【100均DIY】木製「CDラック(収納棚)」を自作するよ。おしゃれな卓上タイプを目指す【作り方】

DIY

押し入れに仕舞い込んでいるCDがあります。なんとなく「インテリアとして飾ってみようかな」と思いつき、今回は、木製のCDラック(収納棚)を手作りすることにしました。

デザインは、おしゃれでスタイリッシュな感じを目指します。フレームを真っ黒に塗って、アイアンっぽい雰囲気を出そうと思います。最近流行りのインダストリアルな感じに持っていきたいです。

サイズは、スリムでコンパクトにします。机や棚の上に「ちょこっと」乗せられるような、卓上タイプのイメージです。

材料は、100均セリアで揃えます(家から近いので・・・)。

DIYの腕は初心者レベルですが、制作中に掴んだコツやテクニックは、紹介していこうと思います。楽しんでもらえたら嬉しいです。

スポンサーリンク

現在のCD保管方法

コクヨの収納ボックスに入れてから、クローゼットの中に放り込んでいました。

この収納箱は、組み立て式「NEOS」というシリーズです。蓋がついているので、ホコリ避けになります。頑丈なので、CDを目一杯詰め込んでも、底が抜けたりはしません。

こういったタイプのストレージボックスでは、フェローズのバンカーズボックスが有名ですが、自分はコクヨブランドで統一しています。

機能性がどうとか、デザイン性がどうとか、そんな理由で選んだのではありません。「コクヨって日本の会社だったよね。名前知ってる。」という、買い物ではよくある「身近感(?)」で選びました。

懐かしいな、と思いながら中身を整理していたら、同じアルバムを二枚買っていました。小説や漫画ではやった事があるけど、CDでもやらかしていたとは・・・。

ちなみに、「Rage Against The Machine」の1stアルバムです。ジャケットが印象的です。メッセージ性の強いバンドですね。

「幕張メッセにライブも見に行ったんですよ」

なんて、バンドの思い出を書き出すと、永遠に続いてしまいそうなので、本編のDIYに戻ります。

木製CDラック(収納棚)の設計図を作る

CDジャケットの寸法を測ります。せっかく収納棚を手作りするのだから、ジャストサイズで設計します。

見開きタイプも測ってみます。ちょっと特別感のあるやつです。手に持った感じで、「サイズは一緒だろうな」と感じるのですが、一応やっておきましょう。

縦横のサイズは同じでした。厚みに5mmほど差があるだけです。他のCDを測っても、似たような大きさなので規格ですね。

だいたい、縦は12.5cm、横は14cmです。これを元にして、設計図を作ってみます。

出来上がりました。いつもはパソコンのペイントツールで作るのですが、今回は、ノートに手書きしてみました。

色々と可笑しいのはわかっていますが、何度も書き直した結果がコレです。クオリティは低いのですが、自分では「どこがどうなっているか」完璧に理解しているつもりです。

そうですね。ブログを見てくれている方、「なんとなくの形」だけでも掴んで貰えたら嬉しいです・・・。

本体は、角棒で繋いだ長方形です。冒頭にも書いた通り、真っ黒に塗ってアイアンっぽい雰囲気を出します。

天板は、縦方向に五枚の板を並べて作ります。それぞれの板の色を変えて、デザイン性を高めようと思います。モザイク(パッチワーク?)柄というのかな。おしゃれなカフェの内観でよく見るやつです。

必要な木材サイズを書き出しました。単位はセンチメートル。下は個数です。これを鞄に仕込んで、セリアまで行ってきます。

木製のCDラック(収納棚)作りに使う材料

帰ってきました。今日は祝日(春分の日)ということで、メチャメチャ混んでましたよ。レジに10人近く並んでいました。セリア人気ですね。

  • 木製角材3P 45×1.2×1.2cm
  • 木板 45×9cm

買ってきた木材は2種類です。CDラック自体はシンプルな構造なので、使用するパーツも少ないです。

簡単なDIYの材料なら、100円ショップで全て揃ってしまいます。便利なお店です。

  • 水性ニス(メープル)Enjoy your original

天板の塗装に使います。ミニテーブル作りで余った、ライトオークのカラーと組み合わせる予定です。混ぜたり薄めたり、色々試行錯誤するつもりですよ。

関連記事>>>【100均DIY】セリアの木材で「ミニテーブル」を手作りするよ。天板はひのき、水性ニス(ライトオーク)で塗装【作り方】

使う材料と工具がほぼ同じなので、今回の記事と流れが似ています。

文章も一部使い回しているので、若干の手抜き感を受けるかもしれませんが、「いい感じのミニテーブル」ができたので、よかったら覗いてみて下さい。

木製のCDラック(収納棚)DIY(作り方)

「切り分け→研磨→塗装→組み立て」という手順です。

天板のデザインをモザイク柄にするので、塗装に少し時間が掛かりそうです。ただ、難しい作業というわけではありません。苦戦する事はないと思います。手間がかかるだけですね。

他の工程は、何度もやった事のある作業ばかりです。チャチャっと終わらせてしまおうと思います。

切り分け

差し金と鉛筆を使って、切り分けるポイントに印を付けていきます。ここでミスをしてしまうと、全てがダメになります。例の設計図を眺めながら、慎重に進めていく事にします。

完了です。念のため2重にチェックをしておきました。間違いはないはずです。

バツ印は「ここは不必要」という意味です。似たようなサイズの端材が出るので、間違わないように目印をつけました。

ライフソー木工175Sを使います。カインズホームで1,000円でした。

縦・横・斜め切断が可能です。一般木材・合板・集成材・コンパネ・ベニヤなどの切断に使用できます。収納に便利なパッケージケース付きです。

ピンクのパッケージが可愛い鋸です。木材の切断には、毎回コレを使っています。初心者にも扱い易くてオススメの一本です。

一本一本切っていくのは面倒なので、マスキングテープで一纏めにしました。切断中にズレないよう、キツめに固定してあります。

切り出しで溝を作ったら、慎重に切り進めていきます。鋸で真っすぐに切る、というのが苦手なので、ゆっくり作業します。

良い感じです。桐は柔らかいので、カット自体は楽ですね。

もう一ヵ所切りました。真っすぐに切れています。

続いて木板です。角棒に比べると切る距離が長いです。たぶん曲がります。

「目線は、鋸と印(えんぴつ線)が重なるように、真上から覗き込むといい」なんてアドバイスを見つけたので、実践しています。

他にも、真っすぐ切るための注意事項(コツ)を守りながら作業しました。切り分けた板が下の画像です。

どうでしょう。写真で見ると、上手く切れているように見えますが、実際はヨレヨレです。斜め(右肩上がり)にもなっています。

この辺りが正確に熟せる様になると、「それっぽい仕上がり」になってくると思うのですが、まだまだ未熟な部分が多いですね。

ただ、趣味のDIYには「ちょっとした歪みもハンドメイドの味」なんて便利な言葉(?)があるので、手作り感満載で可愛い出来栄えだと思っておきます。

研磨

捲れていたり、トゲが飛び出している部分があります。このままだと危ないので、サンドペーパーでツルツルになるまで磨いていきます。

紙やすりは240番です。二重折りにして、耐久度を上げてから作業しました。

スタイリッシュな感じを出したいので、必要以上に角を丸めないよう気を付けました。角ばっていた方が、それらしい雰囲気がでると思います。

残りも一気にやってしまいますね。

終わりました。セリアの木材って独特の匂い(桐の匂い?)がありますよね。サンディングしていると、細かい木粉が周囲に舞うせいか、匂いが強くなる気がします。好き嫌いが分かれそうな匂いです。自分は平気です。

塗装

フレームは、ターナーミルクペイント(インクブラック)で塗装します。安心安全がウリの水性塗料です。何度も使っていますが、乾くとマットな質感になって、「それらしく」仕上がるんですよ。お気に入りです。

使い捨てのビニール手袋を装着します。

「手にぴったりフィットして素肌感覚」というキャッチコピーで100枚入り600円。カインズホームのPB(プライベートブランド)商品です。

これを導入してから、塗装の工程がだいぶ楽になりました。手放せない存在です。

塗っていきましょう。刷毛は100均の安物を使ってますよ。

「束にして一気に塗った方が早いかも」と思い付き、作戦を変更しました。一纏めにして塗布していきます。

短い棒も同じように塗っていきます。

フレームの塗装が終わりました。束にして作業をしたせいか、厚塗りし過ぎてしまった感があります。乾燥後にムラや刷毛跡が目立つようなら、重ね塗りをする予定です。

続いて天板の塗装です。それぞれの板を色違いにします。2種類のニス(ライトオーク、メープル)を使って、4種類のカラーを作りますよ。

水性のニスなので、水と混ぜ合わせたり調合することが出来ます。初めてやるので、どんな感じになるかはわかりませんが、試しにやってみましょう。

左から、ライトオーク(水薄め)、メープル(水薄め)、ライトオーク+メープル(水薄め)、メープルです。

濃い目の色を使うと、CDラックに重厚感が生まれて、目立ちそうな気がします。卓上タイプなので、存在感は薄めにしておきたいです。

なので、基本的には水で割って薄目のカラーにしてみました。色の系統は同じなので、並べても上手く馴染むと思います。ちょっと不安ですが、大丈夫なはずです・・・。

一色塗るごとに刷毛を洗うのは面倒です。食器用キッチンスポンジをハサミで4分割して、刷毛の代わりに使っていきます。

ライトオーク(水薄め)です。茶色というより、黄色っぽい印象ですね。

メープル(水薄め)です。王道っぽい色合いです。

ライトオーク+メープル(水薄め)です。ライトオークの黄色成分が強いですね。一応、比率は1対1です。

メープル原液です。ウォルナットっぽい色味ですね。

左から、ライトオーク(水薄め)、メープル(水薄め)、ライトオーク+メープル(水薄め)、メープル、無塗装です。

並べてみても色の違和感はありません。組み合わせ的には大丈夫そうですね。乾燥させましょう。

24時間後です。思っていたより、綺麗な仕上がりになりました。塗布直後より淡い感じになりましたね。メープルのカラーは好みの色です。100円とは思えない発色だと思います。

指で触っても塗料が移ることはありません。完全に乾いています。組み立ての工程に取り掛かりましょう。

セリアのニスをまとめ買いしてみました。「セリアの「水性ニス」全3色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で色見本を作っていますよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

組み立て

ZENKEの電動ドライバーを使います。「安いから」という理由で購入した工具ですが、日々のDIYで大活躍しています。

「これから木工を始めよう」という方には、おすすめのアイテムだと思います。

ZENKEについての使用感は、「【レビュー】初めての電動ドライバーは「ZENKE」にしたよ!安くて初心者におすすめの工具だと思う」で紹介していますよ。

木ねじは、カインズホームのスリムビス30mmを使います。大容量で激安でした。

コーナークランプを使って組み立てていきます。木材同士を直角に繋ぐことが出来るので重宝しています。

ドリルビットで下穴を開けます。

ビスを差し込みます。意識して揃えたわけではありませんが、コーナークランプと電動ドライバーの色が一緒ですね。深い緑色で「たまたま被る」って珍しい気がします。同じメーカーというわけでもありませんし。

良い感じです。今まではこの「直角」に苦労していたんですよ。なかなか上手く出来なくて困っていました。

四角い枠を作りました。CDラックの土台になる部分です。

設計図を眺めながら作業していたのに、接続位置を派手に間違えました。余計な穴が開いています。色合いもあって、かなり目立ちます。

木工パテなんかがあったら、修正も簡単だと思いますが、そんなアイテムは持っていません。穴の奥まで黒で塗り潰して、なんとか誤魔化そうと思います。

最後にビスの頭を黒く塗るつもりなので、その時一緒に修正してみます。

コの字型のパーツを二つ作りました。

さっき作った四角い枠と合体させます。ここにもコーナークランプが使えます。ホントウに便利なアイテムだと思います。もっと早く導入しておけばよかった。

横から留めたビスとぶつからないように、少し位置をズラして差し込みます。気持ち、斜めに傾けています。

両側にコの字型のパーツを取り付けました。後は、この長い角棒で左右を繋ぐだけです。

天板を乗せるスペースを考えて、上から7mmズラして取り付けます。これで、横の黒い縁と天板に段差が出来なくなります。

CDラックの骨組みが完成しました。歪みや撓みはありません。綺麗な長方形になっています。全てコーナークランプを導入したお陰です。

導入前は、直角を「積み木スタイル」でやってたんですよ。その話は「【DIY】ゲーム機「収納棚」を自作するよ!パイン集成材にワトコオイルでオシャレにしたい【作り方】」でしています。

後は天板を取り付けるだけで完成です。やってしまいましょう。

フレームに比べて、天板の長さが2mmほど短いです。設計ミスなのか、測り間違えたのか、切断で失敗していたのか、理由はよくわかりません・・・。

少し不格好になりますが、作り直すほどの元気はないので我慢します。

天板の色は、並べ方によって印象が変わります。いくつかパターンを試してみて、好みの柄を採用する事にしました。

板を張り付けます。使うのは、木工用多用途ボンドです。セリアで買いました。「色んなもの(木・革・布・紙など)に使えて便利そう」なんて理由で選んだ気がします。

強度が必要な部分ではないので、雑にボンドを塗り広げて、サクっと板を接着してしまいます。

工具を重石代わりにして乾燥を待ちます。速乾ボンドを使っているので、通常タイプの半分の時間で硬化が終わるはずです。

手直し

間違えて開けてしまった穴を黒く塗ります。

こんな感じになりました。塗ったばかりで光沢感がある、というのもありますが、塗り潰した程度では隠し切れませんね。近くで見ると穴の凹みが目立ちます。

手持ちの装備では、これ以上どうにもできません。この部分の修正は、これで終わりにします。

ビスも黒く塗り潰しておきました。この状態だと、まだメッキの色が透けて見えるので、時間を置いて重ね塗りをしておきます。

手作り木製のCDラック(収納棚)の完成

完成しました。黒いフレームに、アイアンっぽさは出ていると思います(鉄っぽさありますよね?)。

細い木材を使ったので、スタイリッシュな雰囲気もあって、おしゃれに仕上がっている「はず」です(?)。流行りのインダストリアル感も、多少は再現できたかなと思っています。

力を掛けてもグラつきやガタつきはありません。安定感は高いです。

それと、見た目よりは丈夫に出来ていると思います。重い物でなければ、天板部分に乗せても平気そうです(耐荷重2kgぐらいかな)。

一番左側の板(天板)を見ると、不自然に輝いているのがわかると思います。

これは、木工ボンドがはみ出してしまった跡です。拭き取りが甘かったため、こうなりました。失敗ポイントです。

例の設計図と比べると「完全に一致」していると思います。「ああ、なるほど」って思えませんか。自己分析だと再限度は高いはずですが・・・。

カラフルな天板が特徴的です。薄目の色合いで作ったので、主張はそれほど強くありません。初めてにしては上手く出来たと思います。今回のCDラック制作で、一番気に入っているポイントです。

真上からのアングルだと、天板の長さが足りていないのと、切断面がヨレヨレになっている部分が目立ちます。

残念な部分ではありますが、これも「ハンドメイドの味」、という事で前向きに捉えておきます。

40枚のCDが収納できました。卓上タイプとしては大容量だと思います。

ジャケットサイズ+2cmを内寸の高さにしましたが、もう少し狭めても良かったかもしれません。

これぐらいあると、「指を入れて取り出しやすいかな」と思ってそうしましたが、デザイン的に少し不格好な感じがありますね。

隙間なくピッタリサイズの方が、見た目はよくなりそうです。

さいごに

木製のCDラック作りに掛かった費用です。

  • 木材(角材、木板) 500円
  • 塗料 100円
  • 細々したもの 100円

合計700円でした。安く作れたと思います。100均DIYのいい所ですね。

いくつか失敗はありましたが、デザインは自分好みだし、大容量で収納力もあるし、なかなか良いDIYだったと思います。

新しくDIYをしたら、またブログで紹介しようと思います。よかったら遊びに来てください。それでは、最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19