ターナー色彩【アイアンペイント】を買ってみたよ。発色の比較とリメイクアイデアの紹介です。

DIY

ずっと気になっていた、ターナー色彩の「アイアンペイント」を買ってみた、というお話です。

試し塗りで発色や塗り心地を調べてから、普通の水性塗料との色比較をしてみます。さいごに実践編のリメイクまでやるつもりです。

アイアンペイントが気になっている方は、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ネット通販でアイアンペイントを買ってみた

楽天市場の「ターナー色彩公式通販」で購入しました。注文から4日後に到着です。

商品の入っている茶色の紙袋は、厚手で丈夫です(一度開けてしまったので破れていますが・・・)。

天地無用シールと、ガラス・ビン・セトモノ・割れ物シールが貼ってあります。運送会社はヤマトでした。

開封すると、パンフレットがたくさん入っていました。

  • 布えのぐ
  • ターナーDIYアカデミー
  • チョークボードペイント
  • ステッチカラー
  • オールドウッドワックス
  • アイアンペイント
  • アンティークワックス

塗料の紹介系が多いです。

去年のDIYショウに参加したのですが、その時、ターナーブースに立ち寄りました。

そこで、アンティークワックスとオールドウッドワックスのチラシ(今回のと同じやつです)を貰ったのですが、まだ家に残っていたりします。

DIYショウの様子は「DIYショウをレポート!幕張メッセ「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2019」に初めて参加しました。」で紹介しています。

現地写真をたくさん載せているので、イベントの雰囲気などが掴みやすいと思います。よかったら覗いてみて下さいね。

緩衝材のプチプチにくるまれています。

詰め紙で隙間も埋められていましたし、梱包はすごく丁寧だと思います。さすが公式ショップです(?)。

塗るだけで金属のような質感「アイアンペイント(IRON PAINT)」です。カラーはアイアンブラック。メイドインジャパン。価格は1,200円(税別)です。

パッケージはオシャレなデザインです。細めのフォントを使っていて、スタイリッシュな感じもあります。

ボトルは8角形です。手に馴染む感じで握り易いです。半透明なので、色の雰囲気をつかむことができます。中身の残量も一目で確認することができます。

容器が太めなので、床に置いても安定感があります。うっかり倒す心配も少ないと思います。

「ターナーアイアンペイント使用方法」が記載されています。初めて使う塗料なので、しっかり目を通しておきます。

  • 使用前によくかき混ぜて下さい。
  • 希釈せずに使用して下さい。(塗りにくい場合は水で0~5%程度薄めます。)
  • 刷毛や筆に塗料をとり、部材に対して軽くトントンとたたくように塗ります。表面が少しデコボコに見えるように塗って下さい。

※より本物のように仕上げるには少し厚めに塗る、もしくは2度塗りがおすすめです。

「トントンたたいてデコボコに」「厚めに塗る」というのが特殊な部分ですね。普通の塗料の場合は、平で薄塗りが基本ですもんね。

逆側には、「注意事項」と「救急処置」が記載されています。

  • 塗る面のゴミ、油分、カビ等を取ってください。
  • ポリエチレン、ポリプロピレンなどオレフィン系の素材には接着しません。

などの内容です。

蓋は円形です。「TURNER COLOUR」というアルファベットと、ターナー色彩のロゴマークがプリントされています。

ロゴマークは、眼をテーマにデザインされたものみたいです。

企業の象徴となるシンボルマークは、約40年前、片山利弘氏の発想を基に「眼」をテーマに片山哲夫氏が制作したものです。絵画に携わるすべての人にとって、何より大切な「眼」をテーマにしています。新しい未来に向かって、ターナーは美しい色を追い求め、確かな眼と共に邁進します。

ロゴマークについて

(薔薇の花とか、そういう感じかと思っていました・・・)

開けてみました。

水性という事で、嫌な臭いはほとんどありません。鼻を近づけて、かすかに感じる程度です。室内での作業に向いていると思います。

アイアンペイントの試し塗りをしてみる

本番の前に試し塗りをしてみます。

パッケージに書いてあった「アイアンペイントの使い方」がパンフレットにも書いてあったので、それを見ながら作業します。

刷毛は新品を用意しました。たしか、カインズホームで買った150円ぐらいのやつです。抜け毛対策のために、浮いた毛を軽くしごいてから使います。

床はビニール袋を敷いて保護です。これで汚れを気にせず作業が出来ます。

試し塗りに使う木材は、100円均一セリアの木板(45×12cm)です。材質は天然木(桐)。メイドインチャイナ。

セリア「木材」のサイズと種類、DIYのアイデア実例を紹介します。」の記事を作った時に購入した物です。

新品ですが、端材ボックスの中に雑な感じで放り込まれていました・・・。使い道も決まっていない木材なので、今回、有効活用しようと思います。

製品ラベルを剥がしたら、サンドペーパーで軽く表面を研磨しておきます。

「使う前によくかき混ぜて」との事なので、割りばしを突っ込んでグルグルかき混ぜます。

刷毛ですくいます。

普通の水性塗料に比べて、粘土が高くトロっとした印象があります。砂が混ざったようなザラつき感も感じます(ラメっぽい感じもあります)。ちょっとクセがありそうなので、塗るのにコツがいるのかな。

塗っていきましょう。

とんとん叩く感じで塗り広げていきます。

終わりました。意図的にでこぼこを作ってみましたが、ちょっとワザとらしい感じ(不自然?)になってしまいました。失敗です。重ね塗りもやるので、そこで挽回するつもりです。

しばらく放置して、乾いたのが上の画像です。重ね塗りに移ります。

一度塗り目の時よりでこぼこを減らして、厚みを出す感じで塗ってみました。

今日は試し塗りの後に、実践編のリメイクまでやる予定です。ぼーっと乾燥を待っていたら夜になってしまいます。ドライヤーの温風を当てて、乾燥を早める時短テクニックで乗り切ります。

乾きました。ツヤのないザラっとした感じ。金属っぽいテイストが出ています。凄いです。

コツという程ではありませんが、木材に塗布する時は、木目を潰す感じで塗り進めた方が、金属っぽい感じが出る気がします。

アイアンペイントと水性塗料を比較してみる

せっかくなので、普通の水性塗料とどれだけ質感が違うか実験してみます。使うのは、ダイソーの「ナチュラルミルクペイント」です。カラーはブラック。

ダイソーの塗料については、「ダイソーのペンキ「ミルクペイント(水性塗料)」を全7色買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で発色や使い勝手などをレビューしています。よかったら、チェックしてみて下さいね。

1度塗り目が終了です。

2度塗り目も終わらせました。100円と安価な塗料ですが、発色も良いし優秀な商品だと思います。カラー展開も豊富で、活躍する機会も多いです。

ドライヤーで乾かします。

左がターナーのアイアンペイント、右がダイソーのナチュラルミルクペイントです。同じ黒色でも、だいぶ質感が違います。

アイアンペイントです。

ナチュラルミルクペイントです。

手触りも全然違います。アイアンペイントの方はザラっとしています(粗い目の紙やすりみたいな感じです)。ナチュラルミルクペイントの方はサラっとしています(木肌をそのまま撫でた感じです)。

アイアンペイントでケーブルボックスをリメイクしてみる

リメイクするのは、イケアのケーブルボックス「ROMMA(ロマ)」です。IKEA新三郷店で購入しました。

ROMMA ロマ(ケーブルマネジメントボックス ふた付き, ホワイト)¥ 999消費税込み

商品情報

電源コードや延長コートなどをボックスの中に隠したまま機器の充電ができるので、部屋がすっきりとかたづきます

長時間使用しない場合は、電気製品の電源をお切りください

イケアオンラインストアより

パソコンデスクの上に置いて、電源タップや充電器を入れて使っていたのですが、カラーが灰色というのがずっと気になっていました。

「黒なら周りの家具ともバランスが取れるのに」という事で、今回、アイアンペイントを使って加工する事になったのです。

染めQテクノロジィから発売されている「ミッチャクロンマルチ」です。

金属から樹脂まで幅広い種類の素材に対し
多種多様な上塗り塗料を長期にわたって密着させるプライマーです
また、「付着性が悪い」「サンディングの手間がかかる」
「塗膜に柔軟性がない」という塗装時の"困った"も解決します

ミッチャクロンシリーズ

公式サイトの説明文です。

初めて読んだときは、イマイチわかりませんでしたが、

「金属やプラスチックなど、塗料の張り付きにくい素材でも、ミッチャクロンを吹き付けると、塗料が定着し易く(剥がれにくく)なる」

という解釈で合っているハズ(?)です。

ケーブルボックスの材質はプラスチックです。ミッチャクロンを吹き付けて、塗料が定着し易くなる下地を作ります。

賃貸のアパートに住んでいるので、自宅にスプレーをする環境がありません。外に出て作業します。

持っていくアイテムは以下です。

  • ミッチャクロン
  • ゴミ袋(地面保護用)
  • 軍手
  • ケーブルボックス

今回は、ちょっとした塗装なので、いつもより荷物を減らしました。

普段は下の画像みたいな感じで、ダンボールに荷物を詰め込んでいます。

アルミの棚をリメイクした時の写真です。

  • ミッチャクロン
  • 軍手
  • キッチンペーパー
  • ガムテープ
  • ビニール袋
  • ゴミ袋(地面保護用)
  • マスキングテープ
  • 連結用部品
  • アルミパイプ
  • ダンボール

この時は、こんな感じの荷物を持っていきました。

関連記事>>>アルミの棚をリメイクするよ。アイアン風に真っ黒塗装【DIY】

準備が終わりました。

今日は天気がいいです。風もないので絶好のスプレー日和(?)だと思います。

ケーブルボックスの内側には色を付けないので、蓋は閉じたまま作業します。配線を出す隙間から中に入り込まないようにだけ注意します。

それでは、やっていきます。

1度塗り目が終了しました。

ミッチャクロンの解説書通り、10~15分ほど乾燥させてから、2回目の吹き付けを行おうと思います。

特に難しい作業でもありませんし、写真は撮らずに一気に終わらせてしまいますね。

2回目の吹き付けも終わらせて帰ってきました。乾燥まで終わらせています。

それでは、メインイベント(?)着色の開始です。

ケーブルボックスの蓋から塗っていきます。

試し塗りで木材に色を付けた時とは塗り心地がだいぶ違います。表面に凹凸がない(摩擦力がない?)ためか、塗っているという感触があまりありません。スルスルっという不思議な感じです。

ヨコの縁部分も忘れずに塗装します。こういった部分を塗り忘れると後で面倒なことになりますよね(経験有)。

終わりました。形が歪な箇所もあって意外と時間がかかりました。

続いて、ケーブルボックスの本体です。

蓋に比べると形はシンプルです。ちょっとした丸みはありますが、塗りやすいです。

終わりです。塗り残しがあるとカッコ悪いので丁寧に進めました。

ドライヤーを当てて乾かします。

乾きました。素手で触っても問題ありません。ソレっぽい雰囲気も出ているし、なかなかいい感じになっているんじゃないかと思います。

重ね塗りをやります。

トントン叩いて塗料をのせていきます。自然な感じを意識してムラや凹凸を作ります。

終わりました。塗りたてなので濡れてツヤっとしていますが、乾けば落ち着いてきます。

ケーブルボックス本体も、同じ要領で色を付けていきます。

終わりです。

表面を軽くドライヤーで乾かしたら、あとは自然乾燥です。天気もいいので、窓を開けて換気でもしながら待とうと思います。

金属風にリメイクしたケーブルボックス

使用したカラーは、光沢のないマットなブラックです。重々しく暗い雰囲気があります。金属特有の冷たさもあって再現度は高いかなと思っています。

真上からです。今人気のインダストリアルとか、男前な感じも出ている気がします。

縦に線が入ったようなキズがいくつかありますが、これは狙って作ったものではなく、たまたま出来た(出来てしまった?)ものです。人工っぽい不自然さは出ていないと思うので気にしないでおきます。

側面はこんな感じです。

ケーブルボックスなのであまり意味はありませんが、アイアンペイントは乾くと耐水性になるみたいです。水気のある場所では、変色を防いだりする事ができるはずです。

配線を出す隙間です。縁に沿ってキレイに色付けできました。ザラっとした質感もでているし、鉄や金属のソレっぽく見えます。

特別工夫したような部分はないのですが、素人でも簡単に金属テイストを作ることが出来ました。

蓋をしてしまえば隠れてしまうので、内側はいい加減に仕上げました。

ただ、マスキングテープで養成しながら、「もう少し丁寧にやればよかったかな」と若干後悔しています。何だかダサい、というより汚いです・・・。

アイアンペイントは水性なので、除光液なんかを使えば落とせると思うのですが、やり直すのは手間がかかるし面倒です。このまま見ないフリで使おうかな、外見は気に入っていますので・・・。

さいごに

ターナー色彩の「アイアンペイント」を使ってみました。

初心者でも簡単に金属風アレンジができて、すごく楽しい塗料だと思います。練習を重ねれば、より一層の金属感が出せそう(?)なので、いろいろな物をペイントして腕を磨いていこうと思います。

「普通の塗料に比べてちょっと高価だな」と、ずっと購入を見送っていたのですが、高いだけの理由がわかりました。買ってよかったです。

アイアンペイントを使ってDIYやリメイクをしたら、この記事に追記していこうと思います。よかったらまた、ブログに遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19