボ推(ダボ穴あけ用)を駆使して、何とかやってみましたよ。

関連記事>>>【DIY】おしゃれな「モニター台」を自作するよ!パソコンデスクのスペースを有効活用【作り方】

半年使った「ZENKE」の電動ドライバーセットをレビューする

購入から半年です。ちょっとしたネジ締めから、大きな家具の組み立てまで、一通りの作業にZENKEの電動ドライバーを使ってみました。良かった点、悪かった点を紹介します。

良かった点

安くて機能的です。趣味としてのDIYを楽しむ分には、十分な性能が備わっていると思います。本棚作りや、ローテーブルなど、大きな家具作りの組み立てにも問題なく使えました。一通りのビットが付属しているので、ほとんどのシーンに対応できるのも嬉しいです。

小型軽量なので疲れにくいです。何ヵ所もビス留めをする必要がある時は、ひたすら「下穴開け→木ねじ」の繰り返しになります。長い時間電動ドライバーを握り続ける事は、腕への負担も大きいのですが、ZENKEの工具はコンパクトなので疲労が少ないです。

コードレスなので場所を選びません。「そこまで大きなメリットではないかな」と思っていましたが、使ってみると想像以上に便利でした。

狭い部屋でDIYをしていると、体勢を変えながらドライバーを使う事があります。移動しても、コードが引っかかったり、からまったりしないので、作業がスムーズに進みます。

「棚のネジを締め直そうと思ってたんだ」、なんて思いついたときにも、パッとケースから取り出して、すぐに使う事ができるのは、大きなメリットだと思います。

悪かった点

説明書の「ご使用方法」がわかりにくいです。「ウェブサイトで無理やり翻訳させたような文章」と書きましたが、説明不足だと感じる点が多かったです。

パーツ名称の解説などもないので、何がどの部分を指しているのかわからず、Googleで検索をかけながら解説書を読みました。改良されてイラストや図解が加われば親切だなと思います。

ただ、電動ドライバーの仕組み自体は複雑ではありません。直感でも操作できると思います。

ドリルの回転方向を変換する「正逆転切り替えレバー」が緩くて、意図せず触れた時にレバーが押し込まれることがあります。ドリルの回転方向が逆になるので、作業中だとイラっとすることもあります。

これは少し厄介な問題ですが、レバーの硬さについては、個体差もあると思います。よく当たり、はずれ、みたいな言い方しますよね。マスキングテープで留めたり、固定して置けば問題なく使用できます。

「ZENKE」の電動ドライバーセットは安くておすすめだと思う

ZENKEの電動ドライバーセットは良い買い物でした。「安くて機能的」コストパフォーマンスの高い工具です。DIY初心者の強い味方だと思います。

「これからDIYを始めようと思うけど、どれを選べばいいかわからない」という方は、参考にしてもらえたら嬉しいです。おすすめの1台ですよ。

それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19