【100均DIY】すのこでトイレ用の収納棚を手作りするよ【作り方】

DIY

「すのこ」を使ってトイレ用の小物収納用棚を作ります。電動工具などは使わず、100均(セリア)のアイテムだけを使った簡単なDIYです。

制作中に掴んだコツやテクニックは紹介していくつもりです。リメイクの参考にして貰えたら嬉しいです。

スポンサーリンク

トイレのこの部分に棚を設置したい

右奥の空いたスペースに棚を設置しようと思います。隙間が20cmほどの狭い空間です。

掃除用の除菌シートや芳香剤など、細々した物を収納する予定です。予備のトイレットペーパーも仕舞えればいいのですが、サイズ的に少し難しいかもしれません。

一応、トイレタンクの上に備え付けの飾り棚があるので、入らない物や使う機会の少ない物はそこに隠しておきます。

ちなみに、トイレカバーとマットはカインズホーム(ニトリだったかも?)で買ったセット品です。

写真では、一部分が赤く変色して見えますが、実際はそんな事ないです(蛍光灯の当たり方ですかね)。

「いい物が見つかるまでの繋ぎ」と思って、安い商品を購入したのですが、灰色と黒のカラーは落ち着きがあって雰囲気がいいです。

猫のシルエットと肉球のイラストは上品ですし、何度も見ているうちに気に入ってしまいました。しばらくは使い続ける予定です。

画像には写っていませんが、スリッパは灰色と黒のストライプ柄を使っていますよ。300円ぐらいだったかな。安物です。

トイレ用収納棚DIYに使う材料

セリアで購入しました。すのこ(サイズ40×25×1.6cm)3枚です。

「押し入れや流し台下など、湿気が気になる場所に最適です。」という説明書きがあります。

お店の商品棚には「すのこ」が3種類ほど並んでいました。

ちょっと前の「【100均DIY】おしゃれな木製「カフェトレイ」を手作りしよう!すのこを分解して材料にするよ【作り方】」で使った物と、まったく同じやつを選びましたよ。

「前回使って良かったからリピートしよう」というわけではなく、なんとなくコレを買いました。

材質は桐の木です。

裏側はこんな作りになっています。最近覚えた用語ですが、縦の細い板を「下駄」と呼ぶらしいです。

開封しました。表面がささくれていたり、毛羽立っていたりする箇所があります。それほど酷いわけではないので、これは紙やすりで修正できそうです。

角をピッタリ合わせてから重ねると、下駄の位置がそれぞれ違っていたり、反っていて隙間があいてしまったりします。

すのこの作り自体は、ざっくりした感じです。DIYの素材として使うときは、注意が必要かもしれません。

ただ、100円ショップの商品ですからね。求めすぎてもいけませんし、これでも十分すぎる出来だと思います。

棚の手前に張り付けて、落下防止のバーにする予定です。材質はすのこと同じ天然木(桐)です。手軽に入手できるし、加工もしやすくて便利です。

  • 木製角材2P(45×3.8×0.7cm)
  • 木製丸棒2P(45×1.5(直径)cm)

これらの板は、「【セリアDIY】「手作り時計キット」で木製の壁掛け時計を手作りするよ。アシンメトリーなデザインにする【作り方】」など、ちょっとしたDIYをする時によく使っていますよ。

ダイソーやキャンドゥでも、似たような木材が売っているみたいです。家の近くにはセリアしかないので、すぐには試せませんが、他メーカーの木材も試してみたいです。

すのこでトイレ収納棚を手作りする(作り方)

「切り分け→研磨→塗装→組み立て」という順番で作業をしていきます。簡単な手抜きDIYなので、難しい工程はありません。

作っている雰囲気と、完成までの手順が分かりやすいように、写真を多めに載せていきますね。

切り分け

赤い線がノコギリで切り分ける部分です。言葉で説明するのは難しいし、伝わりにくいかなと思って、画像に書き込んでみました。

自分でも、見づらいと思ってます。

DIYブログを読んでいると、こういった解説図を、イラストで掲載してるサイトがあるんですよ。

「わかりやすくていいな」と思うのですが、自分で挑戦してみると中々ハードルが高いです。

一応、少しずつ覚えていこうとは思っています。ただ、このブログに「わかりやすい解説図」が登場するのは、だいぶ先になりそうです・・・。

カインズホームで買ったノコギリを使います。本体にロゴの刻印がないので、どこのメーカーかはわかりません。パッケージはあまり確認せず捨ててしまいました。

折り畳み式で収納場所に困らない、黒とシルバーの色合いがカッコいい。なんてポイントが気に入っています。

ただ難点もあって、刃が大きいせいなのか、切り口がガサガサと荒い感じになってしまいます(切り方が下手なだけかもしれません・・・)。

床の上にワンバイフォーの端材を2枚重ねて、段差を作ってからカットします。こうすると、足を使って固定できるので、作業が捗ります。

下駄の部分を切りました。細くて柔らかい素材なので、一カ所につき10秒も掛からなかったと思います。

反対側も切りました。特に難しい事もないので、残り2枚のすのこもサクっと終わらせてしまいます。

下駄を切り分けたので、一旦棚の形に組んでみました。固定はせず、積み木のように乗せているだけです。

ちょっと歪んでいる気はしますが、それらしくなっていますね。

鉛筆で薄っすら数字を書き込んで、目印を付けました。

支柱が2本、棚板が3枚。パーツ自体は少ないのですが、予備の材料もなく間違えたら困るので、念のため・・・。

さて、もう少しだけ切り分けの作業を続けますよ。

支柱に使うパーツです。切り口が捲れてしまいましたが、研磨のコーナーで修正できる範囲だと思います。切断面は思っていたより平でした。

棚板です。曲尺を駆使して印を付けます。目盛りの線がちょっとだけ雑なセリア製です。

両サイドを7mmずつ切ります。

ガムテープが張り付けてある部分は、ノコギリを引っ掛けてビニールに穴が空いた箇所です。

下にブルーシートを敷いているので、フローリングまでは傷付きませんでしたが、強めに当ててしまったのでドキっとしました。

幅180×奥行180cmで、300円ぐらいの安いシートですが、耐久力も高いし掃除も楽になるので、DIYをする時にはオススメのグッズです。

買った当初は、作業が終わると綺麗に拭いてから収納ボックスに仕舞っていましたが、最近は部屋に敷きっぱなしになっています

掃除は、してますよ・・・。

ノコギリを当てるとこんな感じです。7mmの幅って狭いですね。

失敗したら「棚が歪む原因になります」が、カットする時は「力を抜いてリラックスするのが良い」と聞いたことがあるので、気楽な感じで切っていきます。

いい感じにできました。残りの8カ所も終わらせてしまいます。

切り分けの工程が終了です。掛かった時間は20分ぐらい。ブログ用の写真を撮らずに作業したら、10分ぐらいで終わるかなという量でした。

再度、棚の形に組んでみました。大丈夫そうですね。

研磨

紙やすりを使って、切り口や表面のザラザラを磨いていきます。トイレ収納の棚なので、直接触れる機会は少ないですが、手触りは良くしておきたいです。

研磨の作業は、一生懸命やると腕が痛くなります。筋トレだと思って黙々と作業します。

切り口がガサっとした状態。

紙やすり3往復で、ツルツルになりました。

角を丸め過ぎてしまうと、板同士を貼り合わせた時に隙間が空いてしまいます。指で撫でても引っ掛からないぐらいの最低限で仕上げてみました。

研磨終了です。削った粉や切れ端が散乱しているので、掃除をしてから次の工程に進みます。

ビニール袋を丸めて捨てた後に、クイックルワイパーでブルーシートの上を拭きました。面倒と言えば面倒ですが、小まめにやっておかないと後々大変ですよね。

塗装

すのこ本来のナチュラルカラーも、木材の温かみがあって好きです。

でも、無塗装で完成させると「すのこを使って作りました感」が出過ぎてしまう気がするので、カラーチェンジをします。

使うのは、ワトコオイル(ダークウォルナット)です。9月に始めたこのブログですが、今まで6つの工作を行っています。振り返ると、塗装の全てにワトコオイルを使用しています。

他に気になっている塗料もあるのですが、結局いつもコレです。一度使ってから、オイルフィニッシュにハマってしまいまして・・・。

  • 木材の深みが引き立つ
  • 温かみも出る
  • 初心者が塗ってもムラになりにくい
  • 手触りが滑らかになる
  • カインズホームですぐ買える

など、使う理由は色々あるのですが、一番は

「多少雑な作りになっても、オイルの質感で上品な作品に見える」

という事ですかね。

「形は歪んでしまったけど、ワトコオイルさえ塗ってしまえば高級感が出て・・・」

だいたいの事を、ごまかせる気がします。

なんだか話が逸れていきそうなので、作業に戻りましょう。オイルや塗料全般の話は、別の記事に書いてみましょうかね。

以前までは、安い刷毛を使っていましたが、最近は、キッチン用のスポンジを使っています。網タイプをハサミで切り分けていますよ。

YouTube動画でやっているのを見つけて、マネしてみたテクニックなのですが、お財布に優しくていいアイデアだと思いました。

木目が薄っすらと浮かび上がって雰囲気がいいです。綺麗な色だと思います。アマゾンのレビューが高いのも納得です。

棚板を塗り終えました。だいぶ濃い茶色に写っていますが、実際に見ると、もう少し薄い茶色です。

スマートフォンのカメラで撮影していますが、見たままの色を写すって難しいですね。カメラの技法も勉強していきたいです。

完全乾燥には24時間以上かかります。臭気もあるので、天気がよければ窓を全開にしたい所ですが、今日は2018年9月30日、台風24号直撃の日なんです・・・。

換気扇に頑張ってもらいます。

支柱はターナーミルクペイント(インクブラック)を使って塗装します。黒と茶色(ワトコオイル)で、いつもと同じ組み合わせです。

他の色にも挑戦したいとは思っていますが、オシャレでカッコよく仕上がるので、毎度このパターンになってしまいます。男前な雰囲気も出せたりしますしね。

水性塗料なので、水で洗えば使った刷毛も再利用できます。ただ、手間が掛かるし面倒なので、使い捨てられるスポンジで塗布をしてみます。

初めてやるので上手くできるかはわかりません。

ワトコオイルに比べて粘度が高いからか、細かな部分が塗りにくいです。平らな面は問題なくいけそうです。

水で塗料を薄めてみたり試行錯誤はしましたが、ここまでやってみての感想は「刷毛を使った方が無難」です。道具を持ち換えて、一気に終わらせる事にしました。

塗り経てなので、艶っとしてムラに見える部分もありますが、乾けば大丈夫だと思います。ダメそうなら重ね塗りで対処しますね。

あまり他の塗料を使ったことがないので比較はできませんが、ミルクペイントは簡単に塗装が楽しめますし、初心者の方にもオススメだと思います。発色も可愛いし、安全性も高い水性塗料ですよ。

気になった方は、ミルクペイントの公式サイトをチェックしてみて下さいね。カラーチャートやDIYの実例も載っています。商品の特徴なんかも紹介されていますよ。

「5つのポイント」

・森永乳業のミルク原料を使用した天然由来ペイント
・アメッリカントラッドの色調を忠実に再現
・各メディウムも全て水生で安心
・クリーミーな質感で、伸びがよく塗りやすい
・マットな仕上がりで、乾燥後は耐水性に

なんとなくの塗料紹介を挟みましたが、特に何があるわけでもありません。さて、次の工程です。もうすぐ完成ですね。

組み立て

固定に使うのは木工ボンドです。小さな棚ですし、重い物を乗せる予定もありません。そこそこの耐久力があればいいので、ビスや釘は使わなくてもいいかなと思います。

棚受けの部分(下駄だった場所)に、ベタっと塗ります。

棚板をはめます。中央に接着剤を付ける必要はありませんでしたね・・・。すぐにティッシュで拭き取ったら、跡も残らず綺麗になりました。

あとは乾燥を待つだけです。速乾タイプを使っているので、12時間ぐらいですかね。

本棚作りの時に余ったワンバイ材(1×8)を、重石代わりにしていますよ。クランプでしっかり固定できればいいのですが、持っていないからいつも適当なものを積み上げています。

若干バランスが悪いので、マスキングテープで軽く補強をして、明日まで放置します。崩れないで欲しい。

崩れないで欲しい、とまたまたお祈りをしました。「【100均DIY】小さい「鉢カバー」を手作りするよ。材料はダイソーのすのこを利用」で紹介していますよ。

手作り小物収納棚の完成

無事に完成しました。いい感じにできたと思います。ウォルナットと黒の組み合わせはカッコいいです。つや消しなので、支柱はアイアン風の雰囲気も出ているかと思います。

塗装の作業は待ち時間も増えるし、面倒に思う事もありますが、手間を掛けた分デザイン製もあがりますね。やってよかったです。

すのこを使っているので棚板に隙間があります。一応、小物収納として作ったのですが、小さすぎる物は乗せられないと思います。

その辺りの使い勝手はどうなんでしょう。使用感についてのレビューは、しばらく経ってから追記しようと思います。

横からのアングルです。少しだけ右に傾いているんですよ。近くで見ると気づかないのですが、遠くから眺めると「あれ?」という感じです。

まあ多少の歪みですし、「ハンドメイド感のいい味が出ている」と思う事にしておきましょう。

さいごに

トイレ用の収納棚DIYに掛かった費用です。

  • すのこ3枚 300円
  • 塗料と細々したもの 300円

細かく計算していないので、ざっくりとした値段です。合計600円で作ることができました。時間はかかりましたが、既製品を買うよりは安くできたかと思います。

「すのこ」を使ったリメイクは人気がありますし、ちょっとした収納棚が欲しいときは、この記事を参考にして貰えたら嬉しいです。

新しくリメイク、DIYをやったら、ブログで紹介しようと思います。よかったら、また遊びに来てくださいね。それでは、さいごまでありがとうございました。

DIY
スポンサーリンク
rooms19をフォローする

rooms19