セリアの「水性塗料(ペンキ)」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

DIY

セリアの水性塗料(通称、セリアのペンキというらしいです)が「イケてる」との噂を聞きつけました。なんだか気になるので、全色揃えてみようと思います。

100円ショップの塗料は、「ニス」と「黒板塗料」しか使ったことがありません。セリアのペンキがどんな発色で、どんな使い勝手なのか楽しみです。

試し塗りをしながら、色見本(サンプル)を作ってみようと思います。それぞれのカラーを比較しながら、レビューなどもしてみるつもりです。

購入を考えている方は、ぜひ、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

セリアに水性塗料(ペンキ)を買いに行く

やってきました。いつもの通い慣れたセリアです。というと、常連客っぽい言い方ですが、そこまでは来ていない気がします・・・。

とりあえず、どこに何があるかはだいたい覚えているので、DIYコーナーまで迷わず一直線にきました。

日曜大工に使う関連商品が一纏めになっています。ユーザーとしては、わかりやすくて嬉しいです。アレはこっちの棚、コレはあっちの棚、なんてチョコチョコ移動する事になったら、面倒ですよね。

お目当ての水性塗料です。事前に調べていた情報だと、7色ほど発売されている感じだったのですが、5色しかありませんね。

陳列棚を見る限り、売り切れているという事はなさそうです。この店舗では取り扱いがない、という事かもしれません。

少し古い情報(blog記事)を見ていたので、もしかしたら発売中止になっている可能性もあります。

店員さんに聞いて確認しようかとも思ったのですが、売り場のスタッフさんは忙しそうにしていたし、レジには長蛇の列ができていたし、辞めておきました。

お会計を済ませます。100円均一に立ち寄ると、「安いからコレも買っておこ」という感じで、使う予定のない物までカゴに入れてしまいます(こんな買い方をした物は、だいたい押し入れ部隊)。

いつも無駄遣いばかりしてしまうので、今回は必要なものだけをピックアップしました。たまには我慢もしないと・・・。いや、たまにはじゃダメか・・・。

セリアの水性塗料(ペンキ)を全部買ってみた

お店に置いてあった「水性塗料」を5種類全て買ってきました。大人買いです。贅沢な揃え方ですが、これでも税込み540円。安いですよね。庶民の強い味方だと思います。

購入した水性塗料の紹介です。写真左から、ナチュラルベージュ(Natural Beige)、スモーキーピンク(Smoky Pink)、スモーキーブルー(Smoky Blue)、スモーキーグリーン(Smoky Green)、ブラック(Black)です。

無駄に英語表記まで書いてしまったので、若干見づらい感じになってしまいました。消しても良かったのですが、せっかくタイプしたので・・・。

カラーバリエーションは、人気のある定番を押さえた感じですね。白、黒、青、緑なんかは、場所を選ばず使い易そうな色だと思います。

水性塗料、「Enjoy Your Original」との事です。「創造を楽しもうよ!」みたいな感じですかね。

パッケージはシンプルなデザインです。塗料の容器って、無駄を省いてシンプルにまとめているか、メリットを羅列してゴチャゴチャしているかの、2種類が多い気がします。

ボトルは細長い形状で握り易いです。妙なフィット感があります。

小さな文字で「実際の色と若干変わる場合が・・・」との注意書きがあります。塗料の製品ラベルには、よくある文言ですね。クレーム対策(?)というやつでしょうか。

取扱い上の注意、保管上の注意、救急処置の記載があります。これでもかと言う程、隙間なく文字が詰め込まれています。大事な部分なのでしょうが、イマイチ読む気が起こりません・・・。

赤文字で強調されている箇所は「本品は飲み物ではありません。誤って飲まないように注意ください」「人体にかからないようにご注意下さい」という注意喚起です。

用途、使用方法、用具の手入れ方法の紹介があります。基本的には、他の塗料と変わりはありません。特別な事をする必要はなさそうです。

品名「水性塗料」。種類は合成樹脂塗料(水系)です。成分、合成樹脂(アクリル樹脂)、顔料、水。正味量は約80ml(塗り面積、約0.8平方メートル)。

キャップには滑り止めのギザギザ(溝)が付いていて回しやすいです。外すとこんな感じになっています。白色のビニール(?)で密封されています。厳重です。

端から捲ってビニールを剥がしました。接着が強かったので、かなりの力が必要でした。

開封と同時に、中身の塗料が飛び出してきました。服まで飛ぶ勢いだったので、開ける時は汚れないように注意が必要です。

このままだと塗布する時に使いづらいので、別の容器に移し替えます。

逆さまにしても中身が出てきません。一応、液体っぽいものが入っている感覚はあるのですが・・・。

容器をペコペコ押していたら、ドロっとした「塊」が落ちてきました。開封前に良く振ったつもりですが、足りなかったのかもしれません。他のボトルを開ける時は気を付けます。

そんなわけで、ナチュラルベージュです。トロっトロ。使うときは、水で薄めて硬さを調節した方が良さそうです。

水性なので嫌な臭いがほとんどありません(油性だと換気が手間ですよね)。自宅内でも安心して使うことが出来ます。

スモーキーピンクです。良く振ってから開封しました。塊感はありませんでしたが、粘性はかなり高いです。ナチュラルベージュ同様、逆さまにしても流れ出てきませんでした。

スモーキーブルーです。少し零してしまった・・・。

スモーキーグリーンです。

スモーキーシリーズ(と呼んでいいのかな)は、パステルカラーっぽい雰囲気もありますね。塗ったら色味が変わったりするのかな。楽しみです。

ブラックです。この塗料だけは、何故かサラっとしていました。

他の塗料は、時間が経ち過ぎて硬くなったのかもしれませんね(塗料の性質的に、そんな事もあるらしいです)。

パッと見た感じ、どれも色味(品質)は問題なさそうです。

全て移し替えました。順番は、初めに紹介した時と同じです。写真左から、ナチュラルベージュ、スモーキーピンク、スモーキーブルー、スモーキーグリーン、ブラックです。

どれも、パッケージに記載されたサンプルカラーより、ポップで鮮やかな印象があります。

色見本制作の下準備

色見本作りに使う木材は、セリアの木板です。天然木(桐)。寸法は45×15×0.9cm。MADE IN CHINAです。

材質によって風合いも変わってくるだろうし、何を使うか迷っていたのですが、無難にメーカーを合わせて検証する事にしました。

何かの材料にするときは、反りや捻じれがないかチェックをしてから購入するのですが、今回は、一番上にある板をノーチェックで取ってきました。

「色見本用だし、多少状態が悪くてもいいかな」という感覚です。家に持ち帰ってから確認したら、瓦のように沿っていましたが、特に問題無しです。

ラベルシールを剥がします。最近は、接着跡が残らないタイプも多くなりましたね。シール跡を除去するのって意外と面倒だったので、嬉しいです。

紙やすり(240番)で表面を整えます。木目に沿って往復させて、ツルツルと手触りがよくなるまで磨いていきます。汚れている箇所もあるので、ついでに削り落とします。

マスキングテープで養成しました。差し金で長さを測って、キッチリ5等分しています。

セリアペンキの色見本として、何度も見返すことになると思います。残念クオリティだと、後々後悔しそうなので、それなりの出来栄えで完成させる「予定」です。

食器洗用のスポンジを刷毛代わりにします。細かく切り分けて、ネットを取り外せば普通に使うことが出来ます。

YouTubeのDIY動画でやっているのを見つけて、マネしてみたテクニックなのですが、刷毛を使うより経済的で後片付けも楽(捨てるだけ)な場合が多いです。

こんな感じで、スポンジに塗料を含ませてから塗っていきます(弾力があってちょっと取り過ぎましたが・・・)。

床が汚れないように、ゴミ袋とブルーシートを敷いています。これで準備万端です。それでは、カラーリングスタートです。

セリア水性塗料(ペンキ)の色見本作り

ナチュラルベージュです。自然な発色で、優しいイメージがあります。洋服などでもよく使われる色なので、しっくりくる感じがあります。クセは少なく落ち着いた印象です。

真っ白を使うと、周りの家具や雑貨と馴染まない事もあります。そんな時は、薄っすら茶色の入ったベージュが活躍する時もあると思います。

スポンジ(刷毛)に取った時は、「硬いしどうなんだろう」と思っていましたが、意外とノビがよくて塗り易かったです。ただ、若干色が薄くて下の板が透けてしまいますね。重ね塗り必須なのかな。

スモーキーピンクです。かすれたような発色で、優しい雰囲気があります。女性っぽいイメージでしょうか。光の当たり方が変わると、ほぼ白に見えたりします。

上品に見せたり、エレガントに見せたり、メルヘンに見せたり、発想次第で楽しみ方の増えるカラーだと思います。

膜が張る感じで着色できていますが、ナチュラルベージュ同様色が薄いです。

スモーキーブルーです。爽やかですね。個人的に「真っ青な空」というと、こういった色というイメージがあります。好きな発色です。

ちょっとした小物をアレンジしたり、ちょっとした雑貨をリメイクしたり、使いやすそうな色だと感じました。北欧系のインテリアなどにもマッチしそうです。近いうちに使ってみようかな。

スモーキーグリーンです。発色自体は明るくて綺麗です。ただ、「人工的な色」という印象を受けました。どうしてそう感じたかはわかりません。

プランターケース(木箱)にでも塗って、古く傷んだような加工をすると、雰囲気がでるのかなと思います。たぶん、やらないですが。

なんでしょう。苦手な色なのかな・・・。

ブラックです。蛍光灯の当たり方とカメラの角度で、くすんだ感じが出てしまっていますが、実際はつや消し(マット)の真っ黒なカラーです。重厚感たっぷり。

他のカラーは「薄くて素地が透ける」という感じもありましたが、ブラックのカラーは透けることもなく、しっかり色が付きます。

流行りの男前インテリアや、インダストリアルインテリアなど、活躍できる機会も多そうです。工夫すれば、鉄っぽさも出せるかもしれません(アイアン系の塗料って少し高いですよね)。

乾燥時間は、夏季だと30分~1時間、冬季だと2~3時間、とラベルに記載がありました。ぼーっと待つには少し長いです。ドライヤーの温風を当てて、乾燥を早める時短テクニックで乗り切ります。

指で直接触れても、色が移ることはありません。乾いたようです。

重ね塗りした時の色味も確認したいので、板の下半分を2度塗りします。難しい作業ではないので、ササっと終わらせてしまいますね。

終わりです。ドライヤーを当てて、乾燥を待ちます。

養成テープを剥がせば完成です。ペリペリっと剥がしていく感覚が、個人的に好きだったりします。

セリア水性塗料(ペンキ)の色見本が完成しました。上手く作れたと思います。

(長さを測って5等分したつもりでしたが、一番右側の幅が他より1cmほど広いです。何故なのか。均等とは・・・。)

カラーは写真左から、ナチュラルベージュ、スモーキーピンク、スモーキーブルー、スモーキーグリーン、ブラックです。

全体的に色が薄いです。1度塗りの状態では、下地が透けてしまいます。カラーニスのように使うならアリかもしれませんが、セリアの水性塗料(ペンキ)は、基本的に重ね塗りをした方がいいと思います。

発色自体は、色鮮やかで綺麗です。ふんわりとした優しいイメージもあります。部屋のインテリアによっては、効果的に使うことが出来そうです。

塗布に関してです。スポンジでパパっと塗っただけですが、凹凸や色ムラなどは出来ていません。初心者にも扱い易い塗料だと思います。

100円で買える商品なのに、ポテンシャルは高いなという印象があります。コスパ◎です。

ボトルと一緒に写真を撮りました。パッケージに記載されたサンプルカラーは、2度塗り後の発色に近いですね。

前回作った、セリア水性ニスの色見本(ライトオーク、メープル、ウォールナット)と並べてみました。なんだかいい感じだと思います。塗装の工程が捗りそうです。

関連記事>>>セリアの「水性ニス」全3色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】

今回の記事と重複する部分(ボトルの紹介、下準備編など)もありますが、ニスを使ったDIYの事例も紹介しています。よかったら、チェックしてみて下さいね。

水性塗料を混ぜ合わせてオリジナルカラーを作る

まだ、紙コップに移した塗料が余っています。捨てるのはもったいないので、混ぜ合わせて遊んでみようと思います。おまけのコーナー的に楽しんでもらえたら嬉しいです。

ナチュラルベージュにブラックを投入します。

割り箸でよくかき混ぜます。

塗布するとこんな感じになります。道路のアスファルトに近いカラーだと思います。こういった発色のグレーは、インテリア装飾とも相性が良いと思います。

続いて、スモーキーブルーにブラック(2滴ほど)を投入してみます。

先ほどより、明るいグレーになりました。少し青み掛かっています。あまり自信はありませんが、「ねずみ色」がしっくりくる呼び名だと思います。

絵の具感覚で気軽に新色を作ることが出来ます。楽しいです。

スモーキーグリーンにブラック(1滴)を投入しました。しっかり混ぜ合わせてから塗布してみます。

緑っぽいグレーになりました。アスファルトブロックに近い色(?)だと思います。

同じ灰色でも、混ぜ合わせる色や量(比率)によって、雰囲気がだいぶ変わってきますね。面白いです。

他の色も作ってみます。似たような画像ばかりになってしまうので、調合シーンはスキップしてしまいますね。

スモーキーブルーとスモーキーピンクです。比率は1:1ぐらい。淡い水色という感じです(ちょっとグレー寄り?)。ベビーブルーというカラーですかね。

スモーキーグリーンとナチュラルベージュです。比率は1:1ぐらい。薄っすらとした緑色。若干、青っぽい印象もあります。エメラルドグリーンですね。

スモーキーピンクにスモーキーグリーンを少々。オフホワイトが近いのかな。シルバーっぽくも見えます。

こんな感じで、試しに6色作ってみました。水性塗料同士は混ぜ合わせることが出来るので、アイデア次第で楽しみ方が増えますね。なんだか実験みたいで面白かったです。

さいごに

セリア水性塗料(ペンキ)の色見本を作りました。本文中に何度も書いていますが、綺麗な発色で質感が良いです。それに、使いやすい。「当たり」の商品だと思います。日々のDIYでも気軽に使っていけそうです。

近いうちに、テレビ台を作る計画があるので、まずはそこで使ってみようかな。脚のパーツをアイアンっぽく塗装する予定なんですよ。黒の塗料が活躍しそうです。

セリアの水性塗料を使ったら、このブログで報告しようと思います。よかったら、また遊びに来てくださいね。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19