ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤあり)を”ほぼ全色”購入。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

DIY

ずっと気になっていたダイソーの「ラッカースプレー」を全色揃えてみようと思います。どんな発色で、どんな使い勝手なのか楽しみです。

試し塗りをしながら、色見本(サンプル)を作ってみます。それぞれのカラーを比較しながら、レビューなどもしてみるつもりです。

DIYブログを2年やっておきながら、スプレー塗装の経験はほとんどありません(記事にしたのは1回のみデス!)。カラースプレーの基本的な使い方などは、勉強しながら進めていくつもりです。少し長めの記事になると思います。結果だけ気になる方は、目次からジャンプしてください。

スポンサーリンク

ラッカースプレーの売り場

工具用品の売り場です。養生テープ、工具箱、ウッドパテ、ローラーなどが並んでいます。安全メガネなんかも置いてあります。すごい品揃えです。ちょっとしたDIYの材料なら、100円均一で十分に揃えることが出来そうです。

お目当てのラッカースプレーがありました。

今日は、ツヤなしとツヤありの両方を揃えるつもりでしたが、商品棚をチェックした所、ツヤなしの方は2色しか在庫がありません。売り切れてしまったのでしょうか。2色だけ購入しても何だか微妙(?)な気がするので、ツヤなしの方は別の機会に揃えようと思います。

ラッカースプレーのツヤありを買い物カゴに詰め込みました。

スプレーのほかにデザインボードも入っています。買う予定はまったくなかったのに、「たまたま見つけて気になったから」という理由でフルセット購入する事になりました(オカネガ・・・)。

使い道などはまったく考えていませんが、ちょっとした収納に便利そうです。見た目もシンプルでオシャレ。そんな話は「ダイソーのデザインボード(有孔ボード)と専用フックを”ほぼ全種類”購入しました【レビュー】」で紹介しています。

お会計を済ませて帰ります。エコバッグは持ってきたけどデザインボードがかさばります。頑張っても入りきりそうにないので、Lサイズの袋を7円で購入です。

スポンサーリンク

ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤあり)を全部買ってみた

持ち帰りました。なんだか、大人買い気分で気持ちが良かったです(ダメな感覚)。

購入したカラーの紹介です。

  • クリアー
  • ホワイト
  • ベージュ
  • アイボリー
  • ブルー
  • レッド
  • ブラウン
  • グレー

ブラックだけは在庫がありませんでした。人気があるみたいです。残念。見つけ次第購入して追記する予定です。

詳しく見ていきますね。

パッケージのデザインはシンプルです。塗料らしく硬派(?)な感じもあります。どの容器も中身の色を模したカラーが基調になっています。

ボトルは丸形で細長い形状です。なめらかで手にフィットする感じがあります。持ちやすいです。

ラッカースプレー(ツヤあり油性)の基本情報です。

  • 種類:合成樹脂塗料
  • 成分:ニトロセルロース、合成樹脂(アルキド樹脂)、顔料、有機溶剤
  • 塗り面積:0.2~0.35平方メートル(2回塗り)
  • 乾燥時間:夏約40~50分、冬約1~2時間
  • 用途:木工品・鉄製品・プラスチックに

メイドインチャイナ。発売元は株式会社大創産業です。

取扱い上の注意と使用方法があります。ラッカースプレーはほとんど使ったことが無いので、使用方法だけはしっかり確認しておきます。

  • 塗る面のゴミや油分を取ってキレイに
  • 容器を上下に振りよく混ぜる(30秒が目安)
  • 塗る面と噴射口は10cm~20cmの間隔
  • 塗る面と平行に動かす。薄く塗り重ねる感じ

パッケージの使用方法があまりにも長すぎたので、重要だと思われる部分を簡単に抜き出しました。

警告と救急処置があります。火気と高温に注意、火気厳禁という記載は、赤色で目立つようにマークされています。普段使っている液体塗料に比べると、カラースプレーは守るべき約束事が多いです。

塗れる物と塗れない物の記載があります。

  • 塗れる物:鉄、木、コンクリート、スレート、アルミ、プラスチック(ABC、アクリル、硬質塩化ビニル)
  • 塗れない物:右記以外の発泡スチロールを含むプラスチックと自動車の補修、玩具、新しいコンクリート、モルタル、革、合成皮革、樹脂コーティングされた物等、食品に直接触れるもの

塗れる物にコンクリートがあって、塗れない物に新しいコンクリートがあります。何だか斬新(?)な気がします。理由が気になって調べてみたのですが、それらしい答えは見つけることができませんでした。

キャップです。ツルっとした感じ。

蓋のカラーは中身を模した色になっています。引き出しやカゴにしまっていても、上から見ただけで、どれがどの色なのかを一発で見分けることができます。親切設計です。

試し塗りをする前に、ちょっとだけキャップを開けてみました。噴射口は赤色になっています。構えた時にノズルの向きがわかりやすい仕様です。

裏側です。指を掛ける部分には凹みがあります。

スポンサーリンク

色見本制作の下準備

用意したのはダイソーのブロックです。立方体や直方体など形の種類が多く、サイズのバリエーションも豊富な木材です。今回は立方体(30×30×30mm)を使います。

木製ブロックの詳細は「ダイソー「木材」のサイズと種類(板材、角棒、丸棒、ブロック、MDF材)を紹介します。」にまとめています。気になった方は、ぜひ覗いてみて下さい。

手のひらサイズ。コロっとした感じで可愛いです。桐なので軽く柔らか。ソフトな質感があります。

紙やすり(240番)で表面を整えます。木目に沿って往復させて、ツルツルと手触りがよくなるまで磨いていきます。汚れている箇所もあるので、一緒に削り落とします。

バリや毛羽立ちなんかも除去しました。これで木製ブロックの準備は終わりです。あとの準備はパパっとしてしまいます。

賃貸のアパートに住んでいるので、自宅にスプレーをする環境がありません。外に出て作業します。

持っていくアイテムは以下です。

  • ラッカースプレー(ツヤあり油性)8色
  • 木製ブロック
  • 軍手
  • キッチンペーパー
  • マスキングテープ
  • ビニール袋
  • ゴミ袋(地面保護用)
  • ダンボール

これだけあれば十分なはずです。それでは移動します。

ダイソーラッカースプレー(油性ツヤあり)の色見本作り

開けた場所までやってきました。今日はカラっと晴れて天気がいいです。風もほとんどありません。絶好のスプレー日和(?)に感じます。

塗装の準備まで終わらせています。左側ダンボールの中で吹き付けて、右側のダンボールの上で乾燥させるという作戦です。

何となくグレーを手に取りました。やっていきます。

使用方法には「スプレーと対象の距離を10~20cm取る」とありました。その通りの距離を維持しながら吹き付けてみます。

薄っすらと色が付きました。塗る面と平行に移動させながら複数回重ねるのがコツらしいです。基本に忠実にいきます。

良い感じで色が付きました。今まで液体の塗料ばかり使っていたので、プシューっと噴射する感覚が何だか楽しいです。続きをやっていきます。

調子に乗っていたら失敗しました。

吹き付ける位置が近すぎたせいで、水溜りのようになってしまいました。ダンボールからも滴り落ちています。念の為、ビニール袋で地面を保護しておいて良かったです。

一応、ブロックの方は問題なく塗装できているように見えます。色見本はある程度のクオリティで完成させないと、後々見返した時にガッカリしてしまうので(経験有)、何とか丁寧な仕上がりで完成させたいです。

吹き付ける距離に注意しながら残りをやってしまいます。

終わりました。色んな事に気を使いながら作業をしていたら、思っていたより時間が掛かってしまいました。正確には測っていませんでしたが、塗装を開始してから25分以上は経っています。テキパキ熟せれば、10分もかからない作業量だったと思います。

ラッカースプレーは油性という事で、キツめのニオイが残っています。鼻を突くような感じ。この場所でしばらく風に当ててから、自宅に持って帰ろうと思います。

ウチに持ち帰ってから1時間ほど乾かしました。指で直接触れても色が移ることはありません(独特のニオイはまだ残っています)。

ダイソーのラッカースプレー(ツヤあり油性)色見本が完成

ダイソー「ラッカースプレー(ツヤあり油性)」の色見本が完成しました。

カラーの並びです。

  • クリアー
  • ホワイト
  • ベージュ
  • アイボリー
  • ブルー
  • レッド
  • ブラウン
  • グレー

100円という安価な商品ですが、色味自体はキレイだと思います。値段を考えるといい仕事をすると思います。

全体的に色の付き方は薄っすらという感じです(腕が未熟で薄くなってしまった箇所もあります・・・)。しっかりと発色させたい場合は、重ねる回数を増やした方がいいと思います。

ツヤありという事ですが、光沢感はそれほど感じません。セミグロスとか半ツヤとか、それぐらいのレベルに見えます。もしかしたら、表面にザラつきのある木材ではなく、滑らかなプラスチックなどに塗れば、また違った見え方をしてくるのかもしれません。

横からです。

色味がわかりやすいように、一つずつ写してみます。

クリアーです。

見た目の変化はほとんどありません。うっすらと透明の膜が張った感じです。濡れたような質感もあります。

ホワイトです。

白といっても色々な系統がありますが、ラッカースプレーの白は、混じり気の無い純白という感じです。

一部、下地の茶色が透けているのは、吹き付け技術の問題です。失敗しました・・・。

アイボリーです。

ベージュです。

ブルーです。

レッドです。

蛍光っぽい鮮やかさがあります。派手で目につきます。

ブラウンです。

グレーです。

今までに作ってきた100均塗料の色見本を持ってきました。「普通の水性塗料と比べて発色や色味に違いはあるのか」という事で、簡単な比較をしてみます。

100均の塗料については「100均の塗料(ペンキ、ニス)まとめ」の記事にまとめています。ダイソー、キャンドゥ、セリアが中心です。実際に塗料を使ったDIYアイデア、リメイク作品なども公開しています。なかなかボリュームのある記事となっています。気になった方はチェックしてみてください。

まず初めに「ダイソーのペンキ「ミルクペイント(水性塗料)」を全7色買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で作った色見本です。

ベージュとナチュラルベージュです。

レッドとスモーキーレッドです。ラッカースプレーには蛍光っぽい雰囲気もあるので、マットなミルクペイントと比べると、色の鮮やかさがまったく違っているように感じます。濃い色だと特に違いが分かり易いです。

ブルーとスモーキーブルーです。レッドの時と似たような違いがあります。

続いて「ダイソーの「水性ニス」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」を持ってきました。雑な仕上がりが気に入らなくて、最近作り直した色見本です。

色見本の製作工程で、

色見本はある程度のクオリティで完成させないと、後々見返した時にガッカリしてしまうので(経験有)

なんて事を書きましたが、この話はダイソーニスの事でした。雑な仕上がりが気になり続けて、結局1年後に再作成をする事になりました(写真の色見本は作り直し後のものです)。

ブラウンです。チーク(左)とメープル(右)の間に置いてみました。ダイソーの水性ニスは、薄っすらとした淡い仕上がりになるので、ラッカースプレーとは質感がまったく異なっています。

クリアーです。乳白色(半透明)とチーク(右)の間に置いてみました。薄い膜が張ったような濡れたような仕上がり、という点では、乳白色(半透明)と質感が近い気がします。

さいごに「ダイソーの補修用塗料(防カビ・サビ剤配合)を全色購入。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」を持ってきました。右のやつです。

スプレーをしている時に「色の雰囲気が補修用水性塗料に似てるかも」なんて思ったのですが、こうやって並べて観察してみると、たいして似ていませんでした。ちなみに、補修用水性塗料もダイソーの木製ブロックに塗っているので土台の材質は同じです。

さいごに

ダイソーのラッカースプレー(油性ツヤあり)色見本を作ってみました。

スプレー塗装に不慣れという事もあって、仕上がりが一部微妙な感じになってしまったのが心残りです。下地が透けていたりムラが出来ていたり、今後色見本を見返した時に、ガッカリする事もありそうです。いつか作り直すと思います(いつかデス!)。

新しく塗料を買ったり、塗り直しを行ったら、このブログで報告しようと思います。よかったら、また遊びに来てくださいね。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク

rooms19