ダイソーの棚(木製マルチラック)をおしゃれにリメイク【500円商品】

DIY

100円均一ダイソーの「棚(木製マルチラック)」を買ってみた、というお話です。色を塗って自分好みにリメイクまでやってみます。

ダイソーの棚(木製ラック)のサイズや使い勝手、DIYリメイク方法が気になっているという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

木製ラックの売り場

リビング収納のコーナーです。収納ボックス、カゴ、滑り止めマット、ダンボール箱などが並んでいます。

一応「リビング収納」という括りにはなっていますが、ランドリーバッグなどもあるので、区分はざっくりとした感じになっているようです。

木製マルチラックという商品を見つけました。組み立て式の棚みたいです。

手に取ってみました。500円の商品みたいです。ダイソーとしては高額な部類に当たります。100円均一で100円以上のものを買うと、ちょっと損をした気分(?)にもなるのですが、何だか良さそうに感じるので、試しに買ってみる事にします。

買い物カゴに詰め込みました。「100円均一で100円以上のものを買うとちょっと損をした気分(?)になるのですが」なんて書いたばかりですが、2つ購入します。片方はそのまま使って、もう片方はリメイクして使うつもりです。

それでは、お会計を済ませて帰ります。

スポンサーリンク

木製の棚(500円)をダイソーで買ってみた

木製マルチラック(2段、ナチュラル、無塗装)。基本情報は以下です。

  • 商品サイズ:W45cm×D26cm×h29cm
  • 材質:桐木
  • 販売元:株式会社大創産業

パッケージの表面です。使用上の注意があります。

  • 先端及びエッジ部分は鋭くなっています。取扱いには十分注意してください。
  • 天然素材のため、色むら、フシ、ささくれがある場合があります。
  • 高温多湿の場所を避けて、使用・保管してください。

などの記載です。

裏面です。セット内容と組み立て方の記載があります。

セット内容

  • 上棚×1
  • 下棚×1(角に孔がある)
  • 長脚×4
  • 短脚×4

組み立て方は、イラスト、記号、数字を組み合わせたイケア方式での紹介となっています。シンプルで分かり易いと思います。

天然素材のため、板によって模様(柄)が異なっています。太い筋が入ったような木目、柔らかい山形の木目、シワが寄ったような木目など、種類は様々です。

また、色味にも違いがあります。白みがかった茶色や、赤みがかった茶色など、若干の違いではありますが、全体の雰囲気が違って見えるぐらいの差はあります。

パーツを細かく見ていきます。

下棚です。すのこ状になっています。軽いので片手で楽々持ち上げることが出来ます。強度はそれほどないように感じるので、重い物は乗せられないかもしれません。

板の表面です。ささくれや毛羽立ちが多くありました。怪我に繋がりそうなトゲはありませんでしたが、素手で触れる機会の多い場所で使う場合は、紙やすりで軽く研磨した方がいいと思います。

棚板の角材は、丸棒で串刺し(?)にする形で連結されています。

横からです。割れて潰れているような感じがあります。作りは大雑把な感じなのかもしれません。

上から覗き込むとこんな感じです。反りや捻じれはないように見えます。キレイな一直線です。

脚の金具を通すための穴です。かなりザックリとした作りになっています。

ひっくり返しました。

タッカーの針が見えます。説明書には、棚板の表裏についての記載はありませんでしたが、こちらの面が裏になるようです。

上棚です。基本的な構造は下棚と変わりません。

ひっくり返しました。

脚の金具を固定するための溝です。プラスチックのオニメナット(であってますよね・・・?)が埋め込まれています。

脚です。

手に取ってみました。ツルっとしていて手触りが良いです。棚板とはだいぶ質感が違っています。

丸みのある八角形です。柔らかい印象もあってオシャレに感じます。

回すと2つに分解する事ができます。

上からみるとこんな感じになっています。先ほども登場した、プラスチックの小さなオニメナット(であってますよね・・・!?)が埋め込まれています。

スポンサーリンク

ダイソーの棚を組み立てる

パーツも少なくシンプルな形状なので、感覚的に進めても組み上げられそうな気はするのですが、初めて使う製品なので、一応、解説書を眺めながら組み立てていきます。

上棚に長脚を取り付けます。

位置を合わせて時計回りに回すだけなので簡単です。

ちなみに、密着せずちょっと浮いているのは、どう頑張ってもこれ以上は進まなかったからです。ダイソーの木製マルチラックは、全体的に作りがアバウトな感じがあるので、奥まで刺さらないのはしかたのないトラブル(?)に思います。

4本の長脚を取り付けました。

下棚を乗せます。

挟み込む形で短脚を取り付けます。

回すだけなので簡単。

棚板の角が欠けているのは元からです。

4本の短脚を取り付けました。ひっくり返せば完成です。ブログ用の写真を撮りながら作業をしたので、仕上がるまでに15分程掛かりましたが、組み立てだけに集中すれば5分も掛からずに終わると思います。

ダイソーの棚を組み立てた

木材特有の温もりがあって、柔らかい印象の棚です。シンプルなデザインなので、自宅のインテリアにも取り込みやすいと思います。背板のないオープンラックなので、存在感も少なく、部屋を圧迫する事は少ないと思います。

棚全体にガタつきがあります。触れるとグラグラ揺れます。マイナスポイントです。脚が奥まで差さり切らなかった箇所があるので、その辺りが問題になっているんだと思います。家具に安定感がないというのは、利便性的に微妙な感じがします。といっても、500円の安い棚ですから、あまり求め過ぎるのも良くないのかもしれません。

パッケージに耐荷重の表記はありませんでしたが、限界は10kgぐらいかな、という気がしています。棚板のメインパーツは細い角棒ですし、脚の接続箇所なんかもそれほど頑丈には見えないので、極端に重い物は乗せられないと思います。

上棚です。棚板の間隔が広いので、細々した雑貨などを乗せると、隙間から滑り落ちてしまうかも知れません。

下棚です。

片手で楽々持ち上げる事ができます。掃除などで場所を移動させたい時もでてくると思うので、軽いというのは大きなメリットに感じます。

ダイソーの棚をリメイクしよう

先程組み立てたものとは別のラックです。こちらは塗装してオシャレ(予定デス)にリメイクします。

まずは、塗布するカラーを選びます。

100円均一の塗料集めが趣味のようになっていて、新しい塗料を見つけるたびに購入しています。色見本も作っているので、こういう時に見返すことができて便利です。

100均の塗料は、ブログの記事にもしています。気になった方は「100均の塗料(ペンキ、ニス)まとめ)」を覗いてみて下さい。色見本の紹介だけではなく、100均塗料を使ったDIYアイデアの紹介なんかもしていますよ。

ダイソーの水性ニスです。棚板には、右端のウォールナットカラーを使う事にしました。元々の棚の色が白っぽいナチュラルカラーなので、濃い茶色を塗布して、大胆に(?)雰囲気を変えてみようという作戦です。

ダイソーニスについての詳しいレポートは「ダイソーの「水性ニス」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で紹介しています。気になった方は、ぜひ、覗いてみて下さいね。

ダイソーのメタリックペイントです。脚には、左端のブラックカラーを使う事にしました。黒(脚)と茶色(棚板)は定番の組み合わせでもありますし、きっと上手くまとまると思います。オシャレかっこいいツートンカラーに仕上がるハズです。

ダイソーメタリックペイントについての詳しいレポートは「【金属塗料】ダイソー「メタリックペイント」全5色を買ったよ。色見本と比較、おすすめレビュー【100均】」で紹介しています。気になった方は、ぜひ、覗いてみて下さいね。

ウォールナットのカラーからやっていきます。

まずは塗りやすいように専用の容器(・・・紙コップ)に移します。

ウォールナットのカラーって、液体の状態だと青っぽい見た目をしているのですが、塗布すると濃い茶色に変化していきます。その様子を観察するのも結構楽しかったりします。

使い捨てのビニール手袋を装着します。

今までは、カインズホームの「ぴったりフィット!」みたいな手袋を使っていたのですが、無くなってしまったので、間に合わせでドラッグストアで買ってきました。

何だか、指の部分が短くて窮屈に感じます。動かしずらいです。装着感悪めかもしれません。新しく買ったものを使い終わったら、カインズホームの手袋に戻る予定です。

刷毛を使って塗っていきます。確かこの刷毛はダイソー製。今日は、ダイソーの棚をダイソーの塗料と刷毛でアレンジするダイソーデーです。

棚板には凹凸も多く塗りずらいポイントも多いです。ただ今回は、機動力の高い(?)刷毛を使っているので楽々。

何となくでやっていたら、オニメナット(であってますよね・・・!!?)の部分が水溜りのようになってしまいました。いい加減にやったらダメですね。キッチンペーパーで余計なニスを吸い取ってから、残りの作業をやっていきます。

木口にも色をつけます。こういう部分って忘れがちですが、塗り忘れると相当面倒な事になるので(経験有)、しっかり着色していきます。

良い感じです。

終わりました。まだ塗り経てという事もあって、濡れてツヤっとした印象も残っていますが、乾けばマットな質感に変化します。その様子はあとで詳しく紹介しますね。

もう一枚の棚板も着色します。手順は同じなので、途中の写真はスキップしてしまいますね。

完成です。色はしっかり付いています。ムラや刷毛跡などもないので、今回は、一度塗りで終わりにしようと思います。

続いて、メタリックペイントです。

刷毛の代わりに食器用キッチンスポンジを使います。刷毛を使うより金属特有の質感を出しやすいので、今回はスポンジを使って塗布していきます。

メタリックペイントを適量取ったら(ちょっと多すぎたかもしれません)スタートです。

伸びがいいので、さーっと撫でるだけで色が付きます。そのあとトントン叩くと、金属っぽさを出しやすいです。

1本塗り終わりました。掛った時間は30秒ほどです。残りもサクサク熟していきます。

全ての脚を塗り終えました。棚板と同じように、色もしっかりついていますし、ムラや斑模様などもありません。重ね塗りはせずに、このまま完成としてしまおうと思います。

乾燥を待ちます。ドライヤーで一気に乾かしてしまってもいいのですが、今日は午前中に作業を始めたので時間が余っています。のんびり自然乾燥で完成を待とうと思います。

直接触っても色が移る事はありません。乾いたようです。

組み立てます。作り方の手順は先ほども紹介しているので、ダイジェスト風に進めていきますね。上棚に4本の長脚を取り付けました。

下棚を乗せて、4本の短脚を取り付けました。ひっくり返したら完成です。

水性塗料でリメイクしたダイソーの棚

良い感じに仕上がったと思います。ナチュラルカラーの時はほんわりした雰囲気がありましたが、色を付けたことで、パッキリとした印象になりました。ちょっとした高級感というのか、上品な感じもでているのかなと思います。好みの感じです。

色の組み合わせ方は、2年前に作ったニトリの棚と同じです。詳しくは「【DIY】ニトリの組み立てウッドシェルフ(棚)をリメイクして男前なオシャレ収納を作ろう」で紹介しています。

薄っすら浮かび上がっている木目柄がオシャレだと思います。重厚感もあって落ち着いた感じも。今回使ったのはダイソーの安いニスですが、コストパフォーマンスの高い商品だと思います。リメイクに効果的でした。

横からです。焼いたような雰囲気も少し出ています。ちょっとしたアンティーク感も。カッコいいです。

脚です。いい感じだと思います。色味もマッチしていてオシャレに感じます。欲を言えば、もう少しザラっとしたような、ゴツっとしたような金属感が出せたら良かったのですが、腕の問題もありますし、このあたりが今の限界(?)なのかもしれません。

横からです。

ぴろーんと木の繊維が飛び出している箇所が気になります。サンドペーパーで丁寧に磨けば良かったデス。

無塗装の棚と並べてみました。比較がしやすいと思います。

上からです。

横からです。棚板も支柱もガラっとイメージが変わりました。

脚です。

折り畳み式のラックを買ってみました(追記:2021年4月15日)

ダイソーの「折り畳みラック(2段、ナチュラル、無塗装)」を買ってみました。価格は500円でした。

パッケージのデザインが似ているので、この記事で紹介している「木製マルチラック(2段、ナチュラル、無塗装)」と同じシリーズの商品だと思います。使用されている木材の質感なんかも似ていますし。

木材特有の温もりがあって、柔らかい印象の棚です。白っぽいナチュラルカラーは、ほんわり優しい雰囲気があります。

折り畳み式なので使わないときは小さくまとめる事ができます。収納スペースを取らないというのは嬉しいポイントに思います。

水性ニスのけやきカラーで、着色してリメイクまでやりました。ガラっと印象が変わっていると思います。

ナチュラルカラーの時はほんわりした雰囲気がありましたが、色を付けたことで、引き締まった印象になりました。パキっとした感じ。ちょっとした高級感というのか、上品な感じもでているのかなと思います。好みのデザインです。

詳しいレビューやアレンジの手順は「【500円】ダイソー「折り畳みラック」を購入。リメイクでオシャレ収納棚に。ガタつき解消まで」で紹介しています。気になった方はぜひ、チェックしてみて下さい。

さいごに

100円均一ダイソーの500円「棚(木製マルチラック)」を購入してリメイクしました。

“ほぼ”思い通りのアレンジができたので満足しています。ソレっぽいおしゃれ感も出せましたし、しばらくは棚本体を眺めながらニヤニヤするつもりです。

新しくDIYをしたら、またブログで紹介しようと思います。よかったら、遊びに来てください。それでは最後までありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク

rooms19