【セリアDIY】「手作り時計キット」で木製の壁掛け時計を手作りするよ。アシンメトリーなデザインにする【作り方】

DIY

100円ショップ(セリア)で「手作り時計キット」を購入しました。名前の通り、「自分だけのオリジナル時計作りが楽しめる」という作成キットです。

文字盤を工夫すれば、オシャレな物から奇抜な物まで、デザインアレンジは自由自在です。アイデア次第で、いくらでも創作を楽しめます。

今回は、このキットを使って時計DIYをやってみます。まだまだ腕は初心者レベルですが、制作中に掴んだコツやテクニックは、紹介していこうと思います。楽しんでもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

ずっと「手作り時計キット」を探していた

実は以前にも、時計作りをした事があります。その時は、100円ショップ(ダイソー)で購入した、「掛け時計スクエア」という商品をリメイクしました。

本当は「手作り時計キット」を使ってDIYをしたかったのですが、3店舗の100円均一を回っても「手作り時計キット」が見つかりませんでした。しかたがなく、ダイソーの時計を使った形です。

作成中にずっと思っていたんですよ。「手作り時計キットが良かったな」と・・・。

それから、100円均一に行くたび、売り場を捜索していたのですが、なかなか見つかりませんでした。

都心の大きな店舗にも行ってみたのですが、ありません。「こんなに沢山の商品があるのに、時計キットはないのか」なんて思った覚えがあります(見落としていただけかも)。

そんなわけで、「手作り時計キットとは、なかなか縁がないな」と思っていたのですが、今回ようやく出会うことが出来ました。

どこにあったかというと、「いつも行くセリア」にありました。このブログでもよく登場する、「家から一番近い100円均一のセリア」です。

しかも、レジに並ぶとき、「ほぼ確実に通る通路の棚」に置いてありました。うーん、見落とすような場所じゃないんですけどね。絶対視界には飛び込んでくる位置ですし。灯台下暗しというヤツかもしれません(違うかも・・・)。

とにかく、見つけた時ビックリしましたよ・・・。「普段はないけど、たまたま入荷したのか」なんて思いましたが、軽く埃を被っていたので、そんな事はなさそうでした。長い間そこにあったのだと思います。

というわけで、ずっと探していた「手作り時計キット」を入手したのです。

関連記事>>>【100均DIY】ダイソーの時計をリメイクするよ。オリジナルデザインの置き時計にチェンジ【作り方】

買ってきた「手作り時計キット」の中身

「組み立て簡単!オリジナル時計が作れる!」というキャッチコピーです。

パッケージの写真では、黒板風の文字盤に時計キットを取り付けています。写真縦を改造している感じですね。白と黒でメリハリがあって、おしゃれだと思います。

商品は透明のフィルムに覆われています。付属の部品が確認しやすいです。

裏側です。パーツリスト(名称)、注意・確認事項の記載があります。

マンガン単3乾電池は別売り、アラーム機能はなし、秒針はなし、この辺りは注意が必要なポイントだと思います。

開けてみました。それぞれのパーツが窪みに嵌め込まれています。振動でバラバラになったりすることはありません。衝撃からも保護されるような作りです。「100円の商品なのに丁寧」という印象です。

窪みから外しました。左から、ムーブメント、分針、時針、ナットまわしです。

100円なので当たり前ですが、手に持つと「チープ」という感じがします。

この値段なので文句は言えませんが、しっかりした作りの物を求めるなら、アマゾンや楽天で「それなりの時計キット」を買った方がいいと思います。

ムーブメントの裏側です。電池スペース(マンガン単三)と時刻合わせツマミがあります。

半透明なので、中の歯車やコイルが透けて見えます。外から眺める感じでは、意外とシンプルな作りに見えます。そういえば、ミニ四駆でこんなパーツありましたよね。

取扱説明書です。パッケージ裏にもあったパーツリスト(名称)に加えて、組み立て手順の記載があります。

パッと眺めた感じでは、「イラスト付きでわかりやすそう」というイメージです。

取扱説明書の裏面です。上手な文字盤の作り方(アドバイス)、ご使用方法、ご注意・ご確認、電池について、文字盤用型紙の記載があります。こちらもイラスト付きです。

取扱説明書は、丁寧に作られている印象です。正直、「100円なんだからもう少し手抜きしてもいいんじゃない」と思ってしまいます。お客様目線というやつですかね。違うかな。とにかく、親切設計の説明書はありがたいです。

時計のデザインを考えて設計図を作る

前回の「【100均DIY】ダイソーの時計をリメイクするよ。オリジナルデザインの置き時計にチェンジ【作り方】」では、左右対称の「シンメトリー」、机や棚にそのまま乗せる「置きタイプ」を制作しました。

同じものを作るというのもアレですし、せっかくなので、今回はデザインを大きく変えてみようと思います。

前回の物とは、真逆にしてみようかな。左右非対称の「アシンメトリー」、画鋲で留める「壁掛けタイプ」がいいかなと思います。

ある程度の目安が付いたので、さっそく、ピンタレストのアプリを開きます。自分だけで「アシンメトリーのデザインを考える」のは難しいので、「参考」になるデザインを探します。

パクリとかじゃなくて「参考」にするためです。マネとかじゃなくて「お手本」にするためです。

探し始めてから、15分ほどで見つかりました。良さそうなデザインを一つ見つけたら、「関連するピン」を辿っていくだけで、類似したデザインを大量に見る事ができます。便利な機能、DIYの強い味方です。

「参考・お手本」にしながら、手書きで設計図を描いてみます。

このブログに出て来る設計図は、だいたいこんな感じです。基本的にクオリティは低いです。

(基本的に絵心が「【絶望的画力】オリジナル「Tシャツ」作りに挑むよ。ぺんてるのファブリックファン布描きえのぐを使う」な感じです・・・。)

細かなサイズは、作りながら決めていきます。今回は、ちょっとした時計作りですし、精密さは必要ない(?)です。「行き当たりばったりな感じ」で大丈夫でしょう。

さて、この設計図を握りしめて材料の買い出しに行ってきます。今回はセリアの木材を使う予定です。

木製の「壁掛け時計」作りに使う材料

買ってきました。「近いから」という理由でセリアに行きましたが、これだけの量を買うなら、「ホームセンターに行った方が安上がりだったかも」しれません。

  • 木板 45×15cm(1枚)
  • 木板 45×9cm(3枚)
  • 木製角材2P 45×3.8×0.7cm(5枚)

どれだけの木材が必要かは、計算していなかったので、売り場で設計図を眺めながら選んできました。足りなかったら困るので、少し多めに買っています。

この商品には、「天然木のため、ゆがみ・割れなどがある場合があります。」との注意書きがあります。

確かに、陳列されているも物の中には、ゆがんでいたり捻じれていたりする物も混じっていました。派手に曲がっている物もありました。購入する時には注意が必要です。

今回は、レジに持って行く前に、状態の良い物を自分なりに厳選してきました。完璧とはいきませんが、比較的真っ直ぐな木材を揃えることができましたよ。

色塗りに使う塗料や組み立てに使う工具は、使うときにまとめて紹介しますね(写真を撮り忘れました・・・)。

「手作り時計キット」で木製の壁掛け時計DIY(作り方)

「切り分け→研磨→塗装→組み立て」という手順です。特に難しい作業はありません。組み立てに木工ボンドを使うので、時間は掛かると思います。

切り分け

差し金と鉛筆を使って、切り分けるポイントに印を付けていきます。

終わりです。設計図を眺めながら、「なんとなく」で長さを決めました。カッコよく言うと「フィーリング」です。ただ、今回の場合は「イイカゲン」が適当だと思います。

ライフソー木工175Sを使って、切り分けていきます。

ピンクのパッケージが可愛い鋸です。ちょっとした木材の切断には、毎回コレを使っています。初心者にも扱い易くてオススメの一本です。カインズホームで千円でした。

ちなみに「時」という字は、「ムーブメントの土台として使う部分」という印です。文字盤ですね。

さすがにこの部分だけは、適当だとマズイので、しっかり長さを測りました。正方形になっています。

ヨレてしまいました。鋸で真っ直ぐに切る方法(コツ)は、わかっているのですが、なかなか上手くできません。

基本を守って、何度も繰り返していれば「自然と上手くなるはず」と思っていたのですが、一向に上達しないパターンです。ソーガイド(鋸の補助道具)でも買ってみようかな。

左の一枚だけは、比較的上手く切れました。これが毎回できれば、という感じです。

今回は鋸で切断する箇所が多いです。ちょっと大変ですが、無心で作業を続けていきます。

終わりです。開始から20分ちょっと掛かりました。桐は柔らかいので切断自体は楽ですが、量が多いとやっぱり疲れます。

続いて、もっと疲れるであろう研磨の工程です。

研磨

捲れていたり、トゲが飛び出している部分があります。このままだと危ないので、サンドペーパーでツルツルになるまで磨いていきます。

こんな感じになりました。手触りがだいぶ良いです。

時計のデザイン的に、角は丸め過ぎない方が、スタイリッシュでオシャレになると思います。削りすぎないように注意しました。

残りもまだまだ在りますが、一気にやってしまおうと思います。

終わりです。量が多いので疲れました。やっぱり、ノコギリ以上の疲労度です。

ブログには何度も書いていますが、研磨の作業って苦手です。「なんでだろう」とたまに思うのですが、単純に「疲れるから、腕が痛くなるから」とか、そんな理由な気がします。

切り分けた木材を完成形に並べてみました。なかなか良い感じじゃないですか。ソレっぽくなっている気がします。

続いて、デザイン性を高めるために色を付けますよ。

塗装

セリアの水性ニス(メープル)を使います。100円にしては発色が良くて(失礼)、好きな色味です。気に入っています。

コレは「【100均DIY】木製「CDラック(収納棚)」を自作するよ。おしゃれな卓上タイプを目指す【作り方】」の時の余りものですが、なくなったらリピート買いする予定です。

縁になるパーツと、面になるパーツで色を変えます。左が原液のメープル(縁)で、右が水で薄めたメープル(面)です。

まずは、水で薄めたメープルのカラーです。薄っすらと色が乗る感じで、優しい雰囲気がでていると思います。

水性塗料なので、薄めたり調合したり、自分好みにアレンジがやりやすいです。面白いポイントだと思います。

そうそう、今回は刷毛の代わりに、食器用キッチンスポンジを使っています。

塗り終わりました。綺麗な色だと思います。

原液のメープルカラーです。こっちはウォルナットのような濃い茶色で、力強い感じだと思います。高級感を出したい時にピッタリのカラーです。

塗装完了です。この状態で乾くまで放置しておきます。

2時間ほど経過しました。直接触れても塗料が移ることはありません。乾いたようなので、次の作業に移ります。

セリアのニスをまとめ買いしてみました。「セリアの「水性ニス」全3色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で色見本を作っていますよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ムーブメントのシャフトを通す穴を開けます。本体を組み立ててからでもいいのですが、先にやった方がスマートな気がします。

ZENKEの電動ドライバーを使います。「安いから」という理由で購入した工具ですが、日々のDIYで大活躍しています。

「これから木工を始めよう」という方には、おすすめのアイテムだと思います。

ZENKEについての使用感は、「【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う」で紹介していますよ。

ビットはダボ穴あけ用(10mm直径)を使います。大西工業から発売されていて、口コミ評判のいいビットです。アマゾンなら700円弱で購入できますよ。

線が重なっている部分にビットの先端を当てます。

スイッチを入れたら一瞬でした。ズレもなく、中央に穴が開いています。

1mmほど端が捲れてしまいましたが、ワッシャーとナットを取り付ければ隠れる部分です。このままでも問題ないはずです。

確認のため、ムーブメントの先端を通してみました。引っかかったり、詰まったりすることはありません。ピッタリサイズでいい感じです。

この部分の加工は終わったので、全体のパーツを組み立てていきましょう。

組み立て

木工ボンドを塗ってから、コーナークランプで固定します。

この状態で乾燥を待ちます。

速乾タイプでも、2時間ぐらいは待たないといけません。さすがに長いです。ボンドを早く乾かす時短テクニック「ドライヤーで温める」を実践してみます。

ドライヤーは、イマイチ効果がわからなかったし、ずっと支えているのは疲れるので、辞めることにしました。自然乾燥で行きます。

ボンドを塗ります。

コーナークランプで固定します。乾燥するまで待ちます。

この後は、完成するまで、「ボンド→固定→乾燥待ち」を繰り返します。かなり時間は掛かりますが、完成まであと一歩です。

雑にならないように気を使いながら、進めていこうと思います。

完成しました。とにかく、長かったです・・・。「ビスで固定したい。金具で固定したい」と何度も思いました。用意がなかったので、出来ませんでしたが。

あとは時計キットを取り付けるだけです。ようやくです。

説明書に倣って作業します。まずは、ムーブメントからナットとワッシャーを取り外します。

裏側からムーブメントのシャフトを差し込みます。

ワッシャー、ナットの順番で取り付けます。裏側はゴムパッキンで保護されていますが、きつく締め過ぎると木が割れてしまいます(やりすぎてメリメリ鳴りました)。ほどよく締める感じがよさそうです。

これで文字盤とムーブメントが固定されました。

時針、分針の順番で取り付けます。水平にセットする必要があります。針は柔らかいので、変な持ち方をするとグニャっと曲がってしまいます。力加減に注意が必要でした。

最後に針を奥まで押し込んだら、シャフトの上に丸パーツを付けて完成です。

装飾品を用意していたけど

セリアの木材売り場にあった「handmade message」「1732 切り文字 am pm : :」という商品です。素材は、MDF、紙です。

手に持った感じは、とても軽いです。縁が滑らかに加工されていて、安っぽい感じはありません。

「am pm」のアルファベットが、時計にピッタリだと思って買ってみました。

どうやって使うかは決めていなかったので、色々なパターンを考えてみます。

そのまま置いたり、バラバラにして置いたり、思いつく限りのデザインを試します。一応、どれも「それっぽく」はなるのですが、イマイチしっくりきません。

もう一工夫できれば、といった感じですが、思いつきません。

無理矢理付ける必要もないですし、いいアイデアが浮かぶまで、この装飾品は保留にしておこうと思います。

「手作り時計キット」を使った木製の壁掛け時計が完成

完成しました。オシャレなアシンメトリータイプの時計です。ちょっとした現代アート感(?)も出ているかと思います。

行き当たりばったりで作っていたので「若干の不安」もあったのですが、いい感じに仕上がりました。

都内のシャレた雑貨屋さんに飾ってあっても、違和感はないぐらいの出来だと思っています(言い過ぎかもしれません)。

手間が掛かったので愛着が湧いています。なので、自己評価はかなり高めです。

例の設計図と比べてみます。「完全に一致」です。「ああ、なるほど」って思えませんか。自己分析だと再限度は高いはずですが・・・。

上からのアングルです。パーツとパーツの接続部分に、隙間が出来ている箇所があります。鋸で切り分ける時に、ヨレてしまったのが原因です。

この辺りが綺麗に作れると、プロの作品っぽくなるんだと思います。ただ、初心者が趣味でやっているDIYですし、自分では、これぐらいの完成度でも十分だと思っています。

歪んだり雑な部分も「ハンドメイドの味」と言いますしね(?)。

裏側です。こちらは見えなくなる部分なので、無塗装で仕上げました(塗料も節約です)。表面の研磨も適当だったりします。壁で隠れてしまいますからね。手抜きでオッケーです。

ムーブメントの突起部分を引っ掛ければ、壁に飾ることが出来ます。飾った写真も撮れたらよかったのですが、あいにく画鋲がみつからなくて・・・。

さいごに

木製の壁掛け時計作りに掛かった費用です。

  • 手作り時計キット 100円
  • 木材(角材、木板) 500円
  • 細々したもの(塗料など) 100円

※900円分の木材を購入しましたが、500円分しか使いませんでした。余りは端材ボックスに放り込んで保管しておきます。

合計700円でした。安く作れたと思います。プチプラ100均DIYのいい所ですね。

細かな失敗はありました(ヨレた切断面など)が、デザインは自分好みに仕上げることができました。なかなかのお気に入りです。

どんな感じで飾るかは悩み中です。本棚の上か、ソファーの横か。玄関棚なんかに置いても良いですね。

スペースの余っている「【DIY】小型「テレビ台」を手作りするよ。ロータイプでおしゃれなデザインを目指す【作り方】」に飾っても、雰囲気がよくなりそうです。

新しくDIYをしたら、またブログで紹介しようと思います。よかったら遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19