【100均DIY】ダイソーの時計をリメイクするよ。オリジナルデザインの置き時計にチェンジ【作り方】

DIY

100円均一の商品をリメイクすれば、自分だけのオリジナル時計が作れるようです。

ちょっとしたアイデアと道具があれば、壁掛けタイプにアレンジしたり、置きタイプにアレンジしたり、カスタマイズも自由自在だとか。

市販の時計って、イメージ通りの物が見つからなかったり、おしゃれなモノは妙に高かったりします。なかなか購入まで至りません。

なので今回は、思い通りの時計を自分で作ってみようと思います。

スポンサーリンク

ダイソーの時計リメイクに使う材料

100円ショップ(ダイソー)で購入しました。「掛け時計スクエア」という商品です。黄土色のパッケージってあまり見ませんよね。珍しいです。

似たような時計が何種類も並んでいる中で、一番シンプルで扱い(分解し)易そうなタイプでした。

裏面です。ご使用上の注意、電池についてのご注意、電池のセット方法、時刻の合わせ方などの記載があります。この部分が製品の取扱説明書になっているようです。

「株式会社グリーンオーナメントに見覚えがある」と思って調べてみたら、100円均一に多数の商品提供をしているメーカーでした。何かを買った時に社名をみたのかな?

結構有名な会社のようです。ツイッターにも、製品レビューの書き込みがいくつもありました。簡単にチェックした限りでは、LEDライト(懐中電灯)が好評みたいです。

中身を取り出します。カラーバリエーションは、白・黒・茶色の3色がありました。分解してしまうのであまり関係はないのですが、フレームは茶色にしました。

秒針(赤)、分針(黒)、時針(黒)の色は全て同じでしたよ。

裏側です。100円の商品なので、当たり前と言えば当たり前ですが、ものすごくチープな作りになっています。パッケージから取り出して、手に持った瞬間「なるほど(安っぽいな)」と誰もが思うはずです。

とはいっても、100円なのでチープなのは当たり前ですね。最近の100円均一はクオリティの高い物も多くて、感覚がおかしくなっているのかもしれません。

100円で時計が買えるってスゴイですよね。本来なら「100円で時計買えちゃうの?」って驚かないとイケマセンよね。

文字盤作りに使います。「いつか何かに使えるだろう」と買っておいたMDFウッドボード(セリア)です。たぶん、半年近く材料箱の中で眠っていました。

「いつか使う」なんて考えで材料を買うと、だいたいこんな事になります。特に100円ショップの商品だと、「安いし買っておこう。いつか使うよね。」みたいなノリで沢山買い溜めてしまいます。

保管場所も限られているので、あまり増えすぎるのは良くないですね。気を付けなくてはいけません。

この板を黒板塗料で塗って、文字盤(数字)は手書きしようと思います。メッセージボードを手作りした時のチョークが余っています。

模様やイラストも書き込む予定ですが、細かなデザインは決めていないので、作りながら考えていこうと思います。

実は「手作り時計キット」を使う予定だった

書くかどうか迷いましたが、本当は、「組み立て簡単!オリジナル時計が作れる!」というキャッチコピーの「手作り時計キット」が欲しかったんです。

DIY用に発売されていて、ムーブメント、分針、ナットまわしなど、一通りの材料が付属しているセット商品です。取扱説明書には、組み立て手順や文字盤用の型が記載されています。

ものすごい親切設計です。たぶん、小学校の夏休みの宿題(工作)なんかにも対応しているんだと思います。懐かしいです。

「休みの間何か作ってきて」みたいな宿題って困りませんでしたか。「何かって言われても」みたいな・・・。自分は思い付きで、ピンボールみたいな装置と、小さな本棚を作った記憶があります。後は、紙粘土で動物とか使ったかな。他は、イマイチ思い出せません。

はい、そんな昔話は終わりにして。「手作り時計キット」が売っていたら良かったのですが、セリア、キャンドゥ、ダイソーの3店舗を回っても見つかりませんでした(100円均一なら、どこでも置いてある可能性アリとの事です)。

売れてしまったんですかね。頻繁に在庫補充をする商品でもなさそうですもんね。

ちなみに、Amazonや楽天なら、200円程度で似たような物が購入できます。値段は少し上がりますが、秒針の静かなタイプなんかもありますよ(自分はチクタク鳴るのが苦手だったりします)。

デザインや種類も豊富なので、「今すぐ欲しい」という場合でなければ、ネット通販を利用するのがいいと思います。

今回は、解体用の時計を買ってしまったので、利用するなら次回ですね。やるかは未定ですが・・・。

さて、時計のリメイクを開始しましょう。

ダイソーの時計をリメイクする

「分解→文字盤作り→組み立て」という手順で進めます。DIYで時計を扱うのは初めてなので、一応、解説サイトで予習をしました。どれも簡単な作業みたいなので、それほど時間もかからず完成する「予定」です。

分解

さっそくですが、解説サイトで予習した時計とは作りが違いました。パッケージの透明フィルム越しだと、同じ形に見えたのですが・・・。

この部分(裏側)の鍵爪を外せば、表のガラスを外す事ができそうです。

とりあえず、指で押し込んでみます。ビクともしません。爪で押し込んでみます。割れそうです。

工具箱をあさって使えそうな道具を探します。

サイズぴったりのコンパクトなマイナスドライバーがありました。先端を差し込みます。

力を入れてグッと押し込んだら「パキ」という嫌な音が鳴りました。表を見てみると、ガラスにヒビが入っています。

輪っか状の縁が外れました。このパーツでガラスを固定する作りになっています。ガラスも取り出してしまいましょう。

ヒビが入っているだけかと思ったら、完全に割れていました。作業中は気づかなかったけど、素手で触ってて危ないですね。破片でケガをしなくてよかった。

針を外します。

秒針は垂直方向に引っ張れば外れます。意外と硬くて力が必要でした。あと、針の先端を持ってしまうと、グニャっと曲がってしまうので、根元から摘まんで引っ張る必要がありました。針の材質はスチールだと思います。柔らかいです。

分針と長針も外しました。やり方は秒針と同じです。

少し引っ張ったら文字盤も外れました。接着剤で軽く固定してあるだけだったようです。フレーム側に残っている白い模様が接着跡です。

文字盤はツルツルしています。強度があって、湿気などにも強そうな感じです。普通の紙とはちょっと違いますね。コーティングしてあるような感じです。こういう素材ってなんていうんでしょう。

表の針も取り出しました。後はムーブメントを外すだけです。これが時計の心臓部分です。壊してしまうと、今までの作業が無駄になってしまうので、慎重にゆっくり取り出します。

鍵爪の位置を軽くズラしただけで、簡単に外れました。壊れるような事はなかったです。

必要なパーツを確保する事ができました。左から、ムーブメント、分針、時針、秒針です。これで分解の工程は終了です。

組み立て

問題が発生しました。MDFボードにムーブメントを取り付けえると、板の厚みがありすぎて、針を装着する事ができなくなります。シャフトの長さについては、まったく考えていませんでした。

差し金で測ってみると、張り付ける素材の厚みは「3mm以下」の必要があります。調べてみた所、このタイプはショートシャフトというようです。

困りました。他に用意がありません。材料箱や端材ボックスを探したけど、使えそうな物もありません。ベニヤとかあれば良かったのですが・・・。

しかたがないので、セリアに行ってきます。

店内を探索していたら、良さそうなものを見つけました。「木製トレイ Sサイズ」、木箱ですね。材質は、天然木。寸法は、約11.7×15.8×4cm。

底板の厚みが2mmほどなので、これならベースとして問題なく使えるはずです。

当初の予定では「黒板塗料を塗って、チョークで手描きする」というデザインを想定していましたが、方向性を変えることにします。

買ってきた木箱は手を加えなくても、アンティークっぽい風合いで味があります。塗装などはせず、そのまま時計のフレームとして使ってみようと思います。

先にラベルを剥がしておきます。昔はこの手のラベルって、シール跡が付いたりしたのですが、最近はほとんどなくなりましたよね。

粘着が残ってベタベタしているのは苦手なので、消しゴムでごしごし擦って取っていました。毎回やるのは面倒な作業だったので、シール跡が残らないラベルって嬉しい発明です。

ささくれがあったり、トゲが飛び出していたりします。触ってケガをすると困るので、紙やすりで綺麗にします。

240番を使います。問題のある縁や角を重点的に磨いてから、表面も軽く研磨しておきました。これだけでも手触りがだいぶ変わります。ツルツルしていて気持ちがいいです。

シャフトを通す位置に印を付けました。木箱が長方形なので、少し横にズラしてオシャレ感を出してもいいのですが、失敗したら(変になったら)また買いに行かないといけません。無難に中央にします。

ZENKEの電動ドライバーを使います。「安いから」という理由で購入した工具ですが、日々のDIYで大活躍しています。

「これから木工を始めよう」という方は、真っ先に買うべきアイテムだと思います。

ZENKEについての使用感は、「【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う」で紹介していますよ。

ドリルビットを装着しました。持っている中で一番太いサイズです。

スイッチを押すと一瞬で貫通しました。これだけだと、まだ穴のサイズが小さいです。周りを少しずつ削っていきます。

チマチマ削っていたのですが、穴の大きさを広げる作業は、思っていたより大変でした。時間もかかります。

なんだか面倒になってきたので、ダボ穴あけ用のビット(8mm直径)で、一気にやってしまう事にします。

綺麗に開きました。

シャフトのサイズとぴったりです。初めからダボ穴あけ用のビットを使っておけばよかった。

デザイン性を高めるために、少しだけアレンジします。文字盤の「12、3、6、9」の数字が来る場所に穴を開けます。

まずは、差し金と鉛筆を使って墨付けです。左右対称にしたいので、正確に長さを測りました。

穴を開けます。ビットは先ほどと同じ8mm直径です。

木箱の下には端材を敷いて、床を保護しています。その下に、ビニール袋、ブルーシートと続きます。賃貸アパートなので、変なキズは作らないように気を使っています。「退去費用」がありますからね・・・。

4カ所開けました。今回使ったビットは、購入したばかり「ほぼ新品」です。切れ味がいいので、割れや亀裂もなく、切り口が綺麗に仕上がりました。サンドペーパー要らずです。

もう少しだけアレンジを続けます。

こんな感じの厚紙を用意しました。

ちなみに、レトルトカレーのパッケージです。丁度いい厚みと硬さがあります。今夜の晩御飯だったりします。

ターナーミルクペイントのインクブラックを使います。艶消しのマットな質感が可愛い水性塗料です。匂いがほとんどないので、室内のDIYに向いています。お気に入りです。

今回は厚紙を塗るだけなので、「アクリル絵の具」がある場合は、そちらを使った方が経済的だし上手く塗れると思います。自分は持っていないので、ミルクペイントを塗布します。

塗り潰しました。刷毛跡が目立っていたり、ムラになっている部分があります。しばらく乾燥させたら、2度塗りをしようと思います。

2度塗り目の乾燥を確認してから、マスキングテープで張り付けました。

見た目は格好悪いのですが、時計の雰囲気を変えたい(カラーチェンジしたい)時に、厚紙を交換しやすくする為です。接着剤なんかで固定してしまうと、剥がすのが大変ですからね。

一応、自分なりに工夫しているつもりです・・・。

表から見るとこんな風です。黒い穴が続いているように見えます。立体感があっていい感じだと思います。

穴にシャフトを通すだけだと、グラグラして不安定です。超強力「両面テープ」を使って、木箱にムーブメントを固定します。初めて使うテープですが、独特の臭いがあります。なんだか強そうな感じ。

2カ所に両面テープを貼りました。粘着性の高いタイプなので、これぐらいで十分だと思います。

取り付け完了です。

シャフトに秒針、分針、時針をセットします。取り付けが終われば完成なので、ポキっと折らないように注意です。ここまできて失敗はさすがに・・・。

完了です。特に問題はありませんでした。針をセットする時は、全てが平行になるように取り付けましたよ。針同士が当たってしまうと、刻まなくなってしまいますからね。

ダイソーの時計をリメイクした「置き時計」が完成

セリアの木箱は味があります。アンティークっぽい雰囲気で、暖かい感じがします。時計のフレームとして、バッチリ嵌っていると思います。いい感じです。

自己評価としては、そうですね・・・・「90点」ぐらいですね。もちろん「100点満点中」です。高すぎますかね。

毎度のことですが、手作りして愛着が湧いています。採点基準は、激甘となっております・・・。

もう少し細かなポイントも見ていきましょう。

穴に張り付けた厚紙の色を、秒針に合わせた「赤色」なんかにしても、可愛い感じで良さそうに思います。付け替えは簡単にできるので、気分が変わったらイメチェンさせてみます。

そうそう、文字盤に数字がないので、パッと見で何時か理解するのに、慣れが必要かもしれません。普通の時計より、利便性は若干低いかと思います。

少し失敗したポイントがあります。木箱の繋ぎ目に、ボンドがはみ出している部分があって、ライトが当たると変に光ります。一ヵ所ではなく、数カ所あるので目立ちます。

形が歪んでいるとか、色にムラがあるなんて場合は、アンティークっぽい雰囲気とも合っているので気になりません。

ただ、「ボンドがはみ出して変に光る」というのは、ちょっと残念な感じです。

セリアでは、今回使った木箱が山積みで売られていたので、造りの良い物を厳選してくればよかったです。あまり確認せずにレジまで持って行ってしまいました。

後ろからのアングルは、やっぱり格好悪いです。置き時計なので、壁を背にする形で飾って、この面は見えないように隠しておきます。

そうだ、大事なことを言い忘れていました。「電池は別売り」です。

さいごに

ダイソーの時計をリメイクして「置き時計」を作りました。掛った費用は以下です。

  • 時計 100円
  • 木製トレイS(木箱) 100円
  • 塗料と紙やすり 100円

合計300円でした。安く作れましたね。100均リメイクのいい所だと思います。

時間と手間は掛かりましたが(主にセリアへの買い出し)、デザインは自分好みだし、サイズ感もおされで可愛いし、なかなか良いDIYでした。

時計作り楽しかったです。そのうち、デザインを変えてもう一つぐらい作ってみようと思います。流行りの北欧風なんていいですね。

ちなみに、これを書いているのは2019年3月16日です。なんの日かわかりますか?

そう、有名な北欧童話「ムーミン」をイメージして作られた「ムーミンバレーパーク」の開園日だったりします。

ヤフーニュースのトップにも出てたし、注目度は高いみたいです。混雑が落ち着いたら、遊びに行く予定ですよ。ブログにレポートを書いてみようかな?

新しい時計を作ったら、またここで報告しますね。よかったら、遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19