【DIY】ゲーム機「収納棚」を自作するよ!パイン集成材にワトコオイルでオシャレにしたい【作り方】

DIY

ゲーム機専用の収納棚を手作りします。パソコンデスクの隙間に置いて、利便性とインテリア性を高めたいと思います。デザインはオシャレな感じを「予定」しています。

収納棚を作るのは初めてなので、上手く出来るかはわかりませんが、掴んだコツやテクニックは紹介していこうと思います。

収納棚DIYの参考にして貰えたら嬉しいです。それでは、スタートです。

関連記事>>>【DIY】パソコンデスクを手作りするよ!天板を作ってIKEAの脚に乗せるだけの簡単設計【作り方】

スポンサーリンク

ゲーム機置き場の現状

ゲーム機達はローテーブルの上に置いています。「達」と言っても、PS4と任天堂スイッチだけですが・・・。

色々持っていても、稼働させるのって2台ぐらいです。プレイステーションクラシックなんかも買ったのですが、箱だけ開けて押し入れの中に入れてしまいました。

グレーとネイビーの収納容器は、セリアで購入しました。蓋付きで100円です。コントローラーやソフトが入っています。

「収納棚でも作って、いつか整理しよう」と思いながら、3カ月ぐらいこの状態でした。むき出し状態なのでホコリを被ります。本体によくないですね。

ハンディモップで定期的に掃除はしていましたが、吸気口周りはやっぱり汚れやすいです。ホコリ対策も兼ねてのDIYです。

ゲーム機収納棚のデザイン

「これぞ収納棚」みたいな本格タイプ(?)だと、存在感が出てしまいそうです。狭いスペースなので、圧迫感が生まれる様なデザインは避けたいと思います。

さりげなく佇んでいて「あ、ゲーム機が置いてあるんだ」みたいな感じが理想です。

背板をなくした「【DIY】壁ぴったりの「本棚」を自作しよう!木材は1×8(ワンバイエイト)だけの簡単シンプル設計【作り方】」のようなオープンラック風がいいかなと思います。仕切りも極力少なくします。

それと、床に直接置くタイプではなく、脚を取り付けて浮かせるタイプにしようかな。スタイリッシュな感じになれば、存在感も減りそうです。

色は薄めの茶色にしようと思います。周りの家具に合わせた配色です。

ザックリとですが、ある程度デザインの目安はつきました。まずは、それっぽい物をピンタレストで探してみます。パクリとかじゃなくて「参考」にするためです。マネとかじゃなくて「お手本」にするためです。

アプリを開いて、10分ほどで見つかりました。良さそうなデザインを一つ見つけたら、「関連するピン」を辿っていくだけで、類似したデザインを大量に見る事ができます。便利過ぎます。DIYの強い味方です。

「参考・お手本」にしながら、手書きで設計図を描いてみます。

「?」

いつもこんな感じです・・・。低クオリティですが、なんとなくの雰囲気は分かって貰えるかと思います。

よくあるテレビボード「【DIY】小型「テレビ台」を手作りするよ。ロータイプでおしゃれなデザインを目指す【作り方】」に近い感じです。

PS4、任天堂スイッチ、周辺機器(コントローラー)を仕舞えればいいので、2段タイプのコンパクトな形にしました。ピッタリサイズで収納できる予定です。

大きな家具を作る時は、SPF材ばかり使ってきたので、今回は違う素材で挑戦しようと思います(なんとなく)。

といっても、加工の難しい物や高価な物は扱えないので、ホームセンターで手軽に入手できる物になります。

一応、お店を一通り見てから決める予定ですが、パインの集成材辺りになると思います。

棚の脚は、ローテーブルの脚を再利用します。作りもしっかりしていて、スッキリとした見た目がシンプルで可愛いです。今回のテーマにも合うと思います。

既製品のパーツを取り外して使うのは初めてですが、簡単な作りになっているので、「たぶん」上手く出来ると思います。

塗装はワトコオイルのミディアムウォルナットを使います。本棚作りの時に余った塗料です。

ゲーム機収納棚の材料を買いに行く

カインズホームにやってきました。DIYの材料を調達する時は、いつもココを利用しています。近場に大型のホームセンターがあると本当に便利です。

資材館のコーナーに向かいましょう。

パイン集成材です。この板一枚を切り分けるだけで、棚が完成します。「これでいいかな」という気はするのですが、せっかく来たので他の素材も探してみます。

osb合板。価格も安くて気になっている材料です。柄のクセがちょっと強いので、扱いが難しそうです。いつか使ってみたいなと思います。今回はスルーです。

木材を購入した時に「サランラップみたいなビニールで巻いてくれるけど、あれなんだろう」と思っていたのですが、ミニストレッチフィルムという商品だったみたいです。店内を散策していたら、たまたま見つけました。

結局、パインの集成材を使う事にしました。ショッピングカートに積んでレジまで運びます。木材運搬用のカートも用意されているのですが、載せ替えるのが面倒なのでこのまま行きます。見た感じ不安定そうですが、バランスは取れています。

お会計を済ませました。続いて、カットサービスを利用します。待ち時間もわずかで、ピッタリのサイズに仕上げてもらえます。後片付けの手間もありません。

一度利用してからは、大きめの木材を自分でカットする気が起こらなくなりました。1カット30円という、利用しやすい値段設定も魅力です。このサービスがなかったら、ここまでDIYにハマる事はなかった気がします。

手書きの設計図を握りしめて、切り分けサイズをオーダーするのですが

「あれ、これ長さ足ります?ちょっと計算しますね。」

と言われて不安になりました。

(長さはバッチリ計算したはず・・・。)

特に問題はありませんでした。

5分ほどで全ての切り分けが終了です。今回は6カットで180円でした。

帰ります。本当は、「木壁用の木材」や「飾り窓用の木材」も購入したかったのですが、雨が強いので辞めました。

急ぎで欲しかったわけではないので、天気のいい日に改めて買いに来ようと思います。

ゲーム機収納棚に使う木材

使用する木材のサイズは、500mm×2、350mm、170mm×2、75mmです。ゲーム機収納棚はシンプルな構造なのでパーツが少ないですね。管理が楽でいいです。

元々は、パイン集成材(加工性が良く、棚板や家具の作成等に幅広く使える。)サイズ(約)長さ1,820×幅350mm。厚み15mm。ホルムアルデヒド放散量等級F☆☆☆☆。

という商品ですよ。税込3,380円でした。

そうそう、カットサービスを利用する時「集成材を包んでいるビニールは剥がした方がいいのかな」と思っていたのですが、包装ごと切断してしまうんですね。ダイナミックです。

切断面は綺麗です。SPF材でカットサービスを利用すると、ささくれていたり、捲れていたり、毛羽立っていたりする事も多いのですが、今回はいい感じです。集成材だからですかね。ちょっと理由はわかりませんが、研磨の工程が早く終わりそうです。

スケールで長さの最終チェックをします。切り分けサービスを利用して、2mm以上の誤差があった事はないのですが、念のためです。

今回もばっちりジャストサイズでした。作っていきましょう。

ゲーム機収納棚を自作する(作り方)

「研磨→塗装→組み立て」という手順です。

脚の「取り外し・取り付け」以外は、何度もやったことのある作業ばかりです。苦戦することはないと思います。

ゲーム機収納棚の作り自体は簡単なものなので、それほど時間もかからず完成する「予定」です。

研磨

サンドペーパーを使って研磨します。2重折りにして耐久力を上げてから、軽く押さえて往復させます。コツというほどではありませんが、こうすると作業が捗ります。

大きな家具作りの時は、サンディングの工程が大変です(本棚作りの時とか辞めたかったです・・・)。

ただ、今回の収納棚作りは、木材の量も少ないし、切り口も綺麗なので、それほど手間はかからないと思います。一気に終わらせてしまいますね。

20分ほどで完了しました。板が重かったので意外と疲れました。

角を丸めすぎると、柔らかい感じになってしまいます。今回はスタイリッシュな感じが欲しかったので、必要以上には削らず、指で触っても引っ掛からないぐらいの、ちょっとした丸みにしました。

削った木の粉が付着していたので、濡れたキッチンペーパーで水拭きをしました。しっかり払っておかないと、塗装の時に大変なので、この後、乾拭きまでやりましたよ。

研磨後の木材は手触りが良くていいですね。ツルツルしていて気持ちがいいです。

塗装

木材に色を付けます。使うのはワトコオイル(ミディアムウォルナット)です。

そういえば、塗装するのは「組み立てる前」と「組み立てた後」どっちがいいのか気になったことありませんか。自分はずっと疑問に思ってたんですよ。

それで、最近調べてみたら「どっちでもいい」との事です。

一応、「組み立てる前」に塗装をした方が、作業が容易になるので綺麗な仕上がりになりやすいそうです。

ただ、「乾燥させる時スペースを取る」みたいな問題もあるので、組み立てた後に塗装する人もいるそうです。

自分の作業環境に合わせて、やり易い方でいいみたいですね。

使い捨てのビニール手袋を装着します。「手にぴったりフィットして素肌感覚」というキャッチコピーで100枚入り600円。カインズホームのPB(プライベートブランド)商品です。

軍手だと塗料が染み込んできて、手が汚れる事が多くありました。そこで用意したのが、この使い切りタイプの手袋です。

ビニール製なので塗料が染み込んでくる事はありません。使い捨てるので軍手に比べて衛生的です。

コストが多少増えてしまうのが難点ですが、導入してからは、塗装する時の必需品になっています。手放せない存在です。

最近知ったテクニックです。新品の刷毛は事前に指でしごいておくと、塗装する時に抜け毛が少なくなるみたいです。

この時付着したゴミも取れるので、新しい刷毛をおろす時は、この処理をした方がいいそうです。

塗っていきましょう。木目に沿って薄く塗り広げる感じで作業します。

1枚塗ってみました。ワトコオイルを使うときは、SFP材への塗布がほとんどでしたが、集成材に塗布しても味のある感じに仕上がりますね。

モザイク柄(とはちょっと違うかな?)みたいに、色の濃淡が付いて綺麗です。

全て塗り終えました。掛った時間は20分ほどです。板が重いのでやっぱり疲れます。

棚の裏側になる「見えない部分」は塗らなくてもいいかな、と思っていたのですが、計量カップに移した塗料が余っていたので、全て塗り切ってしまいました。

ワトコオイルは値段も高めなので、節約のために缶に戻しても良かったのですが、まあいいでしょう・・・。「オシャレは見えない部分から」なんて言います(?)よね。

光の当たり方で白っぽく見えますが、実際にはこれより黄色っぽい感じです。しっかり色が付いているので、2度塗りはしないつもりです。

ワトコオイルの完全乾燥は24時間とされています。ただ、臭気やベタつく感じが取れるまでは、1週間ほどかかるので(体感です)、部屋の隅にしばらく放っておこうと思います。

組み立て

塗料が乾きました。指で触れてもベタベタするような事はありません。組み立ての工程に移りましょう。

今回作るゲーム機収納棚は、全ての木ねじをダボで隠します。

ダボ埋めは、前回の「【DIY】おしゃれな「モニター台」を自作するよ!パソコンデスクのスペースを有効活用【作り方】」で初めて挑戦したテクニックですが(上手くは出来ませんでした)、木ねじを隠すだけで完成形が「それっぽい感じ」になります。

ひと手間増えるので時間はかかりますが、今回もやっていこうと思います。

セリアで購入した曲尺と、シャーペンを使って穴開けポイントに印を付けていきます。

終わりました。全部で32ヵ所です。

ZENKEの電動ドライバーを使います。「安いから」という理由で購入した工具ですが、日々のDIYで大活躍しています。

「これから木工を始めよう」という方は、真っ先に買うべきアイテムだと思います。

ZENKEについての使用感は、「【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う」で紹介していますよ。

ダボ穴あけ用のビットを取り付けました。大西工業から発売している「木工用6角軸ダボ推」という商品です。

深さに達するとストッパーがドリルの先進を止め、余分な回転時間をとらずバッテリーに優しい。なんて特徴があります。有用性については、イマイチわかっていません。

シャーペンで付けた印に、ビットの先端を合わせます。

それほど力を加えなくても、掘り進むことができます。買ったばかりという事もあって、切れ味がいいんだと思います。音も静かです。

綺麗に開きました。深さは7mmほどです。

32カ所の穴開けが終わりました。数を数えながら作業をしていたら、「まだ〇〇箇所もやらないといけないのか」と嫌になったので、途中からは何も考えず無心で進めました。

綺麗に穴の開いた場所もあれば、ささくれてしまった場所もあります。紙やすりで軽く磨いて、滑らかに加工します。

ネジで留めていきます。こんな時はコーナークランプでもあれば、作業も捗るのでしょうが、あいにく持っていません。

グラグラして不安定だけど、積み木スタイルで組み上げていきます。

事前にドリルビットで下穴を開けています。木が割れることもなく、スムーズにネジが入っていきました。

垂直に刺さっているので、横から飛び出してくることもありません。いい感じです。

そうそう、使っている木ねじは、40mmのスリムビスです。カインズホームのPB商品(おそらく)大容量「激安」でした。

人気があるようで、売り切れている事も多いです。

4カ所留め終わりました。トラブルなどはありませんでしたが、思った事はただ一つです。「コーナークランプを買おう」。

積み木スタイルだと、やっぱり不安定です。ネジを回している時に板がズレてきて、何回かやり直しをしました。結構イライラしました。

コーナークランプは、1度買ってしまえば長く使えるものだし、ちょっとした木箱作りなんかにも使えますよね。活躍する頻度は高そうです。

アマゾンで調べてみたら、1,000円前後で売っていました。思っていたより安いです。おすすめや口コミをチェックしたら、2つぐらい買っておこうと思います。

コーナークランプを「【100均DIY】セリアの木材で「ミニテーブル」を手作りするよ。天板はひのき、水性ニス(ライトオーク)で塗装【作り方】」で導入しました。便利過ぎます・・・。

電動ドライバーの電池が切れました(赤いランプ見えますか)。いい所なのに・・・。フル充電にして置かなかったのが敗因です。

コードレスのタイプは移動しながら使えたり、何かと便利な事が多いのですが、こういう時に不便を感じますね。

もちろん、準備不足でフル充電にしていなかった自分がいけないのですが・・・。

高価な電動ドライバーは、バッテリーの付け替えができたりしますよね。趣味のDIYに使うので、バッテリーの複数所持は現実的じゃない気もしますが、電池切れで作業中断がなくなるのは、嬉しいメリットに感じます。

そんなわけで、しばらく充電待ちです。

30分後です。全部で16ヵ所にビスを指して、四隅の固定が終わりました。ようやく収納棚っぽくなってきた感じがします。

内側に取り付ける棚板(仕切り)です。一応、初めに紹介した手描きの設計図にも書き込んであります。

この部分は取り付けた後だと、ダボ埋めができなくなります。先にやってしまおうと思います。

使用するのは、直径8mmサイズの木ダボ。100円均一のハンマー。ゼットソーのライフソー木工175S(ノコギリ)です。

電動ドライバーで開けた穴に木ダボを詰めます。その後、ハンマーで叩いて奥までキッチリ差し込みます。

写真には写していませんが、大きな音がするので、タオルで覆ってから叩きました。

深夜に作業しているわけではありませんが、「トントントントン」煩かったら隣の人も迷惑ですよね。賃貸のアパートですし。

飛び出している部分を鋸でカットします。この作業苦手なんですよね・・・。

傷だらけになりました。木材にペタっと当てながら、水平に動かしているつもりですが、気が付くとガリっと板まで削ってしまいます。

埋めたダボには、後でオイルを塗ります。その時に傷を付けてしまった箇所も修正しようと思います。そんなに深い傷ではないので、たぶん誤魔化せます。

4カ所埋めました。慎重に作業しましたが、やっぱり細かな傷はいくつも付いてしまいました。難しいですね。

この後サンドペーパーで軽く磨いてから次の作業に移ります。

内側の棚を取り付けます。

下穴を開けます。

ビスで留めます。

下の部分です。さっきと同じ手順で作業します。下穴を開けてから。

ビスで留めます。

取り付けが終わりました。これで収納部分(本体)は、ほぼ完成です。

強度が足りなかった時の補強として、T字金具とL字金具を用意していましたが、使う必要はなさそうです。なかなか頑丈にできています。

ひたすらダボ埋め作業をやります。手順はさっきと同じなので、簡単にダイジェストっで紹介しますね。

穴にダボを入れて、ハンマーで奥まで差し込みました。

鋸で飛び出した部分を切ります。

紙やすりで磨きます。

裏側(脚を取り付ける面)はダボ埋めをせず、そのままにしてあります。「見えない部分だし手抜き」をしました。

塗装の時は、「オシャレは見えない部分から、なんて言います(?)よね。」とか書いていた気が・・・。

前回のモニター台作りの時は、切断したダボは捨てていたのですが、「もう一回ぐらい使える」事に気づきました。

再利用できればエコです。ちょっとだけお金も浮きます。次回ダボ埋めする時は、今回の切れ端を使ってみようと思います。

ローテーブルの脚を取り外します。今まですっかり忘れていましたが、折り畳み機能の付いたタイプでした。

収納棚の脚がコンパクトになっても、あまりメリットはないように感じますが、あって困るような物でもないですね。

材質はスチールだと思います。床との設置部分は、ゴムのような素材で保護されています。滑り止めでしょうか。

ローテーブルの脚は、6本のねじで固定されています。こういうのって、接着剤とかは使われてないんですかね。とりあえず外してみましょうか。

電動ドライバーでねじを回します。今日は「ZENKE」さん大活躍の一日です。

特に問題もなく、普通に外れました。残りの3本も一気に片付けてしまいます。

完了です。全部で5分も掛かっていないと思います。全て電動ドライバーのおかげです。手動だったらこうもいきませんよね。科学の力ですね。

脚を抜き取られて「ただの板」になったローテーブルの天板です。ナチュラルっぽいカラーにダークウォルナットは、なかなかオシャレな配色だと思います。

この板はどうしようかな。結構大きいからスペースを取るんですよね。捨ててしまうか、端材ボックスに入れておくか悩みます。

ローテーブルから外した足を、収納棚に取り付けます。「下穴は開けた方が良いのかな」なんて悩んでいたのですが、開けなくても大丈夫そうです。

6本のネジを取り付けました。しっかり固定されています。

3本目の脚を取り付けている最中に、また電動ドライバーの充電が切れました。科学の力・・・。

終わりも見えているので、ここからは手回しでいきます。

取り付けが終わりました。後半戦は手動でネジを締めていたのですが、硬くてなかなか回らない所もありました。ギュッと力を入れ続けていたので、握力が抜けている感じです。

脚の取り付け箇所は、正確な長さを測らず「この辺でいいかな」という感じで決めました。よく見るとズレていたり、曲がっていたりします。

作業の途中で「やっぱりやり直そうかな」とも思ったのですが、電動ドライバーの充電も切れているし、何より疲れていたのでそのまま進めました。

「雑な部分も、手作りの味」という事にしておきます。DIYで最も便利な言葉です。

最後の工程です。ワトコオイル(ミディアムウォルナット)で、埋めたダボに色を付けます。

ダボ本来のナチュラルカラーでも、浮いた感じはしなかったのですが、同じ塗料で色合いを合わせた方が無難ですよね。

しばらく時間を置いたら、キッチンペーパーで拭き取ります。

手作りゲーム機収納棚の完成

完成しました。個人的には「すばらしい出来栄え」だと思っています。花丸です。いや、自分で言うのは恥ずかしいのですが・・・。

「手作りした物は愛着が湧く」って言いますよね。湧いています。湧いています。気に入っています。

なので、自己採点はかなり甘々です・・・。

集成材の柄って好みが分かれるそうです。人工的なものだから、苦手な人もいるのだとか。自分は好きです。綺麗な模様だと思います。

今まではSPF材ばかり使っていたけど、これからは集成材もガンガン使っていこうと思います。

正面からのアングルです。後ろの本棚と同化してしまって、少し見づらいですね。壁を背景にして撮影すればよかったかな。

形が「何かに似てるな」と思っていたんですよ。今ピンときました。レトロなテレビっぽくないですか。畳の上に置いてありそうなやつです(違うかな)。

まあそれはいいです。

グラつきや傾きはありません。安定しています。それと、思っていたより丈夫にできました。耐荷重の計算とかまったくわかりませんが、「それなりの重さ」にも耐えられそうです。

ワトコオイル(ミディアムウォルナット)は綺麗な色が出ますね。薄っすらした茶色が柔らかくて、全体的に優しい感じがします。

ダボの丸いポチは、いいアクセントになっていると思います。「数が多すぎると、不自然に見えるかな」と心配しましたが、そんなことはありませんでした。

ダボ埋めする時は、穴に木工ボンドを塗るのが一般的です。ただ、今回のゲーム機収納作りでは使いませんでした。理由は簡単です。忘れていました・・・。

「木は徐々に痩せていくもの」らしいので、横の部分なんかは、そのうちポロっと取れないか心配です。

取れたら付け直せばいいので、大したことはないのですが、ちょっとした失敗ポイントです。

部屋の雰囲気的には、「白い脚」より「黒い脚」の方が合うと思ったので、塗装をする予定でした。

ただ、組み立てながら「白い脚でも可愛らしさがあっていいかも」と感じたので、そのままにしました。気に入っています。

さいごに

ゲーム機収納棚作りに掛かった費用です。

  • 木材(パイン集成材) 3,400円
  • 塗料 600円
  • 細々したもの 500円

合計4,500円でした。時間と手間は掛かりましたが、デザインは自分好みだし、ピッタリサイズで利便性は高いし、なかなか良いDIYだったと思います。

ゲーム機が増えて収納力が足りなくなったら、「無印のスタッキングシェルフみたいな、上に積み重ねる部分」を作って拡張しようと思っています。

収納棚に手を加えた時は、この記事に追記していきますね。よかったら、また遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19